成功したい人に必要な2種類の「素直さ」とは?

転職

「素直さ」は人の長所としてよく挙げられる
素直な人は伸びるとか、吸収力があるとか伸びしろが大きいとかよく言う。

たくさんの社会人を見ていても、確かに素直さは成長の度合いに大きく関連してきているように思う。
転職において求められる資質にもすごく「素直さ」の重要度が高い。

スポンサーリンク

2種類の素直さとは?

ただ「素直さ」には僕は2種類あると思っている。

一般的なのは人から言われた事を真摯に受け入れ、アドバイスを愚直に実行するといった意味だ。もう一つ重要だと思う素直さは自分が良いと思ったことを、実際にやるということだと思っている。

少し前の話になるが一番それを感じたのが2014年の冬季ソチオリンピックで日本選手の活躍を見た時だ。

スノーボードの平岡選手や平野選手にしてもフィギュアの浅田真央選手にしても、確実に飛べるジャンプより、自分が理想とするジャンプを本番で追求し、決めた。

彼らは自分がよしとするものを追い求めやりきった。

「素直」って言われると小さい頃からの育ち方も大きいと思う。

親の言う事を聞くとか、他人(先生、監督、上司など)の意見をしっかり受け入れるとか、そういう謙虚な気持ちが特に日本では大事とされているよね。

守破離という言葉があるように、当然基本的な教えは守らなくてはいけない。
まずは先生、親などから教わった方法やしっかりとした型を覚えないと何でも上手くはいかない。

しかし飛び抜けた存在や一流と言われる位置まで行こうと思うと、自分の良いと思った事を実際に実行に移す素直さも必要だと思う。

つまり、ずっと人からの意見に対していつまでも素直に従っているだけでは望む結果は得られない場合が多いという事だ。

トップレベルの人は出来ない事が出来るようになる為に時間を費やす

面白い記事があったので抜粋。

スケート選手を対象とした研究で、一流選手ではない人たちは
 自分がすでに「できる」ジャンプに多くの時間をつぎ込んでいることがわかった。

一方、トップレベルの選手は自分が「できない」ジャンプにより多くの時間を費やしていた。

荒川静香は、金メダルをとるまでに少なくとも二万回も容赦なく冷たい氷面にお尻を打ち付けていたことになる。

究極の鍛錬』p260より引用

imgres-1

人から言われた事を愚直に実行する力だけを持ったまま大きくなれば、ただ周囲に流されるだけの人になってしまう。

先生から言われた事をやるだけ、上司から言われることをこなすだけの人間だ。

自分の「意思」がないから、それほどこれをやりたい!あれをやりたい!と感じる自分も無くなってしまう。

やはり子ども時代から成長して行く過程の出来るだけ早くの段階で自分の意志を持てる機会を作れることが大事だ。

以前学習塾で小中学生を教えた事があるけど、親もなかなか自立させて本人の意思を尊重してあげられない親が多い。

大学のキャリアセンターの方ともお話をする機会が多くあるけど、両親が大学に電話をしてきて「うちの子の就職活動どうなってんのー!!」と苦情の電話をかけてくるそうだ。
親が就職をする訳でもないのに。

やはり小さい頃から育ってきた家庭、学校の教育の変革が重要なのだと改めて思う。
自分の理想を追い求める機会をどんどん小さいうちから与えてやったら良い。

そして今、社会人の人たちも先生や上司の言われた事をまずは守った上でどんどん自分の理想や目標を追求する姿勢を持つべきだ。

プライド?目標?

結局のところ「自分のプライド」を守るか、それとも「自分の目標」を守るか?だ。

「自分のプライド」を守ろうとすることは、自分の弱さを隠し、強がり、自分を変化させることから逃げるということだ。

当然そんな状態であれば、浅田選手が崖っぷちでトリプルアクセルを飛ぶようなリスクのある選択はできない。そうすれば、自分の良いと思った事を実行する力の発揮が妨げられる。

逆に自分の目標や理想を達成しようとすることは、現在の自分を否定することだ。
現在の自分が正しいのであれば、既にその理想や目標は達成されているはずだからね。

恥ずかしい大失敗をして、打ちひしがれる事で、現在の自分はまだそれだけのレベルだという事実と向き合ってはじめて、理想を追い求めることができるんだなーなんて思う。

浅田選手にしても他のメダリストにしても、野球のイチロー選手にしても、サッカーの本田選手にしても、一流に共通しているのは結局のところ、「理想を追い求める素直さ」だ。

言われた事を守る素直さももちろん持ち合わせてはいると思う。
それ以上にプライドは守らずに、単に自分の理想や目標を守っていく素直さが重要だということを感じる。

どう失敗しようが、他人や世間にどう言われようが、どう思われようが、そんな事よりも自分の目標や理想を守る事が大事だという事を考えさせられた気がする。

まとめると、守破離は8:1:1

さっきも守破離の話をしたけど、まず仕事でもスポーツでもなんでもまず基本の教えられたことを守ることが8割。
これは特に実際に結果を出している人から教えられたことという点に注意して欲しい。

結果の出ていない人からのアドバイスややり方を受け入れていてもその結果しか得られないからね。自分が望む結果を得ている人から教えられたことをまずは「守」で実践し続けよう。

だからまずはひたすら守守守守守守守。
結果の出ている人のプロセスを守り続ける。

そして結果が出てくるようになれば「破」「離」の段階へ行く。
ここにはあなた自身の理想やもっとこうありたい、こうしたいという部分がなければいけない。
そして失敗を恐れず、プライドを投げ捨てて自分の理想を追求して行く段階だ

ここは1:1だけどこれがないと本当に成功することはできないと思う。
守:破:離の割合は8:1:1だけど、「破」と「離」の1:1は
割合は少ないけど成功する人にとってはすごく重要になってくる。

そもそも守ができない人が多いわけだけど、守ばかりやっていても飛び抜けた成果は出せない。
今までの基本を破り、離れ、人からどう言われようがプライドを投げ捨て自分の本当の理想を追い求める「素直さ」、これを持てないと本当に成功する人にはなれない。

自分にも言い聞かせながら今日はこの辺で。
See you mate.