就活を本当に成功させたいなら「普通の就活」ではダメ!

公開日: : 最終更新日:2020/01/25 自己分析, 就職活動 , ,

毎年3月からの就職活動解禁に向けて、(実質どの企業もそんなルール形骸化してるけど)
多くの学生と企業が準備を始めている。

同じ時期にスタートしていく「新卒一括採用」って方式。
みんな同じ時期に就職活動をやって、大体似たような条件で社会人になる。

正直、こんな事をずっとやっていたら、日本はどんどん世界の中で取り残されていくと思っているし、
就活生のあなた自身も大幅に成長しない。

当然これ読んでるあなたもその波に乗って就職活動しているとどんどん今後食えなくなる。
僕はこの「新卒一括採用」っていうもともと敷かれたレールをぶちこわした方がいいと思っている。

あなたが就活を成功させて人生を楽しく過ごしたいと考えるなら、ぜひこの記事を参考にしてほしい。

就活を成功させたいなら枠にとらわれた動きはダメ

就活を成功させたい、上手く内定を決めたいと思っているとしても
当然初めて就活をやるもんだから何をどうやっていいかわからない。

だから大学のキャリアセンターのいう事に従う。
学内にマイナビやリクナビの担当者が来て登録の仕方をレクチャーして登録する。

そして周りの友達の動きを見ながら
インターンに行ってみたり
説明会に行ってみたり・・

結局こういう普通の就活をやっていると
あなた自身の将来を考える力が醸成されにくい。

だって「大学生の就活ってこうやるよー」って誰かが勝手に決めた枠の中でやってるだけでしかないからね。

リクナビマイナビでは就活は成功しない

リクナビやマイナビで企業探してエントリー!ってのも全然ダメ。

リクナビやマイナビに載っている企業数、せいぜい数万社。
日本には400万社の企業があるのにリクナビやマイナビに載っている数万社の中で選ぶという
勝手に作られた枠の中であなたの可能性を限定する意味が分からない。

企業探しのツールの一つとして捉えていればいいだけの話。
もっと自分で飛び出していろんな会社を自分から知らなければいけない。

就活の成功は徹底的な【自己分析】と【行動力】

「就活を成功させたい」
「幸せな社会人になりたい」

と思うなら就活の肝は「自己分析」と「行動力」の2つに尽きる。

就活の成功に欠かせない【自己分析】

●自分が将来どうなりたいか
●どんな人と働きたいか
●どれくらいの収入を得たいか
●どんな生活をしたいか
●どんなものを手に入れたいか

こういったことをまずはしっかり突き詰めなければいけない。
自分のゴールを決めずに就活をするのは
目的地を設定しないカーナビと一緒。

徹底的に自分がどうしたいかについて自問自答を繰り返す事が重要。

行き詰った時はあなたのモデルになるような人を見つける

そうは言ってもなかなか自分では答えが出ない場合がある。
その時はあなたが生き方のモデルにしたいと思える人に焦点を当てると良い。

その人のライフスタイル、考え方、人間関係、
そういったものをまずは見ることで自分の方向性が見えてくる。

就活の成功に欠かせない【行動力】

行動力!
これが就活の成功に欠かせない2つ目の要素。

自己分析をどれだけやってどれだけ方向性を明確にしても
行動して開拓をすることをしなければ意味がない。

全員が同じ時期に就職活動を始めて同じタイミングで
就職サイトに掲載されている企業の中から選んで応募する。
本当にそれでいいのだろうか?

あなたはそれではいけない。

自己分析であなたが見据えた未来に向けて、
必要な環境を兼ね備えた会社が世の中にあればその会社が採用をしていようがいまいが飛び込む。

「私を採用してください。○○な理由でここで働かせていただく必要があります。必ず貢献します!」

って言えた方が企業も学生もよっぽど幸せだと思わない?

企業にとっても活躍できる人財が入ってくれる訳だし
学生の方も自分がこれ!と思って入社するから成果を残す。

そもそも世界の各国はそういうやり方だ。
日本は今のやり方で新卒採用なんてやっていたらどんどん海外の途上国に抜かれていく。

あなたもどんどん競争力がなくなってどんな大手企業で働いたとしてもクビ!という可能性もある。

就活の成功は【考えること】を怠らない

自己分析のところでもお伝えしたけど、
「就活の成功」の為のカギはと聞かれたら【考えて、考えて、考えまくる!】

これしかない。

・みんながやってるからやる
・誰かが言ってることを鵜呑みにする
・ボーっと参加するだけ

就活の節々でこういうスタンスがもしあなたに一回でもあれば
絶対にやめた方がいい。

思考停止が停止すると、ずっと何かに生かされてしまう社会人になってしまう。
常に就活の至るところで

●なぜそうしなければいけないのか?
●どういう仕組みになっているのか?
●自分はどうしたいのか?

こういった疑問を常に自分に投げかけて就活を進めてほしい。
そうすることによって本当にあなたにとって意味のある就活になり、
就活の本当の意味での成功に近づくはず!

まとめ ~就活を本当に【成功】させたいなら「普通の就活」ではダメ!~

要は今の就活のシステムというのは勝手にお国が決めたもの。

これから日本は少子化が進んで衰退する道しかない訳で、
どんどん海外との取引や外国人とのかかわりを意識しながらキャリアを選ばなければいけない。

そんな時に日本の中だけで決められた就活の仕組みに沿って活動して会社に入るのはナンセンス極まりない。

国のルール、就活のルールにとらわれてはダメ!
あなた自身が本当にこれから幸せになるために

・どう生きたいか
・どうなりたいか
・何を得たいか
・誰といたいか

を真剣に考えて、自分からどんどんそれを満たす道を切り開いていかなくてはダメ!
考えて、考えて、考え抜く。

そして動く、試す、もう一回動く。

この繰り返しでぜひ本当に成功と言える就活を送ってほしいと思う!
今日はここまで!!

The following two tabs change content below.
Kevin@キャリアアドバイザー

Kevin@キャリアアドバイザー

20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。

関連記事

【やりたいことが分からない!】自分自身に投げかける62の質問

やりたい事がわからない人や先の事が見えず苦しむ人、 今の会社にいていいか分からないという人は95%

記事を読む

エントリーシート(ES)の自己PRが書けない時は3つの型で決まり!【具体例付き】

エントリーシート(ES)で自己PRが上手く書けずに悩む就活生は多い。 また自分では上手く自己P

記事を読む

「就活の軸」が重要な3つの理由と決める時のポイント

これまで何回か別の記事でも書いてきたかも分からないけど、 今日ふと学生と話して思った事を書こうと思

記事を読む

就活で強みがない!と嘆く弱者の就活必勝法

就活では自己PRで「本当に強みがない・・」と嘆く時もある。 強みやPRはしっかり取り組まないと書け

記事を読む

就活に失敗しブラック地獄にハマった大学生①

今でこそキャリアアドバイザーとして多くの転職希望者の相談に乗っているけど、20代のころはブラック企業

記事を読む

自己PRで素直さをアピールする3つの方法

いつも企業の採用担当者にどんな若手が欲しいかと聞くと、 大概決まって返ってくる答えがある。 「素直

記事を読む

面接の「質問はありますか?」に対する秀逸な質問、意味のない質問

面接の最後の面接官からのお決まりの一言、 「最後に何か質問はありますか?」 という事に対

記事を読む

就活生におススメする「本の選び方」と「本の読み方」

前回就活に読書はいいよー的な記事を書いたら 本の選び方を教えてほしいとの声をもらった。 参考

記事を読む

褒め上手な学生が就活で成功する理由

褒め上手な学生が就活で成功する理由 先日の記事で16卒×15卒×社会人の 交流会に参加した記事を

記事を読む

エントリーシートはこの視点さえ持っていればオール通過。

 エントリーシートはこの視点さえ持っていればオール通過。この記事を読んでくれてるとあなたは

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コロナ禍で転職を考えることは失敗か?破滅に向かう【4つの行動】

コロナウイルスの蔓延で働き方やキャリアの在り方も大きく変わってきている

転職がうまくいかない女性が一気に結果を好転させる【6つの手順】

僕は今まで500名以上の女性とキャリア面談をしてきた経験があるけど、

40代女性で正社員はもう厳しい?転職における一発逆転の【思考と戦略】

40代女性の正社員を目指しての転職希望者がとても増えてきている。

【パソナキャリアは女性におススメの転職エージェント】は本当か?

パソナキャリアは女性におススメと言われるが実際のところどうなのか。

パソナキャリアは第二新卒や未経験には有効か?【業界人のリアルな意見】

社会経験の浅い第二新卒や未経験層に 転職エージェントの「パソナキャリ

→もっと見る


  • 名前:Kevin
    20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑