就活で「うざい!」と感じる友達とは付き合う必要はない3つの理由

公開日: : 人間関係, 就職活動 ,

就活をやっていると言動行動が「うざい!」と感じる友達が結構現れる。
日本のように新卒一括採用をやっているような中では、
ある意味同じタイミングで競争しているような感じにもなるからこういう事も多くなると思う。

そういう時は結論、基本的に僕は就活でうざいと感じる友達とは付き合う必要はないと思っている。
今回はその理由をお伝えしたい。

就活でうざいと感じる友達は関わる必要なし!

就活でうざいと感じる友達と関わる必要のない理由が以下の3つだ。

理由①:就活でうざい友達は社会人になってもうざい

そう、今うざいと感じる友達はそのまま付き合いを続けてたとして、
「就活」という岐路が過ぎたとしても社会人になっても同じくうざいと感じる。

・いつも余計な一言が多い
・言い方にとげがある
・なぜかいつも上から目線

このパターンの友達(と言えるかは置いておいて)はそういう性格は変わらないから
今後もあなたにとってはストレスにしかならない。

理由②:うざい友達と関係を持っていても就活ではプラスにならない

就活でそういう友達と関りがあるとその友達の発言や行動に翻弄されてしまう時がある。
いちいちうざいことを言ってきていることに対して一切関せずという状態であればいいんだけど、
上手くいかない時などは、その友達の言ってることを真に受けたりしてしまう。

うざい友達の言ってることはその人の主観的な意見が多くて
あまり信ぴょう性がない場合が多い。

そういう内容に翻弄されないように付き合う友達を考えた方がいい。

理由③:あなた自身も周りの友達からうざいと思われるやすくなる

「類は友を呼ぶ」という言葉がある。
就活ではうざい友達と付き合っているとあなた自身が自然にその友達のようになっていきやすくなる。

その友達に言われてうざかった事やされてうざかったことを
あなた自身が他の友達にしてしまいやすくなる。

そうなると貴方も周りの友達からうざいと思われることになる。

就活でうざい友達6パターン

就活での関りにおいて以下のような側面が垣間見える友達はさらっとかわして
適当に付き合っておくか、放置しておこう。

先に内定を取ったことを自慢する

自分が先に内定を取ったことを自慢してくる友達ほどうざいものはない。
それをまだ頑張っているあなたの前で言ってくるのだから自己中極まりなく、思いやりがない。

こういう時は「よかったね。頑張ってね」とさらっと言っておくだけでいい。

先に内定を取ったあなたに嫉妬してくる

先に内定を取ったあなたに対して嫉妬してくるパターン。
こういうパターンの友達は大して努力してなかったり、していてもちょっと努力の仕方が間違っている場合が多い。
やり方を聞いてきたら教えてあげるくらいでいい。

あなたが受けている企業名をいちいち聞いてくる(詮索してくる)

優秀な就活生は「就活=自分の人生との向き合う事」という事を理解している。
だからいちいち周りがどうだとか気にならないから聞いてこない。

あなたが受けている会社のことを執拗に聞いてくる友達はそういう意味でいうと
就活レベルがまだ浅いのであなたは付き合う必要はない。

しつこく聞いてきたら、さらっと答えてあげて終わりでいい。

上から目線でフィードバックしてくる

何様かというようにあなたの活動のフィードバックを上から目線でしてくる人がいる。
この手は前述の通り、社会人になってもうざいと感じる。
言われたときに「ありがとう」と言って大人の対応でかわして静かに距離を置こう。

選考がスムーズに行っている事の自慢

各社の選考が上手くいったりしている場合はそれをいちいち自慢してくる友達がいる。
面接が上手くいっただの書類が通っただの、逆に落ちたことがないことを誇らしげに言ってくる友達もいる。

そもそも、就活というのは「テストで頭がいいから点数が取れる」とは違い
「優秀だから内定が出る」という風にはならない。

各社欲しい人材像も違うのでそれぞれ内定基準が違う。
たまたまその友達が受けたところに合致してだけだと思っておこう。

遊びを誘ってくる

これは論外。実際僕は学生の時、この誘惑に負けて就活に失敗した(笑)
そして20代でブラック地獄を味わうことになった。

この時の友達は今も付き合いがあるけど、その時足を引っ張られたことを冗談で話すけど、
就活の時はやはり自分にしっかり向き合って時間を過ごした方がいい。

遊んでて楽しい友達は今後もずっと大事にした方がいいけど、
やる時にやらないと後で後悔してしまうことになる。

あなたの将来の年収はその時に最も仲いい5人の平均

どんな友達でも友達というのは一生の宝だと思う。
しかし、あなたの人生をより良くしていこうと思うと少し考えないといけない。

あなたがこれから就活に入る時期なら「就活ダルい・・」「学校眠い・・」なんて言ってる友達と同じ時間を過ごすのはどうだろうか?
これは人生で成功を収めている人がみんな言っている言葉。

あなたの年収=最も仲のいい5人の年収の平均

つまりあなたが一番仲のいい友達5人のステータスや実力の平均があなたってこと。
「ダルい〜」「眠い〜」という友達に知らず知らずのうちにあなたは足を引っ張られている事に気がつかなければいけない。

あなたも一緒になってそれを口にする事で本当にダルい毎日、眠たい毎日になっていく。
就活も同じだ。

「就活不安〜」「面接不安〜」なんて言ってる友達と一緒にいると、あなたまでそうなる。

つまり就活で結果を出したいなら、せめてその期間だけは友達を選ぶべきだ。

説明会でも面接でも堂々としていて自信があって結果も出している友達と意識的に一緒にいるようにするべきだ。
就活期間もいつもと同じ友達と同じ関係である必要は無い。

就活でうざい友達の判断の仕方は「類は友を呼ぶ」理論

何が言いたいかと言うと、たくさんの種類の友達がいるのはいい事なんだけど、

あなたがその時々で得たい結果を得る為にその都度、意識的にその結果を得やすいであろう友達に変えた方がいいよってこと。
縁を切れとまでは言わないけど、こういうときはこう。

就活で結果を出したいなら学内外で就活に意識の高い友達と付き合うようにした方がいい。
お金を貯めたり稼いだりしたいなら、お金を実際に稼いでる学生と友達になって多くの時間を過ごすという事。

あなたは付き合う友達によって自分の結果を変えられる。
(友達に100%依存しろって事じゃないよ。)

この事は本当に自分に当てはまった。
大学の頃は就活に意識を向けている友達はほとんどいなかった。

たまたまだけど、その頃一緒に過ごしていた友達がダンスに打ち込んでいたり、卒業後に留学をする予定だったり、院に進学する予定だったり。

つまり就活とは少しかけ離れた状態の友達といつもつるんでいた。
他で就職活動を頑張っている友達もあまりいなかった。
彼らの事を悪く言うつもりはもちろん無いけど、その時自分が意識的に付き合う友達を選ばなかった。

だから就職活動に失敗した。
あなたにはそうなってほしくないと切に願っている。

まとめ ~就活で「うざい!」と感じる友達とは付き合う必要はない3つの理由~

付き合う友達を自分で選んでいくというのはこの先もずっと重要なこと。
友達に依存する生き方はやめるべきだけど、
普段付き合う友達の影響は知らず知らずのところで受ける

就活ではうざいと感じる友達とは付き合わないようにした方がいい。

今日はここまで。
See you mate!

The following two tabs change content below.
Kevin@キャリアアドバイザー

Kevin@キャリアアドバイザー

20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。

関連記事

大学生が時間の使い方で習慣化すべき【7つのポイント】

さて今日は大学生の時間の使い方の話。 特に就活が始まると「忙しい」、「バタバタで・・」と言いす

記事を読む

営業として活躍したければ就活を完璧にやったほうがいいと思う理由

今回は少し僕の以前の話をしてみようと思う。 僕は以前営業マンをしていた。 外資系の印刷会社の

記事を読む

就活の面接を【ウソ】で乗り切ってもいいのか?

「面接でウソってついてもいいの?」 「就活全般ウソってつかない方がいいのかな?」 「ウソって企業

記事を読む

志望動機が書けない時の書き方の【必殺3パターン】とは?<具体例つき>

就活でも転職でも面接対策や履歴書を書く時に必ず時間を使う「志望動機」。志望動機が書けないと悩む人

記事を読む

就活が不安で眠れない場合に決めると良い1つの事

「就活が不安で眠れない・・・」 「明日の選考が緊張しすぎて落ち着かない」 就活生ならだれもが

記事を読む

「やりたい仕事や行きたい会社がわからない」という人が取るべき行動とは?

就活や転職を始めたけれどやりたい仕事が分からない、行きたい会社がない・・ これはまさに20代のブラ

記事を読む

エントリーシートはこの視点さえ持っていればオール通過。

 エントリーシートはこの視点さえ持っていればオール通過。この記事を読んでくれてるとあなたは

記事を読む

【仕事のモチベーションが上がらない】と感じたら変えるべき2つの事

【仕事のモチベーションが上がらない・・】 まぁ要因はいろいろあるんだろうと思う。 ・上司

記事を読む

就活で強みがない!と嘆く弱者の就活必勝法

就活では自己PRで「本当に強みがない・・」と嘆く時もある。 強みやPRはしっかり取り組まないと書け

記事を読む

エントリーシート(ES)が上手く書けない!落ちる3つのパターンと対策

不安が入り交じりよくわからずも始まってしまう就職活動。 そんな就職活動の中の選考の第1段階となる「

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コロナ禍で転職を考えることは失敗か?破滅に向かう【4つの行動】

コロナウイルスの蔓延で働き方やキャリアの在り方も大きく変わってきている

転職がうまくいかない女性が一気に結果を好転させる【6つの手順】

僕は今まで500名以上の女性とキャリア面談をしてきた経験があるけど、

40代女性で正社員はもう厳しい?転職における一発逆転の【思考と戦略】

40代女性の正社員を目指しての転職希望者がとても増えてきている。

【パソナキャリアは女性におススメの転職エージェント】は本当か?

パソナキャリアは女性におススメと言われるが実際のところどうなのか。

パソナキャリアは第二新卒や未経験には有効か?【業界人のリアルな意見】

社会経験の浅い第二新卒や未経験層に 転職エージェントの「パソナキャリ

→もっと見る


  • 名前:Kevin
    20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑