転職イベントで最短で内定を得る3つのポイント

公開日: : 最終更新日:2019/11/04 転職, 転職フェア

転職イベントで最短で内定を得る3つのポイント

なんだかんだ言ってすぐに転職したいのであれば、転職フェア(合同企業説明会)に行くのが一番早い。
基本的に中途向けの転職フェアではやはり、すぐの採用意欲の強い企業が多いことは確か。

 

そういうイベントを僕もクライアントに何度も案内して出展してもらっているけど、
だいたい3ヶ月後とか半年というよりも今すぐの採用を考えているところばかりだ。
それにフェアに足を運ぶと採用担当者や社長とすぐに話ができるので、選考すっ飛ばしてスピード感を持って内定までいける。

 

今回は転職フェアで優良企業を見つけてできる限り最短で転職先を決めるポイント!

そのポイントは覚えやすく3つ!
裏側を知るからこそのポイントなので覚えておいて欲しい。

①出展単価の高いフェアに行く

まずはそもそも論から。
出展している企業が開催元に支払う出展料が高いほど、当然優良企業は集まりやすい。
優良企業だと採用基準も高いところが多いので、転職回数が多かったりすると敬遠されるところもしばしばあるけどね。
ただ数も質もやはり上がりやすい傾向にあるのでこれに参加するに越したことはない。

まず転職サイトに登録したら直近のフェアの詳細を送ってくれるので、まずは転職サイトに登録すると良い!
コストの高めなものから順に

■DODA転職フェア
※当日面談したいというオファーも企業から来たりする。
企業の担当者が会場で来場者のデータを見て少しでも会いたいと思えば
会場のあなたにメールが届いて直接コンタクトをとることもできる。

■リクナビNEXT転職フェア

■マイナビ転職フェア

その他、地域によって様々なフェアがあるので調べて見て欲しい。
大体上記のフェアに比べるとあとは割安なフェアが多いけど、成長途上の企業も集まりやすい。

 

あと行政やハローワークが主催しているようなイベントは良し悪しで、
出展料は無料〜2万円とか格安なので、中小・零細企業も多く出ているけど、
・お金をかけられないが何としても採用したいからという職場環境の整いきっていない中小・零細企業
・わざわざコストをかける気は無いが、採用基準を下げずにもしも良い人が一人でも見つかればラッキーな企業

 

こんなタイプの企業が多い。
なので転職を繰り返して来ているようなタイプだと面談はできても正直いい内定には繋がりにくい。
あくまで僕の思う傾向なので例外ももちろん大いにあると思うけどね。

②パリッとキメて行く!

これ結構意外だと思うけど、転職フェアの会場に私服で来たりヨレヨレのスーツの人けっこういる。
もちろん論外!

 

新しく身を置く会社を探しに来ているわけで、企業側も何十万という出展料を払っているので本気なわけだ。
企業側が本気で来ているのに求職者も本気で行かない理由がない。

 

きちんとビジネススーツを着て男性ならタイを締めて本気で会場に行こう。
カバンや靴もできれば磨いてから行く。
シミのついたシャツやネクタイ、絶対ダメ。

 

服装を見てブースへの呼び込みを判断する会社は無茶苦茶多い。
やはり身なりがしっかりしていると、座って話を聞いて欲しいなと思う担当者がほとんど。
逆にここがしっかりできてないと印象も悪いし、そもそも印象に残らない。
「見られている意識」を必ず持つこと。

③フラフラしない、元気にどんどん座る!

こういったフェアの会場で目にするのがどのブースに座っていいかわからず、
休憩コーナーやベンチのあるところにずっと座ってパンフレットを見ている人たち。

 

これは正直印象が悪い。
どこにいっていいかわからずフラフラするのは時間の無駄。
どんな会社かわからないのならとりあえず座って話を聞いたらいい。
そこにどんなご縁があるかもわからないし、知らない仕事を知れば自分の知見も広がる。

 

この企業に行こう!なんて決めてる人あんまりいないし、
どんどん自分から出会いを求めて行く姿勢が必要。

 

であと、座ったブースの企業の採用担当者に好印象を持ってもらったら
大体面接日程のアポ調整をして来ると思うからどんどん入れて行こう。
少しでも可能性がありそうな会社ならその場で面接の日程を決めること。
状況によって後でキャンセルや日程変更をしたらいいから。
(企業には絶対その場でアポ取ってねとアドバイスしているけどね)

聞いといたほうがいいこと!

企業担当者と話すときは背筋を伸ばしてハキハキ話して、笑顔!
そしてその会社や業界のことを知らないのなら「教えてください」の姿勢はめちゃくちゃ大事。
そういうことができると元気で素直な印象を与えられる。

 

そして
「自分の経験がどのように活かせますか?」
「最短で成果を出そうと思うとどういう努力が必要にですか?」
というような前向きな質問はしておくべき。

 

「休みありますか?」
「残業ありますか?」
「福利厚生は?」

 

のような質問は当然印象が良くない。
転職フェアではそういうことよりも即戦力として貢献してくれるのか?
ということを一番見ている。

 

サクッと最速で是非内定掴んでね。
See you mate!

The following two tabs change content below.
Kevin@キャリアアドバイザー

Kevin@キャリアアドバイザー

20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。

関連記事

「上司が嫌!合わない!」で転職を考える時の4つのポイント

上司が本当に無能、会社の意向をそのまま伝えてくるばかり、 いつも怒ってばかり、仕事が遅い、言ったこ

記事を読む

「転職回数が多いと不利」の思い込みが転職を不利にしている

「転職回数が多いと不利」の思い込みが転職を不利にしている転職者は数多くの職歴のある人。転職回数の多い

記事を読む

「やりたい仕事や行きたい会社がわからない」という人が取るべき行動とは?

就活や転職を始めたけれどやりたい仕事が分からない、行きたい会社がない・・ これはまさに20代のブラ

記事を読む

やりたくない仕事への転職が本当のキャリアアップを実現させる

やりたくない仕事への転職が本当のキャリアアップを実現させる転職者の転職理由に多いのが「今の仕事がやり

記事を読む

コロナ禍で転職を考えることは失敗か?破滅に向かう【4つの行動】

コロナウイルスの蔓延で働き方やキャリアの在り方も大きく変わってきている。 ●テレワーク ●休

記事を読む

転職が怖い、自信がないと感じた時に踏み出す方法

転職したいけど怖くて踏み出せない 転職したいけど自信もないし失敗を恐れて動けない 僕はこうい

記事を読む

転職活動で自慢するような経歴のない20代が魅力的な自己PRをする方法

転職活動で自慢するような経歴のない20代が魅力的な自己PRをする方法転職相談などで非常に多い悩みの一

記事を読む

面接で失敗して落ち込む自分を切り替える方法

「面接官の反応がイマイチだった・・」 「自分でも手応えが無かった・・・」 こんな時あるよね。

記事を読む

転職理由が「上司と合わない」という人に一度考えてほしいこと。

転職理由が「上司と合わない」という人に一度考えてほしいこと。会社を辞めたいと言う求職者のその理由に「

記事を読む

辞めたいのに辞められない!ブラック企業の恐怖から抜け出す思考

今の会社ではもう働けない、限界、ハードすぎる。 そんな思いを抱えている人が今の日本には何百万人くら

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コロナ禍で転職を考えることは失敗か?破滅に向かう【4つの行動】

コロナウイルスの蔓延で働き方やキャリアの在り方も大きく変わってきている

転職がうまくいかない女性が一気に結果を好転させる【6つの手順】

僕は今まで500名以上の女性とキャリア面談をしてきた経験があるけど、

40代女性で正社員はもう厳しい?転職における一発逆転の【思考と戦略】

40代女性の正社員を目指しての転職希望者がとても増えてきている。

【パソナキャリアは女性におススメの転職エージェント】は本当か?

パソナキャリアは女性におススメと言われるが実際のところどうなのか。

パソナキャリアは第二新卒や未経験には有効か?【業界人のリアルな意見】

社会経験の浅い第二新卒や未経験層に 転職エージェントの「パソナキャリ

→もっと見る


  • 名前:Kevin
    20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑