「就職」と「就社」の違いを知っておいた方がいい理由

自己分析

昨日は日経の合同説明会で先週に引き続き15生向けに逆転就活の講演をした。

いいとか悪いとかじゃないけど、合同説明会という場に来て、
本当に来てるだけの感じの就活生が多いかな。

スポンサーリンク

就職と就社

そんな彼らに火をつけるべく1時間講演したあと、1人の就活生が質問をしてきた。

就活生「就活をずっと続けていますがなかなか内定が出ません。これからどうすればいいのか分かりません」

(内心さっきの講演でこうすればいいというのを全部伝えただろ〜と思いつつも)
僕「そもそもだけど〇〇さんは本当に就職したい?」

就活生「もちろん就職したいです。」

僕「なんで?」

就活生「ん〜生活するだけの糧を得る為に会社に入らなければいけないからです。」

この場合は「就職」ではなく「就社」だ。

個人的にカウンセリングをしたり、キャリアを考える機会に、
「何の為に仕事をするか?」
「何の為に職を得るのか?」

という根本的な事を理解して就職活動をしている人は本当に稀だ。

これは新卒の学生だけではない。
いい歳の中途採用の社会人でも同じだ。

images-1

あなたは可能な範囲で誰かの役に立つ義務がある

「職」というのは僕自身はこう定義している。
”自分自身が社会や人の役に立つ為にできる仕事や活動”

つまり会社に入るという事ではない。

個人で誰かが求めている事を提供してもいいし、起業してもいいと思う。
非営利団体でも構わないと思う。

まず「就職」というのは会社に入る事ではなく、役に立てる活動や仕事を見つける事だと認識してもらいたい。

会社を通して自分の使命や役割を果たす

その上で企業というものを考える。

企業も同じく社会に役立つサービスや商品を提供していく団体だ。

だからその企業に入る人も社会にどのように関わって
自分なりの使命や役割を果たすのかという事を考える事が重要だ。

社会の役に立とうと思っても独力では限界がある。

だから同じ使命感を持った多くの人が集まって組織として協力し合う会社がある。

つまりあなたが社会に対して役立っていきたい事を会社を通して実現していくってこと。

自分がどう社会の中で役立っていくかを考える

まずは自己分析が大事!っていうのはそういう理由だと僕は思う。
会社を探す前に自分を探さなければ行けない。

自分を探さなければどうなるか?

言うまでもなく僕のように就活に失敗して
痛い目を見る事になる。

それだけは避けてほしい。

あなたはどんな風に社会に役立っていきたい?
まずはそこからだ。

【早期内定も可能!特別選考のスカウトがもらえる就活スカウトサイト】
スカウトだから選考も気楽、登録だけでもしとく事をおススメ!
⇩⇩⇩