ブラック企業時代の泥沼 辞めたい地獄(下)

公開日: : 最終更新日:2019/11/04 ブラック企業 , ,

前回までの記事はこちらからどうぞ⇩⇩

就活に失敗しブラック地獄にハマった大学生①
就活に失敗しブラック地獄にハマった大学生②
就活に失敗しブラック地獄にハマった大学生③

ブラック企業の泥沼 辞めたい地獄(上)
ブラック企業の泥沼 辞めたい地獄(中)

泥沼ブラック地獄を辞めたい!原因は自分という事を理解する

2社目のブラック企業で少しずつ結果は出せるようになったものの、
激務からは解放されず、失意の毎日の中である本を読んだ。

有名なナポレオン・ヒルの名著、
「思考は現実化する」だ。

「今現在身を置いている環境は間違いなく自分で好んで選択した結果!!」
という事を切に思い知らされた。

どんないきさつがあれ、
目の前の結果は全て自分の選択の結果だ。
その事実が本当に心の中に染み渡った。

となるとこれからの人生を満足させる為には
自分が満足のいく人生を選択しなければいけない!
その事を強く感じた。

じゃどうするか?というポジションに来た。

ブラック企業を辞めたい気持ちをワクワクして時間を忘れる事で消す

まず自分が充実感を感じる為には自分自身がワクワクしていたり
時間を忘れて取り組める事じゃないといけない。

そして自分がこれまでの人生の中で
ワクワクした局面や時間を忘れて何かをやった局面を書き出してみた。

すると一つのキーワードが浮かび上がった。

「教えること」

間違いなくこれだった。

早速登録していた就職サイトで、「教える」というキーワードで会社を見た。
色々悩んだがコンサルティング系、インストラクター系、教育系・・いろいろ見た。

そしていくつかの応募をした結果、
東海地区を中心に小中学生への個別指導を展開する
教育系の企業から内定が出た。

そして社会人になって1年のタイミングで
自分のやりがいを追求した就職活動の末に
2回目の転職をする事になった。

images-1

ブラック企業を辞めたいと思い続けた1年間の苦しみは誰にも味わってほしくない

その後転職してからは、さすがに仕事も楽しく取り組む事ができた。

教室長として小中学生に教えるという事を半年間経験した後、
10教室を担当するエリアマネージャーを任せてもらった。

営業、マーケティングにも携わり、
小中学生だけでなく、講師の育成にも関わるようになった。
給料は至って普通だったが仕事が楽しかった。

やりがいってこれか・・
そう思いながら仕事をできるようになった。

その後の話はこの連載では割愛するが、
とにかく僕はこの大学卒業後の1年間で味わった
泥沼のブラック地獄を誰にも味わって欲しくないと思っている。

体力的にはもちろんだけど、精神的なダメージがすごく大きい。
もし友人や周りの人で楽しく仕事している人がいようものなら
とんでもない劣等感を感じてしまう。

そしてある程度プライドも持っているとそんな自分の現状を誰にも話せない。
一人で抱えて一人で解決しなければならない。
かなりのダメージだ。

そしてこの1年間で2社のブラック企業を経験したというけど
実はある人にとってはブラック企業ではない。

その人にとってはそこにいる明確な理由があるからだ。
例えばその分野での目標があったり、独立志向があったり、
何かしらの明確な理由がある。

彼らにとっては自分が求めるものに向かう為の
手段だと認識しているのでどんな環境でも耐えてやっていく。

実際のところ1社目に入った企業では20人の同期が一緒に入社した。
3ヶ月で5名が辞め、1年以内に半数の10名以上が辞めた。
10年経った今、その会社に残っているのは20人のうち1人だ。

その1人にとってはその会社にいる明確な理由があるからだ。
僕には当時そんな明確な理由は持てなかった。

つまりブラック企業、ブラック企業と言うけれど、
あなた自身に明確な方向性やビジョン、目標等があって
その会社に入るならそこはブラック企業ではなくなるんだ。

つまりブラック企業という呼び方は自分のビジョン、目標、信念に合わないから
そう呼ぶ事になってしまうだけなんだ。

自分のビジョンや方向性さえ定まっていれば例え世の中がブラック企業と言っていても
あなたにとってはブラック企業ではなくなる。
現に2回目の転職で入った学習塾の会社も端から見たら典型的なブラックだった。

休みも少ない、サービス残業も多かった気がする。
しかしそれ以上に自分のやりがいを感じて仕事ができたから
自分はブラック企業とは思わなかった。

あなたにもぜひそういうレベルでのやりがいや目標を見つけてほしい。
僕はあなたにそのお手伝いをしたいと切に思う。

というところでブラック企業時代の泥沼地獄は一旦締めようかな。
御読みいただきありがとう!

The following two tabs change content below.
Kevin@キャリアアドバイザー

Kevin@キャリアアドバイザー

20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。

関連記事

辞めたいのに辞められない!ブラック企業の恐怖から抜け出す思考

今の会社ではもう働けない、限界、ハードすぎる。 そんな思いを抱えている人が今の日本には何百万人くら

記事を読む

ブラック企業の泥沼 辞めたい地獄(中)

前回までの記事はこちら→就活に失敗しブラック地獄にハマった大学生①→就活に失敗しブラック地獄にハマっ

記事を読む

ブラック企業あるあるエピソード〜Vol.1 住宅メーカー編〜

ブラック企業が叫ばれるようになってからもう15年くらい経つと思うけど、 企業もそう呼ばれないように

記事を読む

就活に失敗しブラック地獄にハマった大学生③

前回までの記事はこちらから↓就活に失敗しブラック地獄にハマった大学生①就活に失敗しブラック地獄にハマ

記事を読む

残業が多くて辞めることを考えたら実践する【3つの対処法】

「残業が多くてつらい・・」 「自分の時間が持てない・・」 「やってられない!!」 「転職しよう

記事を読む

ブラック企業の求人広告完全攻略法 ~見分け方と持つべき思考~

転職が初めてだったり転職経験があまりなかったりすると 求人サイトの広告に騙されてブラック企業に入っ

記事を読む

就活に失敗しブラック地獄にハマった大学生①

今でこそキャリアアドバイザーとして多くの転職希望者の相談に乗っているけど、20代のころはブラック企業

記事を読む

残業は毎月60時間超!辞めたいと思ったら即やっておく3つの事

残業が1日3時間以上が毎日続く・・・ 残業時間が月間で60時間の境界が心身ともに悪い影響が出てくる

記事を読む

ブラック企業あるあるエピソード〜Vol.3 同族のインテリア関連企業〜

前回までの記事はこちら ↓↓ ブラック企業あるあるエピソード〜Vol.1 住宅メーカー編〜 ブ

記事を読む

ブラック企業の泥沼 辞めたい地獄(上)

僕は今でこそキャリアアドバイザーとして転職希望者に企業を紹介したり就活生に対して就活セミナーなんかを

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コロナ禍で転職を考えることは失敗か?破滅に向かう【4つの行動】

コロナウイルスの蔓延で働き方やキャリアの在り方も大きく変わってきている

転職がうまくいかない女性が一気に結果を好転させる【6つの手順】

僕は今まで500名以上の女性とキャリア面談をしてきた経験があるけど、

40代女性で正社員はもう厳しい?転職における一発逆転の【思考と戦略】

40代女性の正社員を目指しての転職希望者がとても増えてきている。

【パソナキャリアは女性におススメの転職エージェント】は本当か?

パソナキャリアは女性におススメと言われるが実際のところどうなのか。

パソナキャリアは第二新卒や未経験には有効か?【業界人のリアルな意見】

社会経験の浅い第二新卒や未経験層に 転職エージェントの「パソナキャリ

→もっと見る


  • 名前:Kevin
    20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑