営業職や人材業界の志望動機で確実にズッコケるパターンとは?

営業職、人材業界を志望する学生は毎年とても多い。
今日は自己PR、面接でよくある話。

しかし営業職や人材業界を志望する人のその志望動機がみんな浅いこと浅いこと。
今回は営業職、人材業界を志望するあなたが効果的な志望動機の伝え方をお伝えする。

営業職や人材業界の志望動機は人事は聞き飽きている

営業職、人材業界を志望している人に

「私は人と接する事が好きで営業職を希望します!」
「人と関わるのが好きで人材業界を志望しました!」

という人がいる。

結論から言うとこれ、確実にズッコケるパターン。
内容が浅すぎる。 

もちろん悪いことではないけどそれがアピールになっていると勘違いしている人が多いんだよね。 

「人と接するのが好き」というのは正直言って何のアピールにもならない。

なぜかと言うと、人と接するのはどんな業界でもどんな職種でも必要な事で、志望者はみんなそう思っているから。
他の志望者と違う点が必要になってくるんだよね。

人材業界の営業職の選考で「人と接するのは嫌いです」と言って内定を得た学生

非常に面白いエピソードがある。
以前取引先の人材系企業の人事部長と話した時の事。

営業を志望した学生で「人と接するのは嫌いです。」と言った学生に即内定を出した事があると言う話を聞いた。
人が好きだから「人材業界」「営業」という大多数の就活生が多い中で非常に印象に残る学生だ。

なぜ採用をしたかというと
「人と接するのは嫌いです。でものし上りたいです。結果を出せばそのチャンスが御社にあると感じ志望しました」
という志望理由がポイントだったそう。

ここで企業にアピール出来たのが

・素直さ
・ポテンシャルの高さ
・意外性
・営業としての適性

など他の志望者に比べてかなり印象は高いものだった。

人事担当や面接官も何十人、何百人と関わる訳だから、似たような話ばかり聞くのは退屈な訳だよね。
この子は面白い!とどこで思わせるか考えてみよう。

営業職や人材業界は志望動機うんぬんより【素直さ】が一番響く

人事担当や面接官には特に新卒採用で学生をとる場合は、
「いかに自分がデキるか」
「いかにきれいな志望動機か」
という事を考えすぎてアピールをしてもあまり意味がない。

社会での実績がない訳だから話半分だ。

最も大事にしているところは

素直さ、潜在能力、適性

参考記事①:自己PRで素直さをアピールする3つの方法
参考記事②:成功したい人に必要な2種類の「素直さ」とは?

本当に何を考えているのだろうか?
本当は何がしたいのだろうか?
本当は何を望んでいるんだろうか?

そういうあなたの本当の部分を見抜こうとする。
どれだけ美辞麗句を並べても意味はない。

「人と接するのは正直嫌いです。でものし上がりたい!」

という素直で強い思い、こういうのが非常に面接官には響くわけだ。
ちょっとした弱みとか苦手を先に出しておく事も良い。

思いの強さというのはこういうところで伝わるんだよね。
決してマニュアル本のテクニックとか成功事例じゃない。
ぜひ素直な自分と向きあってみてほしい。

The following two tabs change content below.
Kevin@キャリアアドバイザー

Kevin@キャリアアドバイザー

20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。

関連記事

最終面接で落ちる人が確実に結果を出すの3つの奥義

第一志望の最終面接、絶対に受かりたいけど心配でしょうがない・・・ いつも最終面接で落ちる・・・

記事を読む

褒め上手な学生が就活で成功する理由

褒め上手な学生が就活で成功する理由 先日の記事で16卒×15卒×社会人の 交流会に参加した記事を

記事を読む

会社選びで本当に成長する会社を見極める方法

会社選びで本当に成長する会社を見極める方法 会社選びに時間をかける人は多い。   そりゃそ

記事を読む

自己PRで素直さをアピールする3つの方法

いつも企業の採用担当者にどんな若手が欲しいかと聞くと、 大概決まって返ってくる答えがある。 「素直

記事を読む

就活の企業選びの軸を決める2つのポイント

就活生のカウンセリングで就活生から 企業選びに迷っているという相談を受けることがとても多い。

記事を読む

就活で「普段着でお越しください」に困った時の考え方

最近、説明会や面談会など「普段着でお越しください」というようなアナウンスが出る会社説明会や面談会が多

記事を読む

講演やセミナーに出たあとで実際に結果を出す方法

講演やセミナーに出たあとで実際に結果を出す方法 就活に限らずの話だけど、 近年多くの学生が勉強熱

記事を読む

勉強が嫌いなあなたでも就活でトップ内定者になれる話

就活を始める前から 訳もなく自信をなくす人は結構いる。   大学受験もダメだ

記事を読む

就活のメールの返信で気を付けるべき【5つのルール】

就活では企業の担当者とメールで連絡をする機会が多々ある。 メールのマナーは就活でなく社会人とな

記事を読む

面接官を惹き付ける、深い話ができる学生と浅い話しかできない学生。

今もいろんな学生と話していて、ちょくちょく聞く話。「将来は海外で働いてみたいんです!」「誰からも必要

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コロナ禍で転職を考えることは失敗か?破滅に向かう【4つの行動】

コロナウイルスの蔓延で働き方やキャリアの在り方も大きく変わってきている

転職がうまくいかない女性が一気に結果を好転させる【6つの手順】

僕は今まで500名以上の女性とキャリア面談をしてきた経験があるけど、

40代女性で正社員はもう厳しい?転職における一発逆転の【思考と戦略】

40代女性の正社員を目指しての転職希望者がとても増えてきている。

【パソナキャリアは女性におススメの転職エージェント】は本当か?

パソナキャリアは女性におススメと言われるが実際のところどうなのか。

パソナキャリアは第二新卒や未経験には有効か?【業界人のリアルな意見】

社会経験の浅い第二新卒や未経験層に 転職エージェントの「パソナキャリ

→もっと見る


  • 名前:Kevin
    20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑