未経験で人事や総務に転職したい30歳、実際可能か?

公開日: : 最終更新日:2018/09/23 30代の転職, 転職, 総務・人事・経理 ,

未経験で人事や総務に転職したい30歳、実際可能か?

最近面談する求職者の中で30〜35歳の人で人事、総務職に就きたいという人が結構いる。
しかも事業会社での人事・総務経験はないというタイプ。
企業にはあまり好まれないタイプだ。

 

人事や総務の経験がない人がこれから人事・総務につくことは実際可能なんだろうか?
ん〜これは結論から言うとほとんどNOだ。

 

大企業は人事部と総務部が分かれて仕事を住み分けしているけど、
中小企業やベンチャー企業ではユーティリティ的な役割で
人事総務として「会社に必要不可欠な業務で、且つ他の部署がどこも扱わない業務」になる。

 

例えば営業なら不在時に顧客から電話がかかってきたとした時に代わりに営業事務のスタッフが
商品の軽い案内をしたり、金額を伝えたりすることはできる、
でも人事総務の場合はそれがほぼできない。
自分が解決しなければいけないし、デリケートな仕事も多く存在するから他の人に任せることはしにくい。

人事総務の仕事の本質を理解していない人の多いことといったら。

面談で人事や総務に転職希望の人と話をすると、
未経験の人はだいたい仕事の本質を理解していない。
採用する企業側もそれを知っているから未経験での人事総務希望者を好まない傾向がある。

 

例えばこれまで製造スタッフ、販売経験、営業経験などの経験がある人で
違う会社に転職して人事や総務をやりたいと言うのは
それなりに理由があるのかもわからないがややイメージだけで仕事を決め付けている傾向がある。
一番ひどい人だと、人事総務系はきっちり時間に終われて働きやすいからという理由で希望する人もいる。
実際あなたはどうだろうか?

 

人事総務系の仕事はまずマルチタスクを確実にこなす能力が必要になる。
社内の「人」に関わる部分だからその資源である「人」が勤務しやすいように様々な業務をスムーズに行っていく必要がある。

 

給与計算、労務管理、社会保険、福利厚生、防災関連、受付、社内文書の管理・固定資産、備品などの管理、
スタッフの健康管理、社内イベントの企画、地域活動、上場会社なら株主総会も含めたIR業務・・・
人事も兼ねるなら採用業務、説明会開催などこなす仕事は非常に多い。
決して時間に終わるものでもないし頭の回転を早めないとどんどん遅れをとる。
特に人事のことに関わることなら未経験だとそれらを一つ一つ意図から理解して覚える必要があるので時間がかかる。

 

しかし多くの人が人事総務は比較的「楽」だとか「責任」が重くない、誰にでもできそうと感じている人が多い。
とんでもない話だ。
人事総務は会社の中心であり、中小企業などは人のことにも多く関わるからミスはできない。

じゃどうやって未経験から人事総務系に転職するか?

あなたが何歳かわからないけど例えば30歳だと仮定すると、
まず前提として未経験から人事総務系への転職の成功率は低いということ。
書類の時点でまず8割は確実に落とされると考えておこう。
それは間違いないから人事総務にこだわるならそれを踏まえた上での話になる。

 

まずは勉強しよう。
どんな業務をどんな目的でやっているか。幅広い業務をしっかり勉強しよう。
そして会話の中でそれがあなたが趣味の話をするレベルまで普通にできる状態にならないといけない。
人事総務に就きたいという未経験の人で、人事総務の仕事を全て理解している人はほとんどいない。

 

面接でも話の次元が低いとやはり30歳での採用はしにくくなる。
未経験なら事前にそれなりに理解を深める努力はすべきだ。
現職の人事総務のスタッフに思い切って聞いてみるのも一つだと思う。

 

どういう仕事をやっているのか?
どういうところで問題を抱えるケースがあるのか?
その時はどう対処しているのか?
どんなことを日々勉強しているか?
これから人事総務の仕事はどういう転換をしていくか?

 

など様々深掘りをして知る必要がある。

 

もう一つはタスクの処理能力をアピールしよう。
書類でも面接でもそうだけど、先にも書いたように人事総務のタスクは非常に多い。
スピード感を持って一つ一つ捌く感覚だ。
人から頼まれたことは後回しにせず同時タスクでやる場合も必要になってくる。

 

その処理能力を上げるためにこれまでどのような努力をしてきたか?
また今後どのような努力をするのか?
そう言ったことを言えるようにしよう。

 

この二つだけは確実になければ採用検討の土俵には乗らない。
それじゃアディオス!See you mate!

The following two tabs change content below.
Kevin@キャリアアドバイザー

Kevin@キャリアアドバイザー

20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。

関連記事

転職したいけど自信がない!スキルもない!という人は転職すべきか?

転職したいけど自分に自信がない、スキルもない、 という理由で転職を迷う人も多いと思う。 実際

記事を読む

職場の雰囲気が最悪級に悪い!【パターン別】抜け出す方法

職場の空気が悪いと本当にストレスがたまる。 僕も今までいた会社では何ともしがたい雰囲気の事務所の空

記事を読む

コロナ禍で転職を考えることは失敗か?破滅に向かう【4つの行動】

コロナウイルスの蔓延で働き方やキャリアの在り方も大きく変わってきている。 ●テレワーク ●休

記事を読む

転職活動の軸を明確にすべく正しい自己分析の4つのステップ

「またやめたの?」「何がしたいの?」「大丈夫?」短期間に転職を重ねると周りの人からこっちの気も知らず

記事を読む

面接で短期間で辞めた会社の退職理由の答え方【3選】

何度も転職をしてしまうと短期間で辞めた会社も一つや二つくらいはある。 面接でその時の退職理由をスマ

記事を読む

転職が怖い、自信がないと感じた時に踏み出す方法

転職したいけど怖くて踏み出せない 転職したいけど自信もないし失敗を恐れて動けない 僕はこうい

記事を読む

30代で警察官から民間企業への転職。うまくいくのか?

この一年間で転職の相談に乗った方の整理をしていて意外な事に気がついた。それは気がつくと実は結構警察官

記事を読む

仕事をすぐ辞める20代でも確実に内定を得る方法

仕事が続かない人が多くなっていると見るのか、キャリアの多様化が進んでいると見るのか・・という議論はあ

記事を読む

面接で失敗して落ち込む自分を切り替える方法

「面接官の反応がイマイチだった・・」 「自分でも手応えが無かった・・・」 こんな時あるよね。

記事を読む

ボーナス支給後に転職を成功させる為のベストなスケジュールとは?

ボーナス支給後に転職を成功させる為のベストなスケジュールとは?転職希望者で考える人が多いポイントの一

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コロナ禍で転職を考えることは失敗か?破滅に向かう【4つの行動】

コロナウイルスの蔓延で働き方やキャリアの在り方も大きく変わってきている

転職がうまくいかない女性が一気に結果を好転させる【6つの手順】

僕は今まで500名以上の女性とキャリア面談をしてきた経験があるけど、

40代女性で正社員はもう厳しい?転職における一発逆転の【思考と戦略】

40代女性の正社員を目指しての転職希望者がとても増えてきている。

【パソナキャリアは女性におススメの転職エージェント】は本当か?

パソナキャリアは女性におススメと言われるが実際のところどうなのか。

パソナキャリアは第二新卒や未経験には有効か?【業界人のリアルな意見】

社会経験の浅い第二新卒や未経験層に 転職エージェントの「パソナキャリ

→もっと見る


  • 名前:Kevin
    20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑