就活での【企業選びの軸】を決めるために重要な4つの視点

公開日: : 最終更新日:2020/01/01 自己分析, 業界・企業研究, 就職活動 , , , ,

就職活動を始めるにあたってまず考えるのが

自分はどの業界やどの企業を志望すれば良いかという事。

就活を始めだすこの時期に急に考える事になる人がほとんどだ。

当然1年前、2年前からそういう事を考えて生活を送っていればある程度は絞れる。
そうはいってもそんな人は見ていても稀だ。

考えても考えてもどんな会社を選んだらいいか分からないという場合に
手っ取り早く自分の受けるべき会社や業界を決める方法をお伝えする。

企業選びの軸の4つのポイント

早速だけど20代における企業選びの軸は
キレイごとなしに言うと僕は4つあると考えている。

A:「自分の成長」か「相手の喜び」か「お金」か

「自分の成長」

自分自身の社会人としての成長を最も望みたい場合はこれを軸に置こう。
逆を言うとお金は思ったようにしばらくもらえなくても
成長のために意味のあることがやれるならいい、と思えるなら自分の成長を軸に置くべきだ。

「相手の喜び」

これも相手が喜こばせることや満足させることで自分自身の心が満たされるタイプで
人のために動くことに意義を感じるタイプはこれを軸に置こう。

「お金」

お金については別に後ろめいて発言する必要はない。
日本人はお金の教育を受けていないからお金に対してモノを言う事に抵抗がある人が多い。
でもお金に正直にならなければお金は稼げない。

※注意点が1つ!
これはお金が単純に欲しいとかではなくて、自分自身の成果に対して正当に報酬がもらいたいという意味だ。
当然あなたが与えた価値に対して報酬は与えられるものだから
時間などではなく、成果で仕事をしてその分はしっかり稼ぎたいという考えならこれを軸に置こう

B:「誰」に価値を提供するか?

・顧客は誰か?
・誰に対してサービスを提供したいのか?

も企業選びの軸となる重要なポイント。
数例挙げておくと以下のような感じだ。

●部活でずっとスポーツに携わっていたからスポーツする人をサポートするサービスを提供したい
→スポーツメーカー、スポーツ用品店など

●誰かに教えたり人に影響を与えることが好き
→塾・専門学校系、人材系、コンサルティング企業など

●国際文化を学び世界各国の文化や風習について学んだことを海外に行く人に伝えたい
→旅行代理店、留学エージェントなど

●イベントを企画することが多かった経験を活かして企画力で人を動かす仕事をしたい。
→広告代理店、イベント会社など

「BtoB」、「BtoC」、「BtoBtoC」について

「BtoB(法人取引)」、「BtoC(消費者取引)」、「BtoBtoC(消費者取引のサポート)」
のどれかというのも重要だというところもあるけど、
僕は新卒者の場合、一番重要な要素はそこではないと考えている。

今一つの会社でずっとキャリアを終える時代ではないから、
キャリアチェンジの機会にはまた次にどんな業態にも可能性はあるからだ。

会社を変わるようなキャリアチェンジしなくても副業で本業とは違った仕事を始めることもできる。
それよりも重要なのが次の部分。

C:どんな人と働きたいか?

これが僕は一番重要だと思っている。
20代のキャリア構築は、どんな人と働くことが出来るかでその後が大きく変わる。

・挑戦的な人とどんどん働きたいのか?保守的な人がいいのか?
・いろんな失敗をしてきた人と働きたいのか?エリート街道まっしぐらの人と働きたいのか?

あなたはどんな人と一緒に働いて影響を受けたいだろう。

一番近くで関わる5人の年収の平均があなたの年収になるという事を頭に入れた方が良い。

当然お金だけのことを言いたいわけではなく、関わる人をあなたが選んでいかないと
自然に周りにいる5人と同じような人生になっていくよという事が言いたいわけ!

だからこれを今しっかり決めていくことが企業選びの軸では最も重要だと考えている。

D:10年後にどんな働き方をしていたいか?

前述のどんな人と働きたいかの延長になるけど、
10年後にどんな生活を送っていた以下をイメージしよう。

一日の時間の使い方、一緒に仕事している人、家族とのかかわり方、日々使いたい具体的なお金、手に入れたいもの・・・

どこで誰とどういう一日を過ごしていけたらベストなのかを考える。
それを叶えることに一歩でも二歩でも近づける企業をあなたなりに考えて今選ぶべきだ。

実際に今10年後のあなたの年齢の人でモデルになるような人がいる環境があれば一番いいという事だ。

企業選びの軸においてはいけないポイント

× 休日や福利厚生
× 給与などの勤務条件
× 通勤などの環境

上記のようなポイントで企業選びをすることだけは絶対ダメ。
その後あなたのキャリアに何も残らない。

仕事観が全くないから、その環境で仕事をしても価値を提供できない場合が多い。

仕事はあなたが情熱を注いで社会に価値を提供することでその報酬が得られるもの。
ただ働く条件だけで決めてしまうとその情熱が失われて、価値が提供できない。

転職をする時も仕事観でアピールすることが出来ない。
休日、福利厚生、給与や報酬というものは価値を提供して初めて主張できるもの。

何も貢献していないのに権利だけを主張するような会社の選び方は本当に止めた方がいいし、
個人的に20代の若者にはそんな権利だけを主張する社会人になってほしくないと思っている。

企業選びで参考にできるもう一つのポイント

あなたが普段生活していて、

「これは便利だな!」
「普段すごく自分の役に立っているな!」
「気付かないところでもすごく助けられてるな!」

と思う商品やサービスを考えてみよう。

それらはあなたにとって価値が高い、その良さを人に伝えられるだけのよい商品・サービスだ。
当然自分が認めている商品やサービスであれば自分がそれに携わる事には意義が出てくる。

そしてその商品やサービスを扱う企業に応募すると、
選考段階でもあなたの姿勢や言葉に思いが伝わる。

採用担当の人事スタッフや面接官はこれまで何百人、何千人と接してきたの採用のプロだ。

あなたの志望に思いがなかったり
本やネットから取ってきたような
小手先だけのテクニックは簡単に見抜く。

そして自分の好きな商品やサービスであれば
仕事をするのも楽しくなり少々の困難は耐えられるようになる。

普段気になる商品やサービスをまとめてみる

まずは1週間かけて一瞬一瞬意識して過ごしてみると興味のある業界や企業が絞れてくる。
あなたの目の前には無数の商品やサービスが存在している。

全てをチェックするのはノートが何冊あっても足りないけど、
本当にあなたの役に立っているもの、助かっているものに反応してチェックしてみて書き出してみよう。

そこから見えてくるものがあるはずだ。

これは見ているだけではダメ、書き留めなければ意味がない。

なぜなら書かないとその時に感じて終わってしまうからだ。
書いたものを見続ける事で頭の中で本当に整理されてくる。

●どういう人に価値を与えているか?
●どういう場所で売られているか?
●どのように作られているか?
●消費者に届くまでにどのような人や会社が関わっているか?

このように一つの商品やサービスについて掘り下げて考えていくと
凄くその商品や会社に興味が出てきたりもして
あなたの企業選びの軸を決めることに繋がる考え方を持てるようになる。

せひやってみよう。

The following two tabs change content below.
Kevin@キャリアアドバイザー

Kevin@キャリアアドバイザー

20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。

関連記事

自己PRで「行動力」と「継続力」を完璧にアピールする方法

これまで2000人以上の就活生と300人以上の転職希望者の就活支援をしてきて思うのが 自己PRが自

記事を読む

就活生におススメする「本の選び方」と「本の読み方」

前回就活に読書はいいよー的な記事を書いたら 本の選び方を教えてほしいとの声をもらった。 参考

記事を読む

【集団面接(グループ面接)で落ちた!】挽回するための4つのポイント

今日は集団面接について。 集団面接はポイントを押さえていれば基本落ちないと思ってOKだ。 つ

記事を読む

就活の企業選びの軸を決める2つのポイント

就活生のカウンセリングで就活生から 企業選びに迷っているという相談を受けることがとても多い。

記事を読む

無名大学の学生が超人気難関企業から内定を取る方法

無名大学の学生が超人気難関企業から内定を取る方法 マスコミ、広告、旅行・・  

記事を読む

営業として活躍したければ就活を完璧にやったほうがいいと思う理由

今回は少し僕の以前の話をしてみようと思う。 僕は以前営業マンをしていた。 外資系の印刷会社の

記事を読む

信金や地銀で就活生が理解しておくべき本質はこれ!

就活で毎年毎年人気なのが信金と地銀。多くの人が就活が始まるとやたらと信金や地銀を受けたがる。堅いイメ

記事を読む

就活がつらいと感じる人がやるべき自己分析のポイント

就活を始めてしばらくたつと何割かの就活生から「つらい」と打ち明けられることがある。 これは社会人で

記事を読む

【就活で全落ち!!】その後どうする?過去の就活生の逆転ストーリー

就活で志望企業に全落ち! ・どうしていいか分からない ・一気に自信がなくなった ・絶望しか

記事を読む

面接の緊張をほぐし苦手意識を無くす為の【事前準備】と【当日対策】

面接はたくさんの人が苦手とするものの一つ。 実際に企業の採用担当者も 面接官をやっていて就活

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コロナ禍で転職を考えることは失敗か?破滅に向かう【4つの行動】

コロナウイルスの蔓延で働き方やキャリアの在り方も大きく変わってきている

転職がうまくいかない女性が一気に結果を好転させる【6つの手順】

僕は今まで500名以上の女性とキャリア面談をしてきた経験があるけど、

40代女性で正社員はもう厳しい?転職における一発逆転の【思考と戦略】

40代女性の正社員を目指しての転職希望者がとても増えてきている。

【パソナキャリアは女性におススメの転職エージェント】は本当か?

パソナキャリアは女性におススメと言われるが実際のところどうなのか。

パソナキャリアは第二新卒や未経験には有効か?【業界人のリアルな意見】

社会経験の浅い第二新卒や未経験層に 転職エージェントの「パソナキャリ

→もっと見る


  • 名前:Kevin
    20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑