リクナビやマイナビから就活を始めるのが間違っている理由

公開日: : 最終更新日:2020/01/25 就職活動 , , ,

就活が始まるとまずリクナビ、マイナビで企業検索する時代、
ここ数年は何万件も企業掲載がされていてどんな会社を見たらいいのか、
どんな会社を探せばいいのか、だんだんわからなくなってくる。

就職ガイダンスなど大学の就職課、キャリアセンターでもまず登録しようなんて話で、
リクナビやマイナビの大学の広報担当が来て登録の仕方や使い方を教えてくれる。

リクナビやマイナビに登録することが就活の始まりではない

なんかこの10年くらい当たり前になって来てるけど、
はっきり言ってまずリクナビやマイナビを軸に就活するのはもう間違っている
リクナビやマイナビを利用して就活を進める事で
本当に満足のいく就活を実現させることが難しくなって来ていると思う。

リクナビやマイナビはそもそも学生向けじゃない

就活生は毎年入れ替わるからその一年リクナビやマイナビを利用するけど、
僕はここ数年見ていてどっちももう終わりにすべきだと思っている。

なぜかというと毎年その両社は入れ替わりで掲載企業の数なんかを抜き合ってるだけだから。
去年はリクナビが多いとか、今年はマイナビが多いとか、その掲載企業数を競い合って、
気がつけばどちらも2万社に近づくくらいの掲載企業数だ。

2万社。

この企業から検索をしていくことはどうだろうか?
その数自体がもう学生向けじゃない。

日本のに存在する企業数は?

リクナビやマイナビという大手就活ナビを「批判」しているわけではない。
それも一つの就活の方法だし、ツールの一つとして使ったらいい。

ただリクナビマイナビに載っている企業はせいぜい1〜2万社。

日本にある「会社」と呼ばれるものがどれだけあるかご存知だろうか?
そう、実に400万社。

そのうちの1〜2万社を見ているだけなんて、割合にしたらリクナビとマイナビであなたが見ている企業情報は
1%にも満たないたったの約0.5%。

そんな狭い視野の中での型にはまった就職活動なんて
ロマンがなさすぎるでしょ、はっきり言って。

まだ社会のことも知らない学生が、
どんな業界があるか、どんな会社があるかも知らない状態で
2万件の企業から検索をかけてもはっきり言って選びようがない。

就活生のための情報提供をしているとは思えない。
・周りがみんな使ってるから、
・学校でも利用するように話があったから
という理由でみんなが使っている。

何年も重ねるにつれて両ナビのブランド力だけは両方上がってきたから、
企業側もリクナビやマイナビに載せると学生が来るもんだと思い込んでいるところもある。

でも掲載企業がどんどん増える事によって、1社あたりが出会える学生の数も減っている。
さらに以前はある程度資本力のある上場企業や地方でも名の知れた優良企業が多かったけど、
今では少数精鋭の小さい企業までどんどんその幅は広がっている。

一括エントリーという誰のためにもならないアホな機能がある

これほどしょうもない機能はないと思う。
リクナビやマイナビには「一括エントリー」という本当に余分な機能がある。
設定したある一定の条件に該当する企業に一括で何十件とエントリーできる機能だ。

これだけは誰のためにもならない機能だと思っている。

全く聞いたこともない会社や自分が採用ページを見ていない会社にまで
エントリー(興味ありの意思表示)してしまう。

すると企業の人事担当者はいちいちそんな興味もあるかわからないような学生に
いちいち対応しなければいけない。全ての人が時間の無駄になってしまう。

就活生はもっと自分の行きたい企業を絞って応募するべきだし、
そもそもリクナビやマイナビで就職活動をすることが
どれだけ視野の小さい就職活動なのかを理解すべき。

あなたはどんな人生を送りたいの?

だから僕は本当にあなたにはリクナビやマイナビとにらめっこしてPCを見るのではなく、
まず自分自身と徹底的に向き合ってもらいたい。

どんな人生を歩みたいのか。
どんな日々を過ごしたいのか。
どんな場所でどんな人と関わっていきたいのか。
どれだけ収入があったらあなたの「幸せ」は実現できるのか。

そういうことを徹底的に考えてもらいたい。
できれば誰にも邪魔されない空間をまとまった時間作ってね。

その上でこんな仕事がしたい、こういうスキルをつけたい、こんな働き方がしたい
っていうある程度の理想が見えて来る。
そしたら世界中の企業からそういうことが実現できる企業を探したらいいだけの話。

そもそもその順序で考えたら「就職する」という選択肢にすら行き着かない場合だってある。
企業したり、留学したり、海外にインターンシップに行ったり、何かの学校に行ったりとかね。
それでも僕はいいと思っている。

何も考えずにフラフラしているのではなく、
それはしっかりあなた自身の考えのもとに明確な根拠があっての選択だから。

だから就職活動スタート!ってなって、
ガイダンスでリクナビ、マイナビに登録しよう!て言われたから、みんなそうしてるからとりあえずそうしよう!
なんてのは、あなたには絶対やめてほしい。

不幸な社会人生活の入り口に立ってしまう。
その中でしか就職活動をしないと妥協してしまったり、
他の選択肢を知らないままの狭い視野の中で選択をしてしまうことになる。

そんな勿体無い就職活動にはして欲しくない。
自分と向き合おう。
徹底的にね。

自分自身の10年後、20年後をしっかり見据えて!
んじゃ今日はここまで!

The following two tabs change content below.
Kevin@キャリアアドバイザー

Kevin@キャリアアドバイザー

20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。

関連記事

就活を本当に成功させたいなら「普通の就活」ではダメ!

毎年3月からの就職活動解禁に向けて、(実質どの企業もそんなルール形骸化してるけど) 多くの学生と企

記事を読む

就活や転職で隣のライバルに勝つために何をすべきか?

就活でも社会人の転職でもあなたが受ける企業はあなた以外にもたくさんの候補者が応募している。 あなた

記事を読む

会社選びで本当に成長する会社を見極める方法

会社選びで本当に成長する会社を見極める方法 会社選びに時間をかける人は多い。   そりゃそ

記事を読む

業界を絞らない方が就活が上手くいく理由

業界を絞らない方が就活が上手くいく理由 就活中の学生の中には 「志望業界を絞りきれていない

記事を読む

就活に読書をおすすめする2つの理由と活かす方法

就活では今までの学校生活や人間関係の中では経験してきてない事ばかりに触れる。 でも社会に出ると経験

記事を読む

「コミュニケーション能力が強み!」の自己PRがダメな3つの理由と対策

就活、転職における自己PR。 履歴書、職務経歴書、就活生はエントリーシート(ES)、面接・・・

記事を読む

内定力を一気につけ志望企業もすぐに見つける方法

先日はまだ思うように内定の出ない 就活生向けに面接講座をやった。   就活というのは 努力

記事を読む

【集団面接(グループ面接)で落ちた!】挽回するための4つのポイント

今日は集団面接について。 集団面接はポイントを押さえていれば基本落ちないと思ってOKだ。 つ

記事を読む

エントリーシートはこの視点さえ持っていればオール通過。

 エントリーシートはこの視点さえ持っていればオール通過。この記事を読んでくれてるとあなたは

記事を読む

就活で大学のキャリアセンターを頼りすぎると失敗する理由

先日就活生に就職活動についての取り組み方をセミナーで伝える機会があった。 そこで1時間くらい参加し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コロナ禍で転職を考えることは失敗か?破滅に向かう【4つの行動】

コロナウイルスの蔓延で働き方やキャリアの在り方も大きく変わってきている

転職がうまくいかない女性が一気に結果を好転させる【6つの手順】

僕は今まで500名以上の女性とキャリア面談をしてきた経験があるけど、

40代女性で正社員はもう厳しい?転職における一発逆転の【思考と戦略】

40代女性の正社員を目指しての転職希望者がとても増えてきている。

【パソナキャリアは女性におススメの転職エージェント】は本当か?

パソナキャリアは女性におススメと言われるが実際のところどうなのか。

パソナキャリアは第二新卒や未経験には有効か?【業界人のリアルな意見】

社会経験の浅い第二新卒や未経験層に 転職エージェントの「パソナキャリ

→もっと見る


  • 名前:Kevin
    20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑