就活の企業選びの軸を決める2つのポイント

公開日: : 最終更新日:2020/01/26 業界・企業研究, 就職活動 , , ,

就活生のカウンセリングで就活生から
企業選びに迷っているという相談を受けることがとても多い。

・企業の選び方の軸が分からない
・自分が何をしたいのかわからない
・その企業がいい会社なのかわからない

という相談が多い。

これまで社会に出たことがなければ判断ができないのは当たり前だよね。

「ブラック企業」も往々にして存在している訳で、
そんなところで働きたくないと思うのが普通だしね。

今回は就活での企業選びで就活生に必ず伝えている選び方の基本的な軸の2つのポイントを紹介する。

就活の企業選びでは条件だけで選ばないのが鉄則

いろんな会社の募集要項を見ていても

・給与がどれくらいか
・ボーナスはどうか
・残業時間はどうか
・休みは取れるか
・ノルマは厳しいか etc…

こういう視点を持ってまずは見てしまうよね。

しかし、そのような諸条件のみに拘って志望企業を決めるのは失敗パターンの典型!
入社後に早期の退職に繋がったり、
内定は出たものの入社までの内定ブルーになったりしてストレスを感じてしまう。

ブラック企業かどうかという視点ではもちろん大事なことなんだけど、
正直言って仕事というのは今後のあなたの人生とは切っても切り離せないものになる。

つまりあなたがやりがいを感じなかったり、成長を感じられなかったりすると
いくら時間がきちっとしていて休みが多くて給与が多くても確実に満たされない。
みんな人間だからね。

好きなゲーム、好きなスポーツに時間を忘れて取り組むのと一緒。
ドラクエをやっているときはご飯を食べる時間も惜しいくらいずっとやっていたい。
お金がもらえるわけでもないのに楽しくてどこから湧いてくるかもわからない変な向上心を持って取り組む。

仕事もまさに一緒で、あなたが楽しいと思える仕事に就いたり、そんな会社に入らなければ心が満たされない。

仮に給与が平均的にもらえて、
休みはカレンダー通り、
福利厚生もまずまず、
ボーナスも平均的にもらえる条件があったとする。

でも一緒に仕事をする人は
とても暗くて引きこもりがちな人が多くて、
社長は怒鳴り散らすのが好きなワンマン経営者で
仕事中は誰もしゃべらず
パソコンをカチカチタッチする音だけのする緊迫した職場・・

そんなとこでずっと働く?って話だね。

就活の企業選びの軸①:自分のビジョン実現に貢献できるか?

僕は学生の頃就職活動に失敗して転職も3度経験している。
その経験も踏まえ絶対に仕事選びの基準で重要なのはまず

自分の将来のビジョンの実現に貢献しやすい仕事か?」

という事。

あなたが将来なりたい自分や得たいものなど、その目標に向けて
その仕事やその会社は近づける環境かどうか?

これが一番重要だ。

仮に多少給与が低くて休みが少なめでも、これが一番叶う環境だと思えば、
あなたはその会社を選ぶべきだと思う。

なんでもそうだけど、自分が持っている目標に対してそれが実現できる近道であれば
多少険しい道でもその道を進む方がいい。

自分の目標やなりたい自分に近づけるというイメージが持てるなら
多少辛いことがあってもそれを乗り越える力もわいてくる。

まずは自分の夢や目標に一歩でも近づける会社なのかをしっかり考えてみよう。

就活での企業選びにおけるあなたのやりがいとは?

images

スティーブ・ジョブズが休みや報酬の事を考えてmacやiphoneを考案しただろうか?
間違いなく「やりがい」と「情熱」だよね。

こういう世の中を作りたい、こういう商品を世の中の人に知ってもらいたい
その思いだけだ。

でもスティーブ・ジョブズほど壮大な思いを持ってほしいと言っているわけではないよ。
あなたなりの目指したい未来がどのようなものかによって
それに近づくための企業選びをしようと言っているだけの話だ。

例えば30歳、35歳になった時に
どんな生活をしていたい?
どんなポジションで仕事をしてみたい?
どんな人と働いていたい?
収入はどのくらい手にしたい?
どんな家に住みたい?
どんな友達とどんな遊びをしていたい?

そういうあなた自身の願望を明確にすることがまずは重要だね。

就活の企業選びの軸②:誰と(どんな人と)仕事ができるか?

次に重要なのが「誰と(どんな人と)仕事ができるか?」ということだ。

その会社ではどんな人が働いているだろうか?
あなたがモデルにしたいような人がいるか?

はとても重要な企業選びの軸になる。

人は常に誰かと共に過ごしながら成長してきている。
例えば一番身近なひとだと「両親」になる。

あなたが何も分からない赤ちゃんの時から20数年間生きてきて、
今のあなたの考え方やモノの見方など価値観は全てあなたの両親から受け継がれているということ。

あることに対していいと思う事もあれば悪いと思う事もある。
これが普通だと思う事もあれば普通じゃないと思う事もある。

仕事選び、企業選びも全く同じで、
今から社会人1年生として何もわからない状態から数十年の社会生活に入るわけだけど、
すぐに飛び込む環境にどんな人がいるかがあなたの今後の人生を大きく左右する。

あなたが入る会社の人は

ダイナミックにいろいろな挑戦をする人もいるかもわからない。
どんどん人脈を広げて顔を売っている人もいるかもわからない。
常に勉強をしていて自身の向上に余念がない人かもわからない。
お金を稼ぐことに集中して常にお金を持っている人かもわからない。
仕事も100%、趣味も100%で取り組んでいる人かもわからない。

反対に
人の愚痴ばっかり言っている人かもわからない。
楽しさの感じられない顔をして仕事をしている人かもわからない。
上司の言う事に恐々と仕事をしている人かもわからない。
引きこもりがちな人かもわからない。

どんな人かはわからないけどその人の行動パターン、考え方、仕事の仕方といったものが
全てあなたのパターンになっていく。

それだけ最初の企業選びで誰と働くかという事は
今後のあなたの社会生活の成功という点においてめちゃくちゃ重要!!

人は人によって磨かれる!

その会社に心から仕事を楽しんでいる人がいれば、
あなたもその人と仕事をする事で楽しんで向上心を持って仕事をする事ができる。

情熱をもったり好きな事を心から楽しんでいる人は頭が冴えまくっている。

そんな人と仕事ができれば様々なアイデアに出逢う事ができるのであなたの頭も冴えてくる。
常にイノベーションが近くにあるのでどんどん高みを追求していきたくなる。

ついていきたくなると仕事をしたり、この人のようになりたいと思える人がいれば
多少辛い状況があってもその人を鏡にして頑張ろうと思う事もある。

そう、人は人によって磨かれるということだ

その企業にどんな人がいるかを調べる

どんな手を使ってでも魅力的な人がいるかを直接確認する事をオススメする。
知り合いでその会社にいる人がいればいいが、
いない場合はいろいろなやり方があるのでやれるものから試してほしい!

①企業訪問時に人事の人に紹介してもらう

就活生であるあなたのアピールにもなる。
会社説明会、インターンシップ、面談会でもなんでもいいけどそういった企業訪問時に
例えば営業職志望であれば「今いる営業スタッフと話をさせてほしい」と懇願しよう。
積極的に来る学生に快く思わない人事はおそらくいない。

②大学のキャリアセンターに情報をもらう

いきなり連絡先を教えてもらうことは難しいかもわからないが、
本人に連絡を取って後輩のあなたが話を聞きたがっていると伝えてもらえば快く話を聞いてくれるかもわからない。

③SNSで検索する

SNSなどでもプロフィールを公開している人であれば勤務先を登録したりする人もいる。
検索して直接アプローチするのも今のご時世はありだね。

「ブラック企業」はあなたにとってはブラック企業ではないかもしれない

「ブラック企業」と一般に呼ばれる会社で働く人がいたとする。

その人自身がビジョンを明確にしてその達成の為にやりがいを感じ情熱を持っていれば
その人にとっては「ブラック企業」ではないとうことだ。

オーバーかも分からないけど
僕も前職の時にそうだったけど、本当にやりがいや情熱を持って仕事に取り組めると
夜中まで働いても休みたいという気持ちも不思議と湧かなくなる。

それよりももっといい成果を出したい、と思うようになり仕事がどんどん楽しくなる。
ドラクエで「とにかく強くしてLv99にして最強の武器と防具をそろえたい!」という気持ちや
ポケモンで「全種類のモンスターを早く集めきりたい!」と思う気持ちと全く同じだ。

情熱を持って仕事ができると成果が上がるので収入も自動的に上がる。

まとめ ~就活の企業選びの軸にすべき2つのポイント~

まず待遇や勤務条件、ざっくりした企業イメージだけで企業選びをするのはダメ!!

就活の企業選びの軸にすべき2つのポイント

①あなたのビジョン、夢、目標に近づくことができる会社か?
②誰と(どんな人と)仕事をすることができるか?

この2つをしっかり抑えておけば仕事にやりがいを感じ、
周りからいい影響を受け仕事を楽しむことができ、
収入も自動的に上がり目指す未来が見えてくる。

それではまた次回(^^)

The following two tabs change content below.
Kevin@キャリアアドバイザー

Kevin@キャリアアドバイザー

20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。

関連記事

就活を成功させるため3つのコツをわかりやすく解説!

就活では志望企業からサクッと内定を得る人と、 どれだけ経っても内定が出ない人がいる。 数年前

記事を読む

内定力を一気につけ志望企業もすぐに見つける方法

先日はまだ思うように内定の出ない 就活生向けに面接講座をやった。   就活というのは 努力

記事を読む

エントリーシート(ES)の自己PRが書けない時は3つの型で決まり!【具体例付き】

エントリーシート(ES)で自己PRが上手く書けずに悩む就活生は多い。 また自分では上手く自己P

記事を読む

エントリーシート(ES)が上手く書けない!落ちる3つのパターンと対策

不安が入り交じりよくわからずも始まってしまう就職活動。 そんな就職活動の中の選考の第1段階となる「

記事を読む

講演やセミナーに出たあとで実際に結果を出す方法

講演やセミナーに出たあとで実際に結果を出す方法 就活に限らずの話だけど、 近年多くの学生が勉強熱

記事を読む

就活に失敗しブラック地獄にハマった大学生③

前回までの記事はこちらから↓就活に失敗しブラック地獄にハマった大学生①就活に失敗しブラック地獄にハマ

記事を読む

面接官を惹き付ける、深い話ができる学生と浅い話しかできない学生。

今もいろんな学生と話していて、ちょくちょく聞く話。「将来は海外で働いてみたいんです!」「誰からも必要

記事を読む

大学生活で本当に高め合える友達を作る方法

あなたは大学の友達は多いかな? 本当に親友と呼べる深い関係の友達は何人くらいいる? その中で

記事を読む

就活での【企業選びの軸】を決めるために重要な4つの視点

就職活動を始めるにあたってまず考えるのが 自分はどの業界やどの企業を志望すれば良いかという事。

記事を読む

就活や転職で隣のライバルに勝つために何をすべきか?

就活でも社会人の転職でもあなたが受ける企業はあなた以外にもたくさんの候補者が応募している。 あなた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コロナ禍で転職を考えることは失敗か?破滅に向かう【4つの行動】

コロナウイルスの蔓延で働き方やキャリアの在り方も大きく変わってきている

転職がうまくいかない女性が一気に結果を好転させる【6つの手順】

僕は今まで500名以上の女性とキャリア面談をしてきた経験があるけど、

40代女性で正社員はもう厳しい?転職における一発逆転の【思考と戦略】

40代女性の正社員を目指しての転職希望者がとても増えてきている。

【パソナキャリアは女性におススメの転職エージェント】は本当か?

パソナキャリアは女性におススメと言われるが実際のところどうなのか。

パソナキャリアは第二新卒や未経験には有効か?【業界人のリアルな意見】

社会経験の浅い第二新卒や未経験層に 転職エージェントの「パソナキャリ

→もっと見る


  • 名前:Kevin
    20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑