業界を絞らない方が就活が上手くいく理由

公開日: : 最終更新日:2016/03/05 自己分析, 業界・企業研究, 就職活動, 合同企業説明会 , ,

業界を絞らない方が就活が上手くいく理由

就活中の学生の中には

「志望業界を絞りきれていない」
「志望企業が分からない」

という人がいる。

 

むしろ中にはそれを就活を進まない理由にしている人がいる。

業界を絞る事はあなたの可能性を縮める!

『就活=業界・企業を絞る』

 

みたいな固定観念が知らず知らずのうちにどこかで
植え付けられている。

 

「私は〇〇業界を志望しています。」
というセリフは良く耳にする。

 

そう言える事は悪い事ではない。

 

ただ僕から言わせるとそういう言い方は
中途の採用の選考に申し込む人のセリフだ。

 

学生がその発言をするのは企業の採用担当者からしたら、
人にもよるかも分からないが、まあまず可愛くない。

 

社会にはいろんな会社やいろんな業界がある。

 

当然あなたが知らない業界の事は
その業界で働いてみないと分からない。

 

そう、

 

実際に働いてみなければ何も分からない。

 

多くの就活生が人から聞いた話や漠然としたイメージだけで
業界や会社を絞りすぎている。

 

就職活動をしている時点では、
学生はそれぞれの業界の何を知っているわけでもない。

 

そこにあるのは単なるイメージ、連想、聞いた話だけだ。

 

はっきり言うけど
イメージ、連想、聞いた話は事実とは全く異なる。

 

たとえ人から聴いてリアルなイメージを持ったとしても、
人が感じる事と自分が感じる事は天と地程の差がある。

 

ハードロックのナンバーを聴いて
ノリノリになる人もいれば、
ガンガン不快に感じる人もいるようにね。

 

所詮人から聴いた話や
どこかで読んだ話というだけだ。

 

本当はあなたにとってはやりがいのある仕事や業界なのに、
実際に経験してないばかりに、 
第三者からの情報で判断してしまう事程もったいない事はない。

 

絞る必要は全くない。

 

絞るのは雑巾とキリンビールだけにしてもらいたい。

これからの時代はどんな事も武器になる!

社会に出た事がなければ、
社会の事は何も分かるはずがない。

 

絞りきれなくて当然!

 

業界の事を語るのは1年後や3年後でも遅くない。

 

僕がみんなに伝えたい事はただ一つ。

 

「飛び込め!」ってこと。

 

ただ、しっかり就活せずに飛び込むと当時の僕のようになる。

 

つまりブラック企業を掴まされて人間としての感覚を失いかける。

 

みんなにやってもらいたいのは自己分析をしっかりした上で
興味のなかった業界にも飛び込むってことだ。

 

自己分析については参考記事を。
就活で内定の出ない人の90%が出来てない事

 

なぜならその会社が仮にあなたに合わず、
例え一年足らずで辞めたとしても、それはあなたの経験になる。

 

これからの時代はどんなキャリアでも武器になるし
どんな経験でも大きな武器になる。

 

これからの時代は内定をもらった企業で
定年まで勤め上げるモデルはあり得ない。

 

という事は遅かれ早かれ次のキャリアビジョンを考えなければいけない。

 

あなたにとってそれがネガティブな経験になったとしても
そのネガティブな経験が将来あなたの「ウリ」になる。

 

将来のキャリアビジョンを構築していく上であなたにしかできない仕事、
あなただから出来る仕事というのが段々明確になる。

 

つまりあなたが例え
どんなすぐ辞めたり、どれだけ活躍できないキャリアを歩んでも、
今後活かせないキャリアはないという事なんだ。

 

だから今
『業界が絞れていない』
『会社が絞れていない』

 

ってもしあなたが言っているなら、
そんな事を言いながら動いていない事は
はっきり言ってナンセンスだ。

 

合同説明会でもどこでも言って
ポンポン空いてるブースに突撃したらいい。

 

そしてたくさんの企業に触れて
実際に少しでも自分で感じてみる事だ。

 

興味のなかった業界の企業を回り始めた瞬間、
あなたの輝かしいキャリアが始まる。

 

逆にこんなスカウトサイトに登録してみて、スカウトが届く会社で、
自分は知らない会社や業界だったけど
向こうは自分に興味を持ってくれているって会社に飛び込んでみると面白いよ。

 

【早期内定も可能!特別選考のスカウトがもらえる就活スカウトサイト】
スカウトだから選考も気楽、登録だけでもしとく事をおススメ!
⇩⇩⇩

The following two tabs change content below.
Kevin@キャリアアドバイザー

Kevin@キャリアアドバイザー

20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。

関連記事

就活の面接でなぜか落ちまくる人の原因と対策

これまで何人も学生の就活の支援をさせてもらっているけど、 企業の選考が終わると大体の人はその日の選

記事を読む

内定力を一気につけ志望企業もすぐに見つける方法

先日はまだ思うように内定の出ない 就活生向けに面接講座をやった。   就活というのは 努力

記事を読む

就活を「楽」に「楽しく」やるためには何が必要?

という事で今日は就活を「楽に」「楽しく」進めるという話。 人間誰しも楽になれる方法を考えたいし

記事を読む

就活での【企業選びの軸】を決めるために重要な4つの視点

就職活動を始めるにあたってまず考えるのが 自分はどの業界やどの企業を志望すれば良いかという事。

記事を読む

志望動機が書けない時の書き方の【必殺3パターン】とは?<具体例つき>

就活でも転職でも面接対策や履歴書を書く時に必ず時間を使う「志望動機」。志望動機が書けないと悩む人

記事を読む

就活に新聞はどのように活用するの?読み方の3つのポイント

就活を進めていく中で「新聞を読め!」 と言われる事も多くあると思う。 実際に就活を進める上で

記事を読む

秋になっても内定がでない就活生についてこう思う

先日ある就職情報会社の合同企業説明会で講演していた時の事。9月という事もあり、なかなか出展企業も多く

記事を読む

面接で変化球質問に答えられない時の対処法

就活や転職の面接で予想通りの直球質問が来たときに「用意」はできていても、 変化球で来た時に全く答え

記事を読む

エントリーシート(ES)の自己PRが書けない時は3つの型で決まり!【具体例付き】

エントリーシート(ES)で自己PRが上手く書けずに悩む就活生は多い。 また自分では上手く自己P

記事を読む

就活で「うざい!」と感じる友達とは付き合う必要はない3つの理由

就活をやっていると言動行動が「うざい!」と感じる友達が結構現れる。 日本のように新卒一括採用をやっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コロナ禍で転職を考えることは失敗か?破滅に向かう【4つの行動】

コロナウイルスの蔓延で働き方やキャリアの在り方も大きく変わってきている

転職がうまくいかない女性が一気に結果を好転させる【6つの手順】

僕は今まで500名以上の女性とキャリア面談をしてきた経験があるけど、

40代女性で正社員はもう厳しい?転職における一発逆転の【思考と戦略】

40代女性の正社員を目指しての転職希望者がとても増えてきている。

【パソナキャリアは女性におススメの転職エージェント】は本当か?

パソナキャリアは女性におススメと言われるが実際のところどうなのか。

パソナキャリアは第二新卒や未経験には有効か?【業界人のリアルな意見】

社会経験の浅い第二新卒や未経験層に 転職エージェントの「パソナキャリ

→もっと見る


  • 名前:Kevin
    20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑