就活では自分の話を盛ることは意味があるのか?

公開日: : 最終更新日:2020/01/26 自己分析, 就職活動, 面接 , ,

就活生でなかなか結果が出ない人でよくある1つのパターンがある。

自分を盛って話すことに躍起になっているというパターン。

これは非常にもったいないね。
これは学生の就活生だけでなく転職を考える人にも非常に多くいる。

要は自分を盛って話していい印象を与えようとしているという事だ

就活で自分の話を盛ることはほとんど意味がない!

images-1
まあ、いきなり結論になってしまうけど、
就活であなた自身を盛って話してもほとんど意味がない。

面接など選考の途中段階で自分をアピールしたいが為に
ここぞとばかりにしゃべりたい事を延々と話す人がの多い事多い事。

「これだけは言っておかないと」
「あれも伝えておいた方がいいのかな」

なんて考えて、話さなければ損!
という感情が芽生えてくる気持ちはすごい分かるんだけどね。

就活ではあなたの盛り話ではなく本質を見られている

相手にどれだけ自分の利点を伝えても
相手の重要視するポイントがその中になければ全くの空回りだ。

例えば恋愛の場合、何回もアタックすれば相手は
気持ちが傾いて結果が変わるなんて事もある。

ただし就活での面接は多くて2~3回きりだ。

その限られたチャンスで企業側に「こいつは入社後活躍してくれるな」
と思わせることが必要だ。

逆に言うと
企業がこの人はやってくれる!というポイントが一つでも
伝わればいいという事だ。

就活では話を盛って話したとしても、その内容や実績というよりは

あなた自身がなぜそう考えるのか?
どのような思考でその行動に至ったのか?

という本質的な部分を求めている。

具体的な対策は大きく2つある。

対策①:自分の言葉で書き、話す

小手先だけの言い回しや先輩の輩の成功談やマニュアル本など
どこかから引っ張ってきたような返答は百戦錬磨の面接官は一発で見抜く。

必ずね。

なぜかというとそこにあなたの思いや根拠が全く見えないからだ。

それをする為には自己分析で本当にやりたい仕事、
入りたい会社を見つけて気持ちを込めて活動する事が対策になる。

勘違いする人も多いので言っておくけど、
就活での面接はしどろもどろになって話してもよい!
思いが伝わればね。

就活で結果の出ない人はけっこうここを甘く見てるのでもう一度言っておく。

本当に気持ちが入っていなかったり、
どこかから引用したような受け答えは必ず見抜かれる。

対策②:企業研究をしっかり勉強する事

就活では話を盛るタイプの学生に限って、
自分のことをよく見せることに躍起になっていても
選考に来た企業のことはあまりよく調べていない傾向がある。

まずその企業は将来的にどのような方向に向かっていて、
その中でどのような人材を欲しているのかをしっかり研究しよう。

仮にあなたがすごく優秀なスキルや大きなポテンシャルを持っていて、それを存分にアピールしたとしても、
そのスキルやポテンシャルが企業の求める方向性と一致しなければ内定は出ない。

つまり
会社のビジョンとあなた個人のビジョンが一致した時、
一緒に働くイメージを面接官に持たせる事が出来る

これが出来ない人が実に多い!

自分がいかにデキる人かという事を話を盛ってアピールするだけで
会社の求めるものを提供できるあなたになっていない訳だから当然企業は魅力を感じない。

どうしても美味しいコーヒーが飲みたい人に、
ウーロン茶がいかに美味しいかをアピールしているようなものだ。

ちなみに、そうなる為には自分のビジョンを明確にしておく必要がある。

あなたのビジョンや考え方=企業の事業の方向に合致する人材像

就活はこれに当てはまるかどうかの確認作業というだけの話だ。
就活であなた自身の話を盛ることは逆に今後あなたが苦しむだけになってしまう。

対策③:適切な自己PRをする

適切な自己PRとはあなたが出した実績そのものではなく、
あなたの考え方やこれまで何かに取り組んできたその過程の方だという事を認識しよう。

「TOEIC800点」という実績数値だけではなく
「TOEIC500点」を取るためにあなたが取り組んだこともアピールになるという事だ。

自己分析については思わず内定を出したくなる自己PRの2大要素とは?を参照してもらいたい。
話を盛ることが自己PRではないという事が良く理解してもらえると思う。

まとめ ~就活では自分の話を盛ることは意味があるのか?~

結論、話を盛ることにあまり意味はない。
それよりもあなたの本質的な考え方、思考を見ている。

その為の対策として

①自分の言葉で書き、話す
②自分を盛ることよりも企業研究をしっかりする
③適切な自己PRをする
※何が適切な自己PRかは思わず内定を出したくなる自己PRの2大要素とは?を参照。

今日はここまで!

The following two tabs change content below.
Kevin@キャリアアドバイザー

Kevin@キャリアアドバイザー

20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。

関連記事

エントリーシート(ES)の自己PRが書けない時は3つの型で決まり!【具体例付き】

エントリーシート(ES)で自己PRが上手く書けずに悩む就活生は多い。 また自分では上手く自己P

記事を読む

面接で変化球質問に答えられない時の対処法

就活や転職の面接で予想通りの直球質問が来たときに「用意」はできていても、 変化球で来た時に全く答え

記事を読む

就活を本当に成功させたいなら「普通の就活」ではダメ!

毎年3月からの就職活動解禁に向けて、(実質どの企業もそんなルール形骸化してるけど) 多くの学生と企

記事を読む

「就活の軸」が重要な3つの理由と決める時のポイント

これまで何回か別の記事でも書いてきたかも分からないけど、 今日ふと学生と話して思った事を書こうと思

記事を読む

志望動機が書けない時の書き方の【必殺3パターン】とは?<具体例つき>

就活でも転職でも面接対策や履歴書を書く時に必ず時間を使う「志望動機」。志望動機が書けないと悩む人

記事を読む

大学生が時間の使い方で習慣化すべき【7つのポイント】

さて今日は大学生の時間の使い方の話。 特に就活が始まると「忙しい」、「バタバタで・・」と言いす

記事を読む

就活で将来の夢やビジョンがある人と無い人は何が違うのか?

「夢」や「ビジョン」という言葉を よく使う人とあまり使わない人がいる。  実はリアルに就活生

記事を読む

就活生はSPIの対策に躍起になってたらダメ!

就活では選考方法の一つにSPI試験がある。 本屋さんでもSPI対策なんて本も多く売られている。

記事を読む

面接で失敗して落ち込む自分を切り替える方法

「面接官の反応がイマイチだった・・」 「自分でも手応えが無かった・・・」 こんな時あるよね。

記事を読む

「就活がだるい・・」なかなか行動できないの2つの理由と対策

今まで多くの就活生から受けてきている相談! 「就活がだるい、、なんか行動できません・・。」

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コロナ禍で転職を考えることは失敗か?破滅に向かう【4つの行動】

コロナウイルスの蔓延で働き方やキャリアの在り方も大きく変わってきている

転職がうまくいかない女性が一気に結果を好転させる【6つの手順】

僕は今まで500名以上の女性とキャリア面談をしてきた経験があるけど、

40代女性で正社員はもう厳しい?転職における一発逆転の【思考と戦略】

40代女性の正社員を目指しての転職希望者がとても増えてきている。

【パソナキャリアは女性におススメの転職エージェント】は本当か?

パソナキャリアは女性におススメと言われるが実際のところどうなのか。

パソナキャリアは第二新卒や未経験には有効か?【業界人のリアルな意見】

社会経験の浅い第二新卒や未経験層に 転職エージェントの「パソナキャリ

→もっと見る


  • 名前:Kevin
    20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑