合同企業説明会で就活力を高める2つの方法

公開日: : 最終更新日:2016/02/10 合同企業説明会 , ,

合同企業説明会で就活力を高める2つの方法

合同企業説明会では多くの学生が
その場所にただいるだけ・・
何をしていいか分からず隅っこでパンフレットを眺めるだけ・・
友達としゃべりながらとりあえず知っている企業のブースだけいってみる・・

 

といった感じで過ごしている。

 

非常にもったいないし、時間を無駄にしている。

 

合同企業説明会はむちゃくちゃ就活を進めていく上で
使える場所だと言う事を理解していない。

 

まあ大学のキャリアセンターのスタッフにしても
ただ合同企業説明会にいけいけと言うだけで
どう活用したら良いかまでしっかり伝えられていないのが現状だけどね(苦笑)・・

 

合同企業説明会に参加するメリットと回り方を今日は伝えようと思う。

ID-10027584

合同企業説明会は興味のない企業、人気のない企業から回る

合同企業説明会では興味のない
企業ブースからどんどん回ってみよう。

 

特に集まっている学生が少ないブースとかね。
つまりあんまり人気のない企業ブース。

 

実はこれトップ内定者がよく使っている方法だ。

 

理由は合同企業説明会では人事担当者と机を挟んで面談する訳だけど、
人気のないところにいけば行く程、人事担当者と直接会話がしやすい。

 

それによって面接の練習になる訳だ。
本番の面接のつもりであなたにとってどうでもいい、
人気のない企業の話をどんどん聞きにいこう。

 

そこで面接時の言葉遣いや質問力などをどんどん高めていける。

 

そして何社かそういう企業を回ってウォーミングアップが終わったら
少しずつ興味のある企業ブースに座る。

 

興味のない企業ならズバズバ聞きにくい質問をしまっくってもいいし、
こんな事聞いていいのかな?こういう事聞くとどうなるかな?って感じで
どんどん試してみよう。

 

あなたの本命企業の面接の時に大いに役に立つ。

合同企業説明会では興味のない企業ブースで
バンバン自分の面接力や人事担当者とのコミュニケーション力を上げる練習をしよう!

 

トップ内定者はそうやって慣らしながら合同企業説明会を活用している。

合同企業説明会は自分一人で回る

多くの学生は合同企業説明会の会場で友達と一緒に回ったりしている。

 

これはお勧めしない。

 

なぜかというと多くの学生はこれからの人生の岐路に立たされている訳だけど
合同企業説明会に来る時点で自分の明確な方向性やビジョンを持っている訳ではない。

 

だからこれから自分也の方向性やビジョンを作った上で
就活を進めなければ行けない。

 

多くの学生は仲のいい友達と話しながら合同企業説明会に参加する事で
人の価値観や考え方に大いに影響されてしまう。

 

例えば話を聞いてあなたが良いなと思う企業でも、友達は良く思ってない場合がある。
その時に友達の意見を聞くとあなたの脳もその友達に流されやすくなってしまう。

 

あなたの直感はすごく大事だ。

 

あなた自身が良いと思った企業、
面白いと思う企業、
その直感を大事にすべきだ。

 

特に中小企業はブラック企業がどうだとか、
そういう話になりやすい。

 

ブラック企業と言うのは自分がその仕事に対しての思いがなかったりするから
ブラック企業になるだけで自分なりに目標やビジョンがあればどんな環境でも頑張れる。

 

自分の就活の方向性、人生の方向性が定まってない段階で
他人の考え、価値観に影響されるのはあまり良くない。

 

自分一人で回ってみて直感を大事にしてみよう!

 

上記ぜひ実践してみよう。

The following two tabs change content below.
Kevin@キャリアアドバイザー

Kevin@キャリアアドバイザー

20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。

関連記事

内定力を一気につけ志望企業もすぐに見つける方法

先日はまだ思うように内定の出ない 就活生向けに面接講座をやった。   就活というのは 努力

記事を読む

秋になっても内定がでない就活生についてこう思う

先日ある就職情報会社の合同企業説明会で講演していた時の事。9月という事もあり、なかなか出展企業も多く

記事を読む

業界を絞らない方が就活が上手くいく理由

業界を絞らない方が就活が上手くいく理由 就活中の学生の中には 「志望業界を絞りきれていない

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コロナ禍で転職を考えることは失敗か?破滅に向かう【4つの行動】

コロナウイルスの蔓延で働き方やキャリアの在り方も大きく変わってきている

転職がうまくいかない女性が一気に結果を好転させる【6つの手順】

僕は今まで500名以上の女性とキャリア面談をしてきた経験があるけど、

40代女性で正社員はもう厳しい?転職における一発逆転の【思考と戦略】

40代女性の正社員を目指しての転職希望者がとても増えてきている。

【パソナキャリアは女性におススメの転職エージェント】は本当か?

パソナキャリアは女性におススメと言われるが実際のところどうなのか。

パソナキャリアは第二新卒や未経験には有効か?【業界人のリアルな意見】

社会経験の浅い第二新卒や未経験層に 転職エージェントの「パソナキャリ

→もっと見る


  • 名前:Kevin
    20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑