就活で上手くいかない人が恋愛も上手くいかない理由

転職

これまでいくつかの記事で書いているけど
就活で内定が出ない人には、その就活の中での取り組み方に大体決まったパターンがある。

簡単に言うと就活ってあなただけでなく、企業という「相手」がいる事。
独りよがりの就職活動になって企業に全くあなたを理解してもらえない場合がある。

相手の立場で行動ができてないという事。
つまり、自分が言いたい事だけ言って、やりたいことだけやってるっていうね。

これは就活以外にも当てはまる。

そう、恋愛だ。

就活って恋愛に当てはめて活動してみると実は大体上手くいく!
恋愛は普段から多くの人が身近にあるものだし、
今日はそのポイントをお伝えする。

スポンサーリンク

就活が上手くいかない人は相手のことを考えられない

就活が上手くいかない人は、もしかすると恋愛下手(異性との付き合い下手)かもわからない。

恋愛では好きな相手に自分の話したい事を
一方的に話すだけでは信頼関係は築けない。

●相手の気持ちを汲み取る
●相手に「私のこと考えてくれてる」と感じてもらう
●相手に居心地のいい環境を作る、
●相手に落ち着いてもらう
●相手にとって一番気の許せる異性になる
●相手に安心感を与える
●相手にとって見た目が印象的

この人と今後過ごしていけば
すごく楽しいだろうな・・
すごく幸せだろうな・・

といかに感じてもらえるかだ。

もう気付いたと思うけど、
これ、就活に当てはめて考えても全く同じ!
相手があなたのことを心地いいと思ってくれれば就活も恋愛も上手くいく。

 

就活が上手くいかない人の恋愛の3大パターン

love

就活が上手くいかない人には恋愛に置き換えても大体上手いかない人3大パターンがある。
あなたはどうだろうか?当てはまるようなら今のパートナーとの関係の中で少し改善してみることをおすすめする。

①就活が上手くいかない人は恋愛で自己中を存分に発揮する

相手のことを考えず
●自分の言いたいことだけを言う
●相手の都合を考えずに行動する
●口だけで約束を守らない

こういう人は相手のことを考えるクセがないから、
就活でも同じように企業が求めていることを理解しようとせず
自分勝手な自己PRばかりする。

②就活が上手くいかない人は恋愛で思い切った行動ができない

就活では時には思い切った行動が必要だ。
ハッキリと意見を言ったり、入社したいという強い気持ちを全身で表現したり、
普段取らない行動をとってアピールすることも必要になる。

就活が上手くいかない人は恋愛でも思い切った行動をとることが出来ない。

●気になる異性に連絡先がきけない
●気になる異性をはっきりとデートに誘えない
●好きという気持ちがはっきり言えない
●付き合ってほしいと思い切って伝えられない

こういう傾向のある人は自分に自信が持てない人が多い。
自信をもってアピールできない人は就活でも自信が伝わらず印象に残らない。

自分の気持ちを伝えるのはタダ。
言ってみなければ何も始まらない

③就活が上手くいかない人は恋愛での気持ちのアップダウンが激しい

就活で上手くいかない人は1社1社の選考結果にいちいち一喜一憂する。
するとモチベーションが一気に下がって次のアクションが取れなくなって行動量が下がる。

そんな人は恋愛でも上手くいくときは調子がいいけど、
何か上手くいかないことやちょっとした喧嘩をしただけで
関係ない事にもその態度が出やすい。

恋愛や異性への依存度が高い人はこうなりやすい。

実は社会人でも恋愛依存症の人は度々いるけど、
そういう人はいちいち何かあるたびに会社の中でもテンションが低かったり、
仕事のパフォーマンスに影響するから周りが関わりづらい。

就活でも同じ。
いちいち予想外の事や上手くいかないことがあっただけで気持ちを左右されると
パフォーマンスに影響するし、面接官にも伝わる。

就活が上手くいく人の恋愛の2大パターン

毎年、就活をサクサク上手く終える人を見ていると、
恋愛のパターンも大体2つ大きな特徴がある。

当然全員が全員当てはまるわけではないけど、
この2つの特徴のどちらか一方に偏っている場合が多い。

①常に彼氏・彼女がいるタイプ

いつも数ヶ月付き合ったら別れて、またすぐ新しい彼氏や彼女を見つける人がいる。

そういう人は別れた時にこう言う。
「誰かいい人いない?紹介して!」。

つまり彼氏や彼女の個人ではなく、彼氏彼女がいない状態が耐えられない人だ。
この手の人は「恋に恋してる人」だ。

恋愛ではこういうタイプは賛否両論あるかもわからないけど、
僕は恋愛評論家ではないのでここは語れない(笑)

でも就活に限って言うとこういうタイプは

●いつ、誰に対しても自分の魅力をアピールできる
●相手が喜ぶことをピンポイントで与えられる
●付き合ってみたらもっといいところみつかるかもという前向きさ

を持ち合わせている。

就活でも全く同じでどの企業にも自分の魅力がアピールできて
企業が求める人物像を直感的に理解してPRができて
企業のいいところをどんどん見つけようとする姿勢を持っている

そんな人だ。

②一人の異性と長く付き合うタイプ

もう一方で付き合い始めると結構長いパターンの人がいる。

一旦付き合うと1~2年以上は付き合ったり、
別れたと思うとしばらくフリーの時間があったりする人だ。

相手が本当に魅力的で尊敬できる人の場合に付き合うという選択肢が生まれる。

このタイプの人は

●相手の事を深く考える
●自分自身の判断基準を持っている
●適切な距離感を保ってお互い気持ちの良い関係を築く

人だ。

就活も全くこの思考と行動を持ち合わせている為、
就活の軸がぶれにくい。

だから戦略的に企業にPRができて
担当者にも安心感を与えやすい。

就活が上手くいく人は「活躍してくれそう」、恋愛がうまくいく人は「楽しませてくれそう」

就活も恋愛も究極は

就活なら「活躍してくれそう」
恋愛なら「楽しませてくれそう」「幸せにしてくれそう」

と相手に思わせること。

その為のメカニズムは就活も恋愛も全く一緒だという事。

就活が上手くいく人の恋愛は

①常に彼氏・彼女がいるタイプ
②一人の女性と長く付き合うタイプ

だと書いたけど、逆に言うと
このどちらにも当てはまらないという場合は
自分なりの異性との付き合い方が確立されてないという事

そういう場合は就活でも迷いが出たり、
思い切った行動ができず印象に残らない候補者になって見送りというケースに陥りやすい。

就活の勉強もそうだが、異性関係においてもぜひ自分の立ち回り方を意識してみてほしい。

まとめ ~就活で上手くいかない人が恋愛も上手くいかない理由~

就活が上手くいかない人の恋愛3大パターン
●異性に対して自己中を存分に発揮する
●異性に対して思い切った行動がとれない
●異性の事で気持ちのアップダウンが激しい

就活が上手くいく人の恋愛タイプ
①常に彼氏・彼女がいるタイプ
②一人の女性と長く付き合うタイプ

恋愛のパターンが知らず知らずのうちに
就活でも出てきていて、それが結果に繋がってる場合が多い。

ぜひ一度自分の恋愛パターンと比べてもらって
就活にも活かしてほしい!

今日はここまで!!