転職回数が多い20代の営業の転職活動に有効な3つのアプローチ

転職を何回も重ねてしまうと、履歴書や職務経歴書を書くたびだんだん気分が下がってくるよね。

何社も会社を書かないといけないし、職務経歴書の内容も在籍期間が短いと各内容も薄くてアピールきる内容がない。
3ヶ月とか半年とかしか在籍しない会社もあるから営業実績といえるようなことも書けない。

作りながら本当にその薄い職歴をいかにうまくアピールしようかを悩むのは
自分も含めて転職回数の多い人は毎度のこと。

この会社は短かったし書かないでおこうかな・・でも後でばれたらどうしよう・・
ここでの実績はちょっと盛って書いておこうかな・・盛りすぎかな・・数字の実績なんて多分調べようないしいいか・・・

いろんなことを思いながら作っていることだと思う。
その気持ちはわかるし自分もいつもそんなことを思っていたから
今回はキャリアアドバイザーの立場でおすすめしたい対策について書こうと思う。

20代で転職回数多い営業の採用に書類はあんまり関係ない

コロコロ転職してるあなたの書類はそもそもどれだけ頑張って書いても一緒。
ありのまま事実を淡々と書いたらいいだけ。

職歴が20代で3つも4つもあったら基本その事実だけで「転職回数の多い人」というレッテルがまず貼られる。
あまり根詰めて書類でアピールすることはする必要ないと思う。

会社にもよるところはあるけど、転職回数が多いだけでダメというところが残念ながら多いので
書類で選ばれようと思う概念をそもそも捨てた方がいい。

転職回数の多い20代の営業は職歴の多さにフォーカスさせない

正攻法で行っても書類で落とされたり、他の候補者との比較もあるしパスしづらい。
求人サイトから応募するとまず登録してある情報だけで判断されるので面接にはつながりづらい。
そうなると自分から積極的にアピールするしかない。

①受けたい企業の人事に直接電話する

HP見て人事に直接電話することは一つ有効になる。
電話を直接かけても「HPから応募してください」「求人サイトの○○から応募してください」と言われる可能性は高い。
しかし、直接電話を掛けたというそのバイタリティが企業にメモリーフックをかける場合が多い。

そのあとHPや求人サイトから応募しても少しは印象が違う。
当然絶対にうまくいくという事はないけど、やらないよりは確率は上がる。

②営業企画レポート~もし私が入社したら編~を作る

これは非常に効果が高い。
実際に私が転職相談に乗った求職者にやってもらったら選考が非常にスムーズだった。

これは本当に入りたい企業や志望度の高い企業に向けたやり方になるけど、
まず徹底的にその企業情報、現在取り組んでいる事業、業界やその中でのシェアや立ち位置といったものを調べ上げる。
ここまでかというくらい徹底的にね。

そして自分がもし入社したらこんな取り組みをする、こんな企画を考える
という事をレポートにしてまとめて書類と一緒に送りつける!

しかもパワポとかでしっかりまとめて資料作成や情報のまとめ方をアピールしつつ。
(パワポできなければこの機会に本買って覚えておこう。)
どっちみちパワポなんてやれなきゃビジネスでは通用しないしね。

絵に描いた餅だけではなくてしっかりその根拠も記載をし、
なぜそう思うのか、なぜそれが上手くやれると思うかを自分なりに作成する。
市場のマクロ環境などもリサーチして盛り込めると勉強している感が出て一番いい。

これはそのレポートの内容があってるとか間違ってるとかではない。

・自分で考えて能動的に動けるか
・当事者になって動けるか
・積極的に顧客にも働きかけができるか
・周囲に良い影響を与えられるか

こういったものを一気にアピールできることになる。

内容自体が秀逸であれば目の付け所や発案力をアピールすることにもつながる。

職歴が多少多くてもこういった付属アピール資料があることで選考の進む確率は一気に上がる。
他にこんなのやってる人いない。1000人に1人いるかいないかくらいだと思う。

③人材紹介会社にお世話になる

自分で応募するよりもやはり人材紹介会社に面談に行って
アドバイザーに効果的に推薦してもらう方がいい場合もある。

これまで多くの辞めてきた会社はそれぞれそれなりの理由があると思うけど(基本的に自己都合の人が多いと思うけど)
人材紹介会社のキャリアアドバイザーはそのあたりをうまく伝えてくれる。

「転職回数こそ多いものの○○な点もあり一度会ってご判断いただいた方が良いと思います。」的な形で推薦してくれる場合が多い。
自分で応募書類作って送ったり求人サイトの登録情報だけで判断されると不利なのは間違いない。

しかし、問題が一つある。
アドバイザーにはアタリとハズレがあるということ。

まだまだ社会経験も浅いようなアドバイザーが担当につくこともあれば、
決めつけたように何でも上から目線で話してくるアドバイザーもいる。
自分の希望に沿わない求人を案内してきたりもして勝手に進めてくるアドバイザーもいるし様々だ。

本当に自分の意向を汲み取ってくれるアドバイザーに担当してもらえるまでは
何度でも担当を替えてもらっても良いと思う。

20代での転職回数の多さはがむしゃらに全部を組み合わせてカバー!

①+②のパターンだったり②+③のパターンのように組み合わせると非常に効果的だ。
そんなことやってる人いないしまず企業の印象に残る。

転職回数が多い人はそれだけでまず蚊帳の外にされる場合が多いので
どんな思考ができるか、どんな取り組みができるかを書類の文字だけではなく
しっかり行動でアピールするという事ができないといけない。

まず実践してみると、今までとは少し違った企業の反応が得られると思う。
ぜひやってみてほしい!

 

The following two tabs change content below.
Kevin@キャリアアドバイザー

Kevin@キャリアアドバイザー

20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。

関連記事

転職回数の多い20代が市場価値を1ヶ月で一気に高める方法2つ

転職回数の多い20代が市場価値を1ヶ月で一気に高める方法僕のように20代で4回も5回も転職をしてしま

記事を読む

【仕事で結果が出ない!】逆境から這い上がる思考と方法

仕事で結果を出せない時、諦めてしまう場合が多い。 でもその結果が出せない時の思考でビジネスマンとし

記事を読む

転職活動の軸を明確にすべく正しい自己分析の4つのステップ

「またやめたの?」「何がしたいの?」「大丈夫?」短期間に転職を重ねると周りの人からこっちの気も知らず

記事を読む

未経験で人事や総務に転職したい30歳、実際可能か?

未経験で人事や総務に転職したい30歳、実際可能か?最近面談する求職者の中で30〜35歳の人で人事、総

記事を読む

仕事の辞め癖がつく人の共通点と3つの対策

近年離職率が高まっている。新卒でも3年以内に辞める人が30〜40%のところで毎年推移している。新卒の

記事を読む

辞めたいのに辞められない!ブラック企業の恐怖から抜け出す思考

今の会社ではもう働けない、限界、ハードすぎる。 そんな思いを抱えている人が今の日本には何百万人くら

記事を読む

【パソナキャリアは女性におススメの転職エージェント】は本当か?

パソナキャリアは女性におススメと言われるが実際のところどうなのか。 同業の転職エージェントでアドバ

記事を読む

仕事をコロコロ変える女性の特徴と長く続けるポイント

僕はキャリアアドバイザーとしていろんな方といろんな企業のマッチングをしてきたけど、 ぶっちゃけた話

記事を読む

「上司が嫌!合わない!」で転職を考える時の4つのポイント

上司が本当に無能、会社の意向をそのまま伝えてくるばかり、 いつも怒ってばかり、仕事が遅い、言ったこ

記事を読む

頑張っても給料が上がらない時に持つべきたった1つの思考

よく転職面談させてもらう20~30代の営業職の人の転職理由に 成果(売上)を出しているのに給与に反

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コロナ禍で転職を考えることは失敗か?破滅に向かう【4つの行動】

コロナウイルスの蔓延で働き方やキャリアの在り方も大きく変わってきている

転職がうまくいかない女性が一気に結果を好転させる【6つの手順】

僕は今まで500名以上の女性とキャリア面談をしてきた経験があるけど、

40代女性で正社員はもう厳しい?転職における一発逆転の【思考と戦略】

40代女性の正社員を目指しての転職希望者がとても増えてきている。

【パソナキャリアは女性におススメの転職エージェント】は本当か?

パソナキャリアは女性におススメと言われるが実際のところどうなのか。

パソナキャリアは第二新卒や未経験には有効か?【業界人のリアルな意見】

社会経験の浅い第二新卒や未経験層に 転職エージェントの「パソナキャリ

→もっと見る


  • 名前:Kevin
    20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑