すこぶる安い給料から劇的に給料を上げる思考

公開日: : 最終更新日:2019/12/16 給与・待遇, 営業・販売職, ビジネススキル・学習 ,

給料が安い!そう嘆く転職希望者は多くいる。

日々転職希望者と面談していても、
転職理由の根っこはやはり給与が安いという点に行き着く人が5割以上だと。

給料が高ければ今の仕事を続けられるのか?という話にもなるし、
じゃ今の環境で給料を上げる努力をしたのか?と問うとそこまでやりきってない人が多い。
給料を上げるための考え方ははっきりいって1つしかない。

給料の安さを嘆く前に10倍の価値を提供しているか?

「今の給料の10倍の価値を毎月会社に提供していると思いますか?」
給料が安いことを理由に転職を考えている人にこの質問を投げかけると、大概答えはNO。

給料は「あなたがもらう」のではなく、「会社(経営者)があなたに与える」と考えるべきだ。

これは自分もコロコロ転職をしてきた20代の頃は、そんな意識は全く持てなかった。
でも30歳にもなるとこの意識は持つべきだ。
もう会社に生かされる年齢でもないし、あなた自身が何かしらの価値を提供しないといけない年齢だからだ。

世の中何でも、何もないところに望むものは降りてこない。
あなたが価値を発揮するからこそ、生まれるものだと思う。

給料の安さ=社会への価値提供の低さ

じゃ「価値」って何か?
「価値」=「会社の期待値以上に成果を残す、役に立つ」ということだ。

例えばあなたが営業職で基本給が25万円だったとする。
その25万円という金額はなぜ25万円かというと、
給料を決める経営者が大体これくらいの働きをしてこれくらいの成果を残してくれると
25万円くらいかなというおおよそのイメージを持っている。

そのイメージの範囲内でほどほどにやっていたら25万円で妥当と思われるわけだ。
ちなみに言っておくと昔ながらの年功序列の風土が残っている会社は年齢とともに上がっていくところもあるから
当てはまらない場合もあるけど、今後はそういう日本的な文化は無くなっていくからね、間違いなく。

すると今の25万円の給料からそれを劇的にあげようとすると
あなたは毎月250万円分の価値を会社に提供しなければならない。

会社や経営者は基本的に数字での判断になるから、

●営業であれば今の売上の10倍売上げる
●内勤であればコストを1/10に下げる
●人事であればより生産性のある人材を採用して業績を10倍上げる

などという位置を目指さないと、劇的な改善はない。

給料を上げたいなら文句を言う前に考えて、考えて、考える

今の売上を10倍にするなんて無理
今のコストから1/10に削るなんて絶対無理!
いい人材を採用して業績を10倍に上げるなんてそんなにすぐいい人材が採用できるわけないだろー!

という思考になると給料の上がらないパターンになる。

当然それができない理由は言い出せばたくさん出てくると思う。できない理由は誰にでも語れる。
できる方法を探すというポジティブな思考にならない限り、残念ながらあなたの給料は上がることはない。
価値を提供していないのだからね。

突拍子もない成果を出す方法を必死で考えて、それ以上に考えて、考え抜いて試行錯誤するしかない。

営業が今の売上を10倍にするためにはどうしたらいいか?
おそらく今のやり方をスピードと効率を10倍に高めてやっても売上は10倍にはならないだろうね。
内勤がコストを削って削って削りまくっても今の1/10にはならないだろうね。

でも最悪2倍や3倍にはなるかもわからない。

突き抜けた成果を出して給料を一気に上げたい場合は仕組みを変えること

そう、考えることは「仕組み」自体を改善していくことだ。

今のやり方、進め方に疑問符を投げかけて
会社の中で新しいやり方を見つけたり挑戦をして行くこと。
これに尽きる。

会社に新しい風をどんどん吹かせていき、
新しい成果の出し方を考えて行く動きができないと、
劇的に給与を上げることは難しい。

普段忙しく仕事をしていると目の前の仕事に精一杯になって、どれだけ頑張って成果が少し上がっても
給料は上がらないという状況に陥っている人がほとんどだ。
頭を使って成果を出していこう。

給料を劇的に上げるために成果を10倍にするにはゼロベース思考!

現状のシステム、やり方に乗っかっている人はそれほど給料は上がらない。
給料を劇的に上げるためにまず成果を10倍出すには現状を一旦ゼロベースで考えた方がいい。

あなたが営業職で売上を10倍にしようと思うと、
今の行動量やスピードを10倍にしても追いつかないのは先にも述べた通り。
そもそも1の行動で1の成果が上がってたのを1の行動で2、3、4の成果が上がるようにしていかなければならない。

常に現状のやり方、システム、ルールを否定してみる

例えばテレアポ→訪問で自社のサービスを販売しているのなら、
そもそもテレアポから入るべきなのか?
DMじゃダメなのか?
DMでも直接メール便がいいのか?FAXがいいのか?
無料セミナーをやって見込み客を集めて、
そのセミナーのバックエンドとして自社のサービスは売れないか?

というように新しい仕組みを作って行くことを考えないと劇的なインパクトは残せない。

ゼロベース思考とは
今のやり方、システム、ルールがなかったとしたら
今のやり方、システム、ルールをもう一度取り入れますか?
って話だ。

NOなら違うやり方、システム、ルールの検討の余地がある。
今と同じやり方でより努力をしても給料が上がったとしてもたかがしれている。

あなたのゼロベース思考によって会社にとって新しい手法で売上向上、コスト削減、社内業務の効率化につながっていく、
それがあなたの価値だ。

昇進昇格とか昇給というのはこの考えが基本だと僕は思っている。
ちなみに給料交渉については別記事でも解説している。
給料アップを効果的に実現する交渉術の全て

会社以上に社会に貢献してるという意識

それとあともう一つ。
会社に10倍の貢献をするということに加えて、あなたはこの世の中に貢献しているという意識を持って欲しい。
これは今僕自身は強く持っていて、キャリアアドバイザーとして多くの方と企業の橋渡しをすることで、
社会が活性化したり、その企業の業績アップにつながったり、世の中の経済を動かしているくらいの気持ちを持ってやっている。

あなたの仕事は世の中にインパクトを与えている。
あなたは今後この世の中をどうしていきたい?この世の中にどんな価値を創出していきたい?
そういうスケールで考えを持って是非給料をあげて欲しいね。

ここでしか言えないけど、目の前でできる仕事しかしてないのに
「給料をなかなかあげてくれないので転職を考えてます。」
という求職者にははっきり言ってうんざりしている。

もっと大きいスケールで大きな未来を描いて欲しい。

The following two tabs change content below.
Kevin@キャリアアドバイザー

Kevin@キャリアアドバイザー

20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。

関連記事

給料が安くて結婚できない人が1年で結婚に行きつく適切な手順

20代の後半くらいになってくると結婚生活や子供との生活を見据えて自分の今の仕事を見つめ直す人も多い。

記事を読む

頑張っても給料が上がらない時に持つべきたった1つの思考

よく転職面談させてもらう20~30代の営業職の人の転職理由に 成果(売上)を出しているのに給与に反

記事を読む

【仕事でやる気が出ない】30代の為の7つのモチベーション回復術

「仕事で全くやる気が出ない」 「会社に行っても面白くない」 社会人になって10年近くになって

記事を読む

営業に向いてないと思う女性の転職の【2つの道】

女性のあなたが営業の仕事をしばらくやってみたけど 「自分には向かない・・」 「思ったよりハー

記事を読む

就活や転職で隣のライバルに勝つために何をすべきか?

就活でも社会人の転職でもあなたが受ける企業はあなた以外にもたくさんの候補者が応募している。 あなた

記事を読む

立てた目標を確実に達成させる方法

立てた目標を確実に達成させる方法 2015年がスタートして 早いものでもう2週間あまり。

記事を読む

やりたくない仕事への転職が本当のキャリアアップを実現させる

やりたくない仕事への転職が本当のキャリアアップを実現させる転職者の転職理由に多いのが「今の仕事がやり

記事を読む

同業他社への転職はなぜ失敗するのか?【失敗しない3つのポイント】

転職を考えた時、まず同業他社というのが頭に浮かぶケースが多い。 当然業界のことわかってるし各社の立

記事を読む

就活でも人生でも立派に生き抜く方法

就活でも人生でも抜群の結果を残す方法 あなたは 恐竜が絶滅した理由を知ってる?  

記事を読む

講演やセミナーに出たあとで実際に結果を出す方法

講演やセミナーに出たあとで実際に結果を出す方法 就活に限らずの話だけど、 近年多くの学生が勉強熱

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コロナ禍で転職を考えることは失敗か?破滅に向かう【4つの行動】

コロナウイルスの蔓延で働き方やキャリアの在り方も大きく変わってきている

転職がうまくいかない女性が一気に結果を好転させる【6つの手順】

僕は今まで500名以上の女性とキャリア面談をしてきた経験があるけど、

40代女性で正社員はもう厳しい?転職における一発逆転の【思考と戦略】

40代女性の正社員を目指しての転職希望者がとても増えてきている。

【パソナキャリアは女性におススメの転職エージェント】は本当か?

パソナキャリアは女性におススメと言われるが実際のところどうなのか。

パソナキャリアは第二新卒や未経験には有効か?【業界人のリアルな意見】

社会経験の浅い第二新卒や未経験層に 転職エージェントの「パソナキャリ

→もっと見る


  • 名前:Kevin
    20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑