新卒3ヶ月で退職したいと思った時に考えるたった一つのこと

公開日: : 最終更新日:2019/11/04 20代の転職, 転職, 退職 , ,

20代の転職希望者のキャリア面談が増えてきている話はいつもしてるけど、
ここ一年くらいは新卒で入社して一年も経ってない人の面談も結構多い。
一年と言わず3ヶ月くらいの短期間での退職を悩んでる人が増えてきている印象。

そして新卒で入った会社を一年も経たずに辞めることをネガティブにとらえている人が多い。
自分自身も当時は間違いなくそうだった。

まあ何を隠そう今でこそキャリアアドバイザーとして何百人と面談をしてきた僕も
新卒で入った会社なんて3ヶ月で辞めているし、
25歳までに3回の転職をしている身だからそういうネガティブな気持ちはわからなくもない。

根気のないやつとか、甘ったれてるとか色々言われたけど、
自分の場合は変にポジティブ思考なところがあって、
「自分には合わないレベルの低い会社だった」なんて調子に乗った解釈をしていたけどね。。
ID-100247518

新卒3ヶ月での退職に対する解釈は真っ二つ

新卒3ヶ月の退職に対する世間の認識は全然受け付けない会社と、全く気にしない会社でどちらかにはっきり分かれる。
不利な会社には完璧に不利だし、不利じゃない会社には全く不利ではない。

企業の採用支援をしているから採用担当者の声は毎日聞いているし、
求職者にそういう判断をすればいいかアドバイスを求められることもあるから
身をもって感じているけど、特に中小企業の場合は本当にそれが分かれる。

これから転職活動をする際に、自分が志望する会社がどちらかを見極める必要がある。
転職回数ですぐアウトになる会社は書類を見ただけで即アウト。ほぼ希望はない。
まずそういう会社はすぐ辞めるor転職回数が多い=育成してもコストが無駄になるという考え方がある。

そしてすぐ辞めた事実に対してどういうビジョンがあってそうなったのかという
一貫性が見えないことによってその場しのぎな印象を持たれてしまうからね。

逆に新卒3ヶ月ですぐ辞めてもそれほど気にしない会社というのはどういう会社かというと、
比較的まだ新しい会社、どんどんこれから急拡大をしていきたいベンチャー企業などだ。

ベンチャー企業はとにかく人を採用して少しでも成長に貢献してくれる「人的資源」がすぐにでも必要なところが多い。
新卒3ヶ月ですぐ辞めてもポテンシャルがあれば前向きに会ってみたいという採用担当者が多い。

新卒3ヶ月とか1年とかすぐ辞めることがダメという捉え方は今すぐ捨てる。

僕のアドバイザー的な立場化からの持論としては、
やっぱり3年くらいは仕事してみないと周りから認められるスキルや知識というのは身につかない。

「石の上にも3年」

あながち間違いではない。

ただ、僕が伝えたいのは根本的に退職や転職に対しての考え方をしっかり持ってほしいということ。

もう21世紀これからの時代というのは、終身雇用も終焉を告げているわけだし、
一つの会社で仕事人生を終えるなんて有りえない。転職なんて誰もが通る時代だよね。

キャリアの一つの形として今後は一つの会社に属するのではなく、
一定のスキルを持ったあなたが、Aという会社にも属し、Bという会社でも成果を出す・・
というような時代に入ってくると考えている。

どんどん人口が減る中で企業が経済活動をするためにはそういう雇用の仕方を
考えざるをえなくなってくると思う。

そうなると、あなたが考えないといけないことは
すぐ辞めたから不利とかそんなちっちゃいことを気にすることじゃない。

まぁキャリアアドバイザー的に言うと不利は不利なんだけど、
そんなことを考えるよりも10年後、20年後、どうなっていきたいかを徹底的に考え、
今つけるべきスキルや経験は何か?を明確にすることだ。

そうすれば新卒3ヶ月ですぐ辞めようが、多少転職回数が多かろうが、転職活動の中で
明確なビジョンや計画を語れれば、採用担当者の目にもあなたは力強く映る。

「新卒ですぐ辞めたから転職に不利」という昔ながらの考え方などは議論する余地もないということ。
その議論を超越した思考をあなたには持って欲しいと思っている。

アメリカの企業の採用活動なんて、すぐ辞めたとか転職回数なんてものよりも、
「何ができるか」「どんな貢献ができるか」だけだからね、見てるところは。

新卒ですぐ辞めたから次の就職ができるか不安でそれがトラウマになっている人も多いけど、実にもったいないと思う。
20代でポテンシャルもあるのに過去の自分にネガティブな感情を抱かされて、前を見て就職活動ができないのは見ていてもどかしい。

新卒3ヶ月で退職したいと思ったらまずは自分の長期的なビジョンを明確に!

そろそろ結論というか、これが一番伝えたいこと。
新卒3ヶ月で辞めることは不利な会社では不利。だけど全然気にしない会社の方が圧倒的に多い。
という事を先にも述べたけど、
ただ過去のことでネガティブになるくらいなら、
今後のビジョンをしっかり描いてどんなスキルや経験をつけたいのかを考えて転職活動をすべき!ってこと。
声を大にして言いたい。

これは自分が23、24歳くらいの時に痛いほど転職を繰り返して経験したことだから間違いない。
自分のビジョンをしっかり描くことから。
5年後どうなっていたたいか?10年後どうなっていたいか?

これをしっかり描いて自分で企業を選ぶしかない。

ぼんやり求人誌や転職サイトで次の求人だけ見ててもダメ!
何の目的も持たず転職フェアに行ってもダメ!

それがはっきりすれば別に新卒3ヶ月で辞めたとか転職回数なんて気にする暇もないし、
前向きな人生を生きていけると思う。

そう、あなたが考えるべきは「これからこういう風になりたいからこうしてます!」という力強いコミットメント!!

だんだんアツくなってきてしまったけど今日はこの辺で。
See you mate!

The following two tabs change content below.
Kevin@キャリアアドバイザー

Kevin@キャリアアドバイザー

20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。

関連記事

ブラック企業の求人広告完全攻略法 ~見分け方と持つべき思考~

転職が初めてだったり転職経験があまりなかったりすると 求人サイトの広告に騙されてブラック企業に入っ

記事を読む

同業他社への転職はなぜ失敗するのか?【失敗しない3つのポイント】

転職を考えた時、まず同業他社というのが頭に浮かぶケースが多い。 当然業界のことわかってるし各社の立

記事を読む

転職回数が多くてもキャリアに対する信念を持て!

転職回数が多くてもキャリアに対する信念を持て!最近、求職者と面談していると去年1年間に比べて、転職回

記事を読む

仕事を3年目で辞めるか迷った時に決断するポイント

このところ25、26歳の転職希望者の面談をする機会が多くなっている。 つまり入社3年目経つ

記事を読む

転職回数の多い20代が市場価値を1ヶ月で一気に高める方法2つ

転職回数の多い20代が市場価値を1ヶ月で一気に高める方法僕のように20代で4回も5回も転職をしてしま

記事を読む

ブラック企業の泥沼 辞めたい地獄(中)

前回までの記事はこちら→就活に失敗しブラック地獄にハマった大学生①→就活に失敗しブラック地獄にハマっ

記事を読む

転職の面接が不安な時、前日に改めて確認すべき8つの質問

転職が上手く行かない人は自分の職歴を肯定できない人が多い。自分の職歴に対して自分自身が自信を持ててな

記事を読む

頑張っても給料が上がらない時に持つべきたった1つの思考

よく転職面談させてもらう20~30代の営業職の人の転職理由に 成果(売上)を出しているのに給与に反

記事を読む

【パソナキャリアは女性におススメの転職エージェント】は本当か?

パソナキャリアは女性におススメと言われるが実際のところどうなのか。 同業の転職エージェントでアドバ

記事を読む

転職が怖い、自信がないと感じた時に踏み出す方法

転職したいけど怖くて踏み出せない 転職したいけど自信もないし失敗を恐れて動けない 僕はこうい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コロナ禍で転職を考えることは失敗か?破滅に向かう【4つの行動】

コロナウイルスの蔓延で働き方やキャリアの在り方も大きく変わってきている

転職がうまくいかない女性が一気に結果を好転させる【6つの手順】

僕は今まで500名以上の女性とキャリア面談をしてきた経験があるけど、

40代女性で正社員はもう厳しい?転職における一発逆転の【思考と戦略】

40代女性の正社員を目指しての転職希望者がとても増えてきている。

【パソナキャリアは女性におススメの転職エージェント】は本当か?

パソナキャリアは女性におススメと言われるが実際のところどうなのか。

パソナキャリアは第二新卒や未経験には有効か?【業界人のリアルな意見】

社会経験の浅い第二新卒や未経験層に 転職エージェントの「パソナキャリ

→もっと見る


  • 名前:Kevin
    20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑