仕事をコロコロ変える女性の特徴と長く続けるポイント

公開日: : 最終更新日:2020/02/10 20代の転職, 転職, 女性の転職, 転職回数 , ,

僕はキャリアアドバイザーとしていろんな方といろんな企業のマッチングをしてきたけど、
ぶっちゃけた話、リアルに仕事をコロコロ変える女性の転職相談が一番難しい。

なぜかというと仕事観が薄く、仕事観以外のいろんな要素が仕事に影響する割合が高い人が多いからだ。
でも特に20代の女性はコロコロ変わってもあまり恐怖感持っていない方が比較的多い。

30代も中盤以降になると、コロコロ仕事を変えてはさすがにもう厳しくなるし、
転職するにしてもしっかり考えて抜いて転職する女性が多い。

今回は仕事をコロコロ変える女性でまた今まさに転職をしたいと考えてしまっている場合に、
今後の仕事選びについて絶対に考えるべきポイントをお伝えする。

仕事をコロコロ変える女性の仕事が続かない【5大傾向】

これまで多く転職相談に乗った女性で仕事が続かない女性はその理由は大別すると5つの傾向がある。

①仕事に対する長期的なプランがない

まずあなた自身が仕事というものを通してどうなりたいか?
を明確にする必要がある。ここを目指していくという明確なイメージだ。

もう男女問わず今は仕事上では武器を持たないといけない。
終身雇用も崩壊して結婚後も旦那さんの給料だけでは一生やっていけることはない。
旦那さんも不安定になることもあるだろう。

周りに頼ることなく何かの時には自分で稼いでいける術を身に付けないといけない状況に来ている。

②結婚や出産があればすぐ辞めようと思っている

結婚したら辞めたい、出産したらすぐ辞めたいという思いが少しでもあれば、それは仕事ぶりに現れてしまうケースが多い。

結婚や出産をしても社会と向き合ってスキルを伸ばしたり価値を創出したいと思っている女性と
そうでない女性では仕事の質はやはり全然違う。

仕事の質が低いとなかなか認められなくなるから必要とされないという状況になる。

③あくまで自分は脇役だと思っている

今はもはや男女の性別は仕事の質には関係がない。
でもまだまだ女性は男性の脇役と思いがちな文化がまだまだ日本にはある。

良い悪いという話ではないけど、
やはり女性だと事務とか営業アシスタントなどのサブ的な業務で責任感を持たず仕事がしたいと考えている割合が高い。
そうなるとあなたでなくとも務まる仕事しかできず、替えの利く人がいるからあなたに依存しない状態になる。

④稼がなくても現状食べていけてる

地方では実家暮らしの人もまだまだ多い。
特に20代はここ5年くらいでも著しく増えた感覚がある。
先日別で読んだ記事でもその統計が載っていた。

自分が仕事を頑張って稼がなくても何とかなるという環境は
仕事を頑張るということを遠ざけてしまう。

⑤恋愛依存タイプの20代

意外と多いのがこのタイプ。転職理由が男性がらみの女性は結構いる。

あなたが付き合っている男性の状況や意向によって仕事を変えたことがあるなら該当する。
仕事に軸がないので外的要因によってぶれやすい。
特に仕事をコロコロ変わってきた女性はこういうところは見抜かれやすい。

今はSNSで動向をチェックされる場合も実際あるので気をつけておきたい。

仕事をコロコロ変える女性でも長く続けられるようになる3つの秘訣

仕事をコロコロ変えずにしっかりキャリアアップを図っていくためにはどうしたらいいだろう?

普段企業の経営者や人事担当者と話していて女性社員に対して持つイメージを聞いてきたところから
僕なりに3つの秘訣をお伝えしたい。

【1:自分自身のキャリアプランをしっかり持つ】

まずはあなた自身のキャリアに対する思いをしっかり確立すること。
結婚や出産などはとても重要なライフステージになるけど、

例えば
あなたが独身ならこのまま一人で周りに誰もいなければ・・・
既婚者なら、パートナーも誰もいなくなったら・・・

という事を考えた時にどういうキャリアプランを描くかということは常に頭に入れておくべきだ。

参考記事→転職活動の軸を明確にすべく正しい自己分析の4つのステップ

【2:自分にしかできない仕事を創り出す】

仕事は能動的に創造するもの。
そしてあなたが与えた価値に対して収入が返ってくるというもの。

自分が主役のつもりで前向きに取り組めていない女性はやはりコロコロ仕事を変わる。
これは女性だけでなく男性にも同じことが言える。

要は言われたことだけでなく自分でいろんなことを提言したり、推進したりすること。
仕事とは改善!決まったことばかり毎日やっているようではあなたに仕事してもらう意味が感じてもらえない。

【3:一人暮らしをして独立生計を立てる】

これは僕個人の持論が強いけど一人暮らしをして独立生計は立てた方がいい。
それだけで仕事の質が変わる人が多い。

当たり前の話だけど独立生計を立てるとやらなきゃという崖っぷち感やより余裕を持ちたいという欲が出てくる。
一人暮らししている人と、そうでない人では仕事に対する意識が変わること、これは間違いない。

仕事をコロコロ変える女性でも転職で好印象を与える3つのポイント

仕事をコロコロ変えていて転職希望先の書類や面接が不安という場合、
仕事を何度も変わってきたという過去自体変えれないけど、最低限下記のポイントは押さえておかないと次の転職も難しくなる。

①どこまで行っても女性は愛想!

女性で愛想、笑顔がないのは転職市場においては致命的。
女性に限らずの話だけど、男性よりもより大きいウェイトを確実に占める!

愛想や笑顔が溢れることで会社の雰囲気も良くなるし、顧客の気分も大いに良くなる。

にも関わらず、最近面談をしていても暗い女性の多さと言ったらまあ。
あなたには気持ちいい笑顔での挨拶と先回りの効いた気配り、配慮ができる女性でいて欲しい。

ちなみによく朝、鏡の前で笑顔の練習をするといいなんて良くいうけど、あれは間違い無い。
化粧ついでに絶対やるべきだと思う。

もし自分があまり社交的でなかったり人と話すのが苦手だったり明るく無いなんて自覚していたら
騙されたと思って是非やってみてほしい。本当に徐々に笑顔が出るようになってくる。

②強い仕事観を持つ

やはり仕事に対しては強い思いを持ってほしい。
当然だけどこれは「仕事一本になってほしい」という事ではない。

プライベートや家庭についても大事にするべきだし仕事漬けの生活をしてほしいという事ではなく、
仕事は仕事であなたの確固たるプランや考え方を持つという事。

やはり仕事に対して明確な考え方を持っている人や将来的なビジョンが描けている人は
たとえ過去に仕事をコロコロ変えていたとしても、やはり人事の人や経営者には響きやすい。

逆に結婚したら辞めたいと思っているなら、あなたの為にはならないが内定を取るという観点でいくと
結婚して辞めたいと心の中で思っていても、その時は「結婚しても続けたい」とはっきり言っておくということだ。

③健康的なイメージ

やはり女性の日には体調が悪くなりやすい人も多いと思うし、
男の僕にはわからない部分があるから恐縮だけど体調の安定しない人はやはり企業からは敬遠される。

実はこれ前述の愛想、笑顔がないタイプと関連性があるんだけど、
なぜか愛想、笑顔が自然と出るタイプなら病弱な印象を持たれづらい。

やはり暗かったり、笑顔のあまりない人は病弱な印象を持たれやすくなってしまう。
でも体調についてはなかなかコントロールしづらいと思うのですぐに対策をするというのは難しい。

ただ一つだけアドバイスするとしたら、日常的に体を動かす習慣は絶対作るべき。

●ウォーキング
●ジョギング
●ヨガ
●ジム
●その他のスポーツ

これらはやはり健康的で明るい生活を送るためには必要だと思う。
逆にいうと上記の習慣がある人で病弱な人はあまり見たことがない。

仕事をコロコロ変える女性は第三者に厳しめのアドバイスをもらう

あと最後にあなたが仕事をコロコロ変わるタイプの女性なら、
社会での捉えられ方(市場価値)とあなた自身の考えにギャップがあるケースが非常に多い。

第三者にあなたの現在地と転職市場のニーズを示してもらい進めていく方が確かな歩みができる。
転職エージェントのアドバイザーに面談してもらい、どのような企業、どのようなポジションからのニーズがあるのか、またないのかをあなた自身が認識した方が良い。

女性向けの転職エージェントについては2つのエージェントをおすすめしておく。

①パソナキャリア

【パソナキャリア】の利用者の口コミで最も多いのが、アドバイザーの親身な対応ぶり。
女性のアドバイザーが他のエージェントよりも多いのであなたも相談しやすいと思う。

パソナ全体で社会貢献の姿勢を突き詰めているというのもあり、転職希望者、企業の双方に細かいフォローがあり満足度が高い。

30代中盤で考えているひとで最後の転職にしたいと考える場合も満足のいくまで相談に乗ってくれる。
求人企業のメリット・デメリットからあなたの生活環境、性格、価値観など総合的に踏まえ丁寧なアドバイスを提供してくれるホスピタリティの非常に充実したエージェント。
転職エージェントを利用したことがない、また初めての転職という方も安心できる。
キャリアアドバイザーの親身で丁寧なサポート【パソナキャリア】

②doda

dodaのエージェントサービスは30代、40代にはおすすめできる。
もともとミドル求人を多く保有するのがdoda。13万件以上の求人を保有し(2019年10月現在)豊富な求人の中から案内をしてくれる。

以前はエンジニアなどの専門職が多かったが現在は営業、販売・サービス、管理部門から幅広い求人を保有するようになっている。
求人広告などには出ていない非公開求人も多いのであなたに合ったものが見つかる可能性は高い。
転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

まとめ ~仕事をコロコロ変える女性の特徴と長く続けるポイント~

長期的に価値を生みだにしくい人材にはお金をかけたがらないのが企業の本質。
こんなことは面接でも当然女性のあなたにいうことはないし、求人原稿にも書いてあることはない。

男女雇用機会均等法が施行されてから、当然男女格差のない雇用が生まれているし、
今では企業も性別に関する偏った求人原稿は出せない。

でもやはり企業の経営者、採用担当者としては、性別には大いにこだわっている。
「女性活躍中」「女性積極採用中」なんて打ち出している企業の求人でも、実際は性別での判断軸というのは明確に残っている。

●自分のキャリアプランを明確にする
●自分にしかできない仕事を創り出す姿勢を持つ
●一人暮らしで生計を立ててみる

この3点が確立すれば仕事にもしっかり向き合えるようになるだろう。
ぜひ重宝される人財になって欲しい!

それじゃ今日はここまで!
See you, mate!

The following two tabs change content below.
Kevin@キャリアアドバイザー

Kevin@キャリアアドバイザー

20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。

関連記事

営業に向いてないと思う女性の転職の【2つの道】

女性のあなたが営業の仕事をしばらくやってみたけど 「自分には向かない・・」 「思ったよりハー

記事を読む

転職が怖い、自信がないと感じた時に踏み出す方法

転職したいけど怖くて踏み出せない 転職したいけど自信もないし失敗を恐れて動けない 僕はこうい

記事を読む

ブラック企業の泥沼 辞めたい地獄(上)

僕は今でこそキャリアアドバイザーとして転職希望者に企業を紹介したり就活生に対して就活セミナーなんかを

記事を読む

就活や転職で隣のライバルに勝つために何をすべきか?

就活でも社会人の転職でもあなたが受ける企業はあなた以外にもたくさんの候補者が応募している。 あなた

記事を読む

仕事が続かないのは自分に自信が無いから?自信をつけて仕事を楽しむ方法

仕事が続かない自分の20代の頃を振り返ると、 今求職者の転職相談に乗っていて思うけどいかに自分が人

記事を読む

最後の転職にしたい30代におススメの転職エージェント4選

30代で「これを最後の転職にしたい!」と思っていろいろと準備する場合、 様々なことを自分なりに考え

記事を読む

スカウトメールの辞退や返信をいちいちする必要がない理由

転職サイトから送られてくる「スカウトメール」で失敗する人が多くいる。特に今までのキャリアに自信がない

記事を読む

30歳、社会経験なし、資格なしでも応募した4社全てから内定を取った男の思考

30歳、社会経験なし、資格なしでも応募した4社全てから内定を取った男の思考。転職活動をしてもなかなか

記事を読む

【プルデンシャル生命を辞めたい!】挫折後のキャリアを考えるポイント

プルデンシャル生命で営業として勤務しながらも、なかなかキツくて辞めたい・・・ という営業マンと今ま

記事を読む

「転職回数が多いと不利」の思い込みが転職を不利にしている

「転職回数が多いと不利」の思い込みが転職を不利にしている転職者は数多くの職歴のある人。転職回数の多い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コロナ禍で転職を考えることは失敗か?破滅に向かう【4つの行動】

コロナウイルスの蔓延で働き方やキャリアの在り方も大きく変わってきている

転職がうまくいかない女性が一気に結果を好転させる【6つの手順】

僕は今まで500名以上の女性とキャリア面談をしてきた経験があるけど、

40代女性で正社員はもう厳しい?転職における一発逆転の【思考と戦略】

40代女性の正社員を目指しての転職希望者がとても増えてきている。

【パソナキャリアは女性におススメの転職エージェント】は本当か?

パソナキャリアは女性におススメと言われるが実際のところどうなのか。

パソナキャリアは第二新卒や未経験には有効か?【業界人のリアルな意見】

社会経験の浅い第二新卒や未経験層に 転職エージェントの「パソナキャリ

→もっと見る


  • 名前:Kevin
    20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑