就活のメールの返信で気を付けるべき【5つのルール】

公開日: : 最終更新日:2020/02/02 就職活動 ,

就活では企業の担当者とメールで連絡をする機会が多々ある。

メールのマナーは就活でなく社会人となった後に取引先と交わすときもそうだけど、
とにかくメールの打ち方一つで本当に仕事の成果が変わる。

メールの打ち方で相手に与える印象が全く違うからね。

就活では特にこの正しいメールの打ち方を知らないばかりに
社会人である人事担当者に悪印象を与えている学生がむちゃくちゃ多い!

学生向けのセミナーをやったり、学生の就活相談に乗るときもあるけど
その後にメールでやり取りをする時に、「この子は残念だな・・」と思う事は結構多い。

ビジネスメールのルールやマナーを語りだすと日本ではいろいろ堅苦しいことが多いけど
(アメリカ人のビジネスメールとかは結構テキトー。)

特に気を付けたい5つのルールだけは把握しておいてほしい。

ルール①:メールの件名は必ず明記する

ID-100100858

メールの件名が全くないメールもある。
多くの社会人は日々何十通、
人によっては百通以上のメールに目を通している。

メールの件名で重要度や緊急度を判断

ほとんどの人がメールの件名で重要度や緊急度を判断してメールを読んでいる。
件名が書いてないことは言語道断だ。

その他メールの件名が「ありがとうございました」とか「会社説明会」など、
それだけではよくわからないものもある。

例えば面接の御礼ならば
「【面接の御礼】〇〇大学〇〇学部 山田太郎」、

急な欠席等の連絡であれば
「【会社説明会欠席のご連絡】〇〇大学〇〇学部 山田太郎」

と言うように一目見て分かる件名づくりを心がけよう。

ルール②:メールはまず宛名から!冒頭からいきなり文章はダメ

メールの本文をいきなり書き出す学生がいる。これもアウトだ。
メールマナーはまず差し出す相手の会社、所属、名前を性格に記入する。

〇〇商事株式会社
〇〇部
山田 一郎 様

というように改行をしっかり行い、
誰あてに送っているのかを明記する事。

最初は挨拶を記載しよう。
宛名を書いた後に簡単な自己紹介と挨拶から入り本題に入ろう。

また冒頭に少し挨拶をする事がポイントだ。
メールを送信する相手と自分の間でしかできない共通の話題等に触れられると良いよね。

説明会の御礼を送るのであれば

「〇〇大学〇〇学部の〇〇と申します。本日の説明会では〇〇様の入社後のエピソードを聞く事が出来、自分と似たタイプだと感じてすごく印象に残りました。」

と言うように業務的でなくあなたにしかかけない一文を入れる
相手も読んでいて心地よい。

自分が逆の立場ならどう思うだろうか?考えてみよう。

ルール③:メール文章は適宜改行を入れる!ダラダラ文章はダメ!

これは学生のメールで最も多い気がする。
改行を全くしない学生が多い。

メールの文章はただ書くだけではダメ!
しっかり文節で区切って改行して読みやすいメールを心がける事は大事だ。
一度自分でもいろんなメールを読んでみると良いと思うけど改行がされていないとつらつら目を追うのが疲れる。

つまり読む相手に取っての配慮がなされていないと捉えられる。

相手の事を勘案できないメールってのは営業、販売、サービス業などには致命的だよね。
ちゃんと改行して読みやすいかどうかを確認してから送信しよう。

また、質問や伝えたい事がいくつかある場合はそれらを箇条書きに出来るとなおよし!

「今回はお伺いしたい事が三点ございます。

①・・・・・
②・・・・・
③・・・・・

以上についてご回答いただきたくご連絡させていただきました。」

という書き方が出来ればGOOD。

ルール④:24時間以内にメールの返信を行う

これは社会人でもいるけど、致命的だね。
仕事ができない人の典型だ。

メールは24時間以内に返信しておくのがマナーであり常識。

特に今はスマホと同期してフリーメールやプロバイダのメールを
リアルタイムで確認できる状況を作りやすい。

メール見てませんでした、まだ確認してませんなんて言い訳は徐々に出来なくなってきているしね。

メールは出来るだけすぐに確認できるような状況を作っておいて
時間のある時に出来る限りすぐ返信する事を心がけよう。

レスポンスの速さはビジネスの印象では非常に需要!

ルール⑤:メールをスマホからでもPCと同じように丁寧に送る

就活で使うメールはもちろん、ビジネスメールはできればPCから送信したいところ。
最近はビジネスシーンでもスマホからメールをやり取りするケースも非常に増えているので、
一時昔のようにPCでないとダメという事はない。

しかしショートメールやLINEでやり取りしているように雑に返してしまう事はNGだ。

スマホから返信する時もパソコンを使う時同様できるだけ丁寧に対応しよう。
特にスマホからのメールだと署名など設定してなかったりもするので
そのあたりの環境を整えておけばスマホからの返信でも問題ない。

むしろ今はそのくらいの迅速性があったほうが仕事でも閊えるイメージを付けてもらいやすい。

スマホでメールを送信したとしても上記4つのポイントを押さえた上で文末には必ず署名を付けておくようにしよう

⇩⇩⇩

*******************

〇〇大学〇〇学部
〇〇 〇〇(氏名)

TEL / 080-××××-××××
Email / ××××××××@××××.jp

*******************

と言う具合に。

まとめ ~就活のメールの返信で気を付けるべき【5つのルール】~

就活のメールで守っていきたい基本的なルールは以上の5点。

●メールの件名が明記する
●メールの冒頭はまず宛名から!いきなり文章はダメ
●メールの文章は適宜改行を入れる!ダラダラ文章を続けるのはダメ
●24時間以内に必ず返信する
●メールをスマホからでも丁寧に送る

その他上げればきりがないけど、就活を進めるにあたっては最低でも
上記の5パターンは最低限守って好印象を与えられるようにしたいね。

今日はここまで!
See you mate!

The following two tabs change content below.
Kevin@キャリアアドバイザー

Kevin@キャリアアドバイザー

20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。

関連記事

志望度の低い会社の新卒選考を受けることは意味があるのか?

就活が始まると得意にナビでエントリーした数や説明会に参加した数をやたら前に出したがる学生が出てくる。

記事を読む

無名大学の学生が超人気難関企業から内定を取る方法

無名大学の学生が超人気難関企業から内定を取る方法 マスコミ、広告、旅行・・  

記事を読む

就活で将来の夢やビジョンがある人と無い人は何が違うのか?

「夢」や「ビジョン」という言葉を よく使う人とあまり使わない人がいる。  実はリアルに就活生

記事を読む

自己PRで「行動力」と「継続力」を完璧にアピールする方法

これまで2000人以上の就活生と300人以上の転職希望者の就活支援をしてきて思うのが 自己PRが自

記事を読む

面接で変化球質問に答えられない時の対処法

就活や転職の面接で予想通りの直球質問が来たときに「用意」はできていても、 変化球で来た時に全く答え

記事を読む

就活をあきらめる前に【結果を劇的に変える思考】と【4つのポイント】

就活や転職でなかなか懇意の会社から内定が出ず、 どれだけ受けても受けてもお祈りメールばかりが届いて

記事を読む

エントリーシート(ES)の自己PRが書けない時は3つの型で決まり!【具体例付き】

エントリーシート(ES)で自己PRが上手く書けずに悩む就活生は多い。 また自分では上手く自己P

記事を読む

就活の企業選びの軸を決める2つのポイント

就活生のカウンセリングで就活生から 企業選びに迷っているという相談を受けることがとても多い。

記事を読む

秋になっても内定がでない就活生についてこう思う

先日ある就職情報会社の合同企業説明会で講演していた時の事。9月という事もあり、なかなか出展企業も多く

記事を読む

「コミュニケーション能力が強み!」の自己PRがダメな3つの理由と対策

就活、転職における自己PR。 履歴書、職務経歴書、就活生はエントリーシート(ES)、面接・・・

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コロナ禍で転職を考えることは失敗か?破滅に向かう【4つの行動】

コロナウイルスの蔓延で働き方やキャリアの在り方も大きく変わってきている

転職がうまくいかない女性が一気に結果を好転させる【6つの手順】

僕は今まで500名以上の女性とキャリア面談をしてきた経験があるけど、

40代女性で正社員はもう厳しい?転職における一発逆転の【思考と戦略】

40代女性の正社員を目指しての転職希望者がとても増えてきている。

【パソナキャリアは女性におススメの転職エージェント】は本当か?

パソナキャリアは女性におススメと言われるが実際のところどうなのか。

パソナキャリアは第二新卒や未経験には有効か?【業界人のリアルな意見】

社会経験の浅い第二新卒や未経験層に 転職エージェントの「パソナキャリ

→もっと見る


  • 名前:Kevin
    20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑