給料が安くて結婚できない人が1年で結婚に行きつく適切な手順

20代の転職

この給料じゃ結婚できない・・・

いつまでたってもこの給料では話にならない

すぐに今のパートナーと結婚したいけど給料が・・

20代の後半くらいになってくると今後の結婚生活や子供との生活を見据えて自分の今の仕事を見つめ直す人も多い。しかし未だ見ぬ結婚生活というものが実際どうなもんなのか分からない状態で今の収入にとめどない不安を感じてしまう人も多い。

これまで転職相談に乗った人で結婚を見据えて現状に不満や不安を抱える人に対してのコンサルティングの経験をもとに、できるだけ早くに収入を上げて結婚まで1年でまで漕ぎ着ける方法を辛口キャリアコンサルタントがお伝えする。

スポンサーリンク

「給料が安くて結婚できない」はそもそも本当か?

あなたが今どのくらいの年収があるかはわからないけど、まず単刀直入に、あなたとパートナーの収入を合わせて世帯収入で500万程度あれば結婚生活は十分できる。

ただしこれはちゃんと浪費グセがなく節制ができたり、物欲もさほど強くない夫婦であればという話。車を複数台持ったり、海外旅行に何回も出かけたりする場合はこの限りではないけど、500万の世帯年収があれば一般的な住生活、食生活を送れると思う。まあただこういうデータは集めてるわけではないので、〇クシィでも見てチェックしてもらいたい。

一応、500万あればというのはあくまで多くの求職者の状況を聞いたり判断になる。根拠は僕も結婚している身だけど、そんな大きな贅沢もせず400~500万の中で生活自体の出費は収まっているという事。そこから余っている分は貯蓄、投資に投下し、趣味やたまのちょっとした贅沢にも使える分は十分にある。

あなたの年収が300万くらい(月の手取り20万)の場合、パートナーが200万(月の手取り14~15万)程度の収入があれば贅沢しない結婚生活は送れると思う。

子どもができると母親がしばらく働けなくなったり、片方の収入でやりくりする必要が出てくるからそれなりに必要になってくる。

安い給料を最短で上げて結婚までこぎつける5つの手順

結婚という言葉が頭の中に浮かんで来たら、やはりまず確認すべきことや進めるべきことの手順を
しっかり追って確認、実行していこう。

①会社の規定や手当を確認する

所要時間:1~2日

まずは誰でもすぐにでもできることで、会社の就業規則をしっかり確認することからがスタート。

結婚すると会社によっては配偶者の手当や家族手当等が支給される規定もある。まずは会社の規定を確認して結婚後にどういったものが支給されるかを確認しよう。例えば出産などがあると、あなたの会社が加入してる保険の組合によって出産時の手当がしっかりついたりする保険組合もある。実家暮らしの人は結婚して独立生計になると住宅手当もついたりする場合もある。

そういった手当など会社の制度をハッキリ理解せずに今の自分の給与だけで計算するとそのあたりは現実が遠く感じてしまう場合もある。

②基本給が上がるよう交渉する

所要時間:1~6か月

まずは何をおいても今の仕事を続けていきたいと思っているのなら、基本給のベースアップを交渉することは必要だろう。給与交渉はあなたが勤務態度が良好であるという事が前提でうまく話す必要がある。

ただ「結婚する(したい)から給与上げてほしい」という交渉の仕方は×。これではあなたを雇う会社としてのメリットが何もない。あくまで「自分の給与を上げることが会社のメリットになりますよ」、というニュアンスでの伝え方をしないといけない。

「これからここまでの仕事をするので○○円上げてほしい」

という言い方。自分がやっている仕事以外の仕事も進んで受け入れる姿勢を持つべきだ。そうは言っても先に給与を上げることは嫌がられる場合が多いから、「先3ヶ月でそこまでの仕事をしてみるので、それができたら3か月後から上げてほしい」という準備も必要だろう。

また労働時間を増やすことはあまりお勧めしないが「今まで休日の日に出勤して稼がしてほしい」というのも一つ。給与交渉については別記事でも詳細を書いたのでご参照あれ。

人情味ある経営者や幹部には結婚を見据えた収入アップの直談判するのもあり!

大企業だとなかなか難しいが、数百人レベルの中小企業までならあなたがしっかり会社の業務に貢献している実績さえあれば幹部や社長に直接頼み込むのもあり。

結婚して仕事もしっかり頑張りたいがこのままでは少し生活に支障があるので給料を上げてほしい!
このようにストレートに頼めば、あなたに今後もしっかり頑張ってもらいたい会社は少しは応じてくれる余地はある。これははっきり言って「言ってみるだけ」の話。ひとこと言えるか言えないかで大きく収入が変わることになる。ぜひ勇気をもって伝えてみよう。人情味のある年輩の経営者や幹部は、あなたの意気込みを感じて上げてくれるケースもちょくちょくある。

③インセンティブをつけてもらう

所要時間:1~6か月

なかなか大手企業だと難しいものの、中小企業なら一番手っ取り早い方法がこれ。あなたが成果を出した売上、利益、こなした仕事の量によってインセンティブを設定してもらう事。会社として給与制度にインセンティブ、成果報酬の規定があるようならその内容をまず確認した方が良い。

インセンティブというと営業職や販売職に対して適応するイメージが強いけど営業的な要素のない仕事でもあなたの仕事によって売上や利益に繋がったらそれをインセンティブとしてつけてもらうように進言することもできる。

営業職や販売職なら売上や利益を直接もたらす生産部門になるし成果が見えやすいからインセンティブ設定をしやすいけど、それ以外の非生産部門であなたが勤務していたとしても、「売上・利益につながるこういう仕事をしたいから成果が出たら付けてほしい」という事を進言できる。

会社としては売上や利益につながる仕事をしてくれたら当然ありがたい。営業や販売の仕事でなくても、あなたの発案や行動が100万円の利益をもたらしたら5万、10万くらいのインセンティブを支払う事なんてたやすい。

もしくはコストカットや仕事の効率化の観点で設定してもらうのも良い。

「社内のコストを●%カットしたら」
「社内の残業時間を●時間削減したら」
「原価を●%削減したら」

みたいなことでも良い。

ここまでの①~③を実践してみて見通しが立たなければ、以下の④、⑤を進めることが良いだろう。

④副業をする

所要時間:3か月~1年

現職でなかなか給与アップが望めなければ副業で収入を安定化させることだろう。副業も様々なものがあるし、自分に合ったものを検討するべきだ。ただ本職がある中での副業なのでできるだけ休みを無くすような働き方をバリバリやってしまうと結婚後に大変になるし、心身の余裕がなくなるのでできるだけ避けた方がいい。

今はパソコン一つあれば十分な収入も稼げたり出来るので、最初は時間がかかっても後々資産になっていくようなものがいい。

⑤転職をする

所要時間:3か月~1年

現在の会社で給与のアップや処遇改善が望めなかったら転職に気持ちを移すべきだ。やはり自分の思い描く生活が実現していれば人生の満足度は高くなる。自分の満足のいく仕事内容、環境を手に入れ十分な収入を確保して仕事以外の生活も満たされればより仕事の満足度や生産性も上がる

転職の手順はいくつかあるし、参考までに下記に記載しておくけど、
やはり一番間違いないのは転職エージェントを利用することだ。

転職サイトで探す

転職サイトには様々な求人が載っていて手軽に応募できるが、同様に多くの求職者が手軽に応募できるため非常に競争も激しいし、最初はサイト上に登録したあなたの情報で初動判断される場合が多いので、面接までたどり着きづらい傾向がある。

特に転職回数が少し多かったり、社会経験が浅かったりすると選ばれにくい点がある。しかし自分で様々な求人サイトで多くの求人を見れるのは魅力だ。一つ注意しないといけないのが、求人原稿の内容を見ていいこと書いてあるなと思っていても実態とはかけ離れている場合があるという事。

基本的にはあなたのような転職希望者からのエントリーを促してなんぼというのが求人広告だから
本当のところはHPをしっかり見たり、口コミサイト等で実態を確認しておこう。

転職エージェントで探す

転職エージェントがおすすめなのはやはり仕事をしていて忙しいあなたの代わりに動いてくれるという事。つまりあなたの代理人として様々な会社と交渉してくれる。一度エージェントの担当者と面談してあなたの希望や経験を伝えておけばそれに合致する求人をいくつも紹介してくれる。

あなたが応募を希望すれば代わりに面接調整や条件交渉もしてくれるし、何よりしっかりあなたのことをプッシュしてくれるから最初の面接まで行きつきやすい。電飾エージェントのおすすめを以下に記載しておくので転職を視野に入れる場合はぜひ登録してみよう。

20代のキャリアがまだ浅い場合のおススメの転職エージェント

20代のキャリアがまだ浅い場合(経験があまり主張できない場合)
第二新卒AGENTneo
キャリアスタート
マイナビジョブ20's
20代で比較的キャリアが浅い場合、第二新卒AGENTneoキャリアスタートマイナビジョブ20'sなどに登録して求人の紹介を受けよう。今の環境を1週間で辞めるという場合、多くの人が自分自身のキャリアの方向性が定まっていない。そんなあなたにはこの3つのエージェントならこれからの方向性や可能性を慎重に考えた上で適切な求人を示してくれる。
もう次は簡単に転職を繰り返したくないという場合はしっかりまずはアドバイザーの面談を受けてみよう。

20代後半~30代以降のキャリアの場合(一定分野で3年以上のキャリアが主張できる場合)

20代後半~30代以降のキャリア層の場合(一定分野で3年以上のキャリアが主張できる場合)
doda
リクルートエージェント
マイナビエージェント
20代後半~30代以上のキャリア層なら大手のリクルートエージェントdodaに登録すれば豊富な求人情報数の中から自分自身のキャリアに合ったものを選んでくれる。
これらのエージェントはやはり求人数が多いのでたくさんの可能性を見出すことができるのが一番のポイント。同業界でなくてもそのスキルや経験が活かせる思いもよらない会社や業界にも目を向けることができる。
※女性の場合は以下にも登録しておくとよい。
パソナキャリア

女性なら女性アドバイザーも多く、親切さが他に比べて突出しているパソナキャリアに登録しておくと安心だ。特にまだ転職エージェントを使ったことないとか、転職が初めてという場合にはびっくりするくらい丁寧な対応をしてくれるので安心できるのもポイント。

上記の中から2~3社並行して進めていくとよい。

結婚に向けて安い給料を上げるも転職するのも相応な社会人レベルは必要

まあいろいろ話してきてもこれが前提になるけど、給料を上げてもらうのも、転職して希望の条件にありつくのもあなたが相応の社会人レベルを持っていた場合だけということ。

報連相がしっかりできる、時間・約束がしっかり守れる、周りの人から信頼されるなど、社会人として最低限のモラルを守った中での行動ができる場合に今まで述べてきたことは活きるという事。

その点自己評価になってしまうが以下のことをチェックしてあなたが今の会社で給料を上げたり、転職して収入を増やすことのできる前提条件があるかチェックしてほしい。

●上司への報告・連絡・相談が毎日的確にできている
●遅刻、欠勤をしていない
●仕事の期限を守る
●周りの人と分け隔てなくコミニュケーションが取れる
●一定の顧客評価を得ている

こういったことができていないといくら成果を出していても印象が悪くマイナスのバイアスがかかった状態での交渉になるからその実現が図りにくい。上記のような社会人としての最低限の姿勢は維持するようにしよう。

まとめ ~給料が安くて結婚できない人が1年で結婚に行きつく適切な手順~

●まずは結婚生活に必要な収入を知る

●給料し・収入を上げる手順は5つ
①まず会社の規定や手当をしっかり確認して何がもらえて、もらえないのかを把握
②給料を上げてもらうよう交渉する
③インセンティブを付けてもらう
④副業をする
⑤転職をする

●何をするにしても社会人としてのモラルを持った最低限の仕事ぶりは必要

一つ一つ順に進めていけば半年くらいで何かの変化は生まれ、1年後には結婚を決断できると思う。
まあ相手がある話なのであなたにパートナーがその時にいるという前提にはなるけど。

是非参考にしてほしいと思う。
今日はここまで!
See you mate.