「仕事を続ける自信がない!」辞めるか続けるかを測る【5つのチェック】

仕事を続けるにつれて、だんだんと今の仕事を続ける自信がなくなってくると、

・今辞めてもいいのだろうか・・
・次の転職が決まるのだろうか・・
・また転職を繰り返す・・

だんだんと辞めるべきか続けるべきかを一人で悶々と悩んでしまう。
特に転職を何回もしている人にとってはまた同じパターンか・・となって周りにどんどん話づらくなってきたりもする。

今回はそんなあなたの辞めるべきか続けるべきかの判断の参考になる【5つのチェックポイント】をお伝えする。

仕事を続ける自信がない理由を明確にする

離職

まず仕事を続ける自信がないのはなぜかを整理して明確にしよう。
頭で何となく続ける自信がないと思っている場合に、実は問題点が明確になってない場合が多い。

①いつも怒られる
②ノルマやプレッシャーがきつすぎる
③勤務時間が長い
④人間関係が悪い
⑤待遇が悪い(給与が安い)

大体この5つに当てはまる場合が多い。
あなたもこの5つのどれか、または複数に当てはまっていないだろうか?

仕事を続けるか辞めるかを決める5つのチェックポイント

仕事を続ける自信がない時、辞めるか続けるかを決める5つのチェックポイントは
実は前述の仕事を続ける自信がない理由を一つ一つ掘り下げて確認していくことに尽きる。

①いつも怒られる

怒られる原因が何かをまずは明確にすること!

A:成果が出ないと理由で怒られる場合にその原因を理解しているか?

成果が出せないことに怒られる場合は、あなたのスキルや努力が不足している可能性がある。
他に成果を出している人が周りにいるならその人をモデリング(真似る)するなどあなたにも努力が必要だ。

・成果を出している人との違いは何か?
・成果を出すために何が足りてないか?

をしっかり見つめること。

成果を出さずに辞めたり転職という事になると次の環境でも同じループになる。
成果を出すコツやプロセスはどんな仕事でも一緒。
辞めることを考えるよりも先にまず自分自身のスキルアップを!

B:怒ってくる上司の上司に相談しているか?

成果に関わらず怒り倒してくる上司にはいつも怒ってくる上司の上司に相談することで解決することがある。

あなたの上司があなたのことを個人的に嫌う場合やあなたが小言を言いやすいタイプの可能性もある。
もし今の上司が変わるという環境があるなら続けられるかどうかを考えてみると良い。

参考記事:「上司が嫌!合わない!」で転職を考える時の4つのポイント

②ノルマやプレッシャーがきつすぎる

営業職にはいつの時代もよくあるケースだね。
営業じゃなくても会社から課されたタスクが非常に厳しく耐えられない場合はこれになる。

A:現状維持でいいと思う自分の成長意欲のなさを自覚しているか?

営業職などは何年もいると昨年の自分を超え続ける予算設定をされる。
めちゃくちゃ特需で爆発的に売り上げが上がった年の翌年は誰でもきつい。

でもその中でも前年の実績を超えるためには何をしたらいいか?を真剣に考えぬく思考は持たないといけない。
スラムダンクの安西先生じゃないけど無理と思って諦めたらすべてが終わる。

前年の自分を超える方法は何かあるはず。
僕自身も今までなんとかしてきたし発想の転換をして常に思考回路を動かさないと成長が止まる。
大変だけど常に今までの自分を超えないと人として成長がない。

B:徹底的にやれること、可能性のあることを考え抜いているか?有識者に徹底的に相談しているか?

途方もない目標を与えられる場合がある。
「絶対に無理!!」
そういう場合も絶対にやれないと思ったらそこで試合終了。

途方もないゴールの見えない目標でも、
その目標を達成するための手段を頭がちぎれるくらい考えることであなたの思考も成長する。
社会人としての経験値も上がる。
まずそういう考えを持って取り組めてなかったら必ずやってみてほしい。

なんでもそうだけどできない理由を言うのは一番簡単

使えるリソースは使い倒して考えられることはすべて考え、できることを全てやる!
こういうビジネスマンにならなければ成長はない。

参考記事:営業ノルマがキツい!会社を辞めたい時にチェックしておくこと

③勤務時間が長い

勤務時間が長いこともこれから長く勤めることを考えると続ける自信がなくなる原因の一つ。

会社が残業削減に向けての取り組みができているか?

会社自体が残業削減に向けて取り組みができているかは重要なところ。
平気であなたの方に一方的に残業の配慮をしていないようなら良くない環境だと言える。

ただあなたも残業を減らす仕組みを作れないか?提案できないか?を能動的に考えてみる必要がある。
一従業員だから会社が悪い!みたいな考えでは次も同じ。

・どうやったら残業削減、仕事時間の短縮、効率化につなげられるか?
・どのようにそれを実践していけるか?

をしっかり考えてみよう。
やってみて数か月以内に会社の残業体質が変わらなければ辞めることを考えてもいい!

参考記事:残業が多くて辞めることを考えたら実践する【3つの対処法】

④人間関係が悪い

人間関係が良くない場合はいろいろな要因があると思うが、下記のようにふるまえているだろうか?

フラットな立ち位置で居られているか?

会社組織の中では偏った人と偏った価値観でのコミュニケーションがとられやすい。
しかし会社は一つのベクトルの元、全員が同じ方向を向いてフラットに意見交換をしていかなければいけない。

派閥や、人の好き嫌いでコミュニケーションを取っていてはダメ。
多くの人がこれはできていないけど、あなたからまずそういうスタンスを築いていかなければいけない。
いいものはいい、悪いものは悪いとはっきり言える関係構築を!

あと特定の人と仲良くするのはいいけど、個人的な意見としては会社の人とは適度な距離感で付き合った方がいい。

参考記事①:【退職理由が「人間関係」の場合の伝え方】書類や面接での伝え方は?
参考記事②:職場の雰囲気が最悪級に悪い!【パターン別】抜け出す方法

⑤待遇が悪い(給与が安い)

これはいつの時代も最も多い退職の理由だろう。
あなたが成果をしっかり出していてなかなかそれが報われない場合は転職を考えてもいい。

権利を先に主張していないか?

転職希望者との面談で多いのは、先に従業員として十分な給料を受け取る権利を主張していないか?という事。

もちろん給与を受け取る権利はあるんだけど、あなたは十分会社や顧客に価値を与えているだろうか?
やることやらずに自分の希望だけを伝える人は一生希望の待遇を受けることはできない。

その基準をしっかり上司や経営者と決めておくといい。
ここまでやったらこれくらいの待遇を用意してほしいという感じでね。

参考記事①:すこぶる安い給料から劇的に給料を上げる思考
参考記事②:給料アップの交渉を効果的に行う5つのポイント
参考記事③:ボーナス(賞与)なしで会社を辞める前に行う【3つのボーナス交渉術】

今の仕事を続ける自信がなくなった時はやはり転職エージェントを活用

これまで挙げてきたチェックをしてみて
全てチェックが入った場合は、転職をした方がいい。

そしてその時はまだまだ転職に踏み切るには迷いもあると思う。
そういう時はさっさと転職エージェントにお世話になろう。

転職エージェントに登録して自分自身を客観的に評価してもらうのがいい。
転職エージェントはあなたと面談してあなたの経験や今後の希望を汲み取って適切な求人企業を紹介してくれる。

客観的な意見もくれて書類や面接など選考のアドバイスもくれる。
入社の条件交渉もあなたの代わりにしてくれる。

今の仕事をしながらなかなか時間の取れないあなたの大きな味方になってくれる。

参考記事①:フリーターや職歴が薄い20代におススメの転職エージェント5選
参考記事②:最後の転職にしたい30代におススメの転職エージェント4選

まとめ ~「仕事を続ける自信がない!」辞めるか続けるかを測る【5つのチェック】~

仕事を続ける自信がない時は下記の5パターン

①いつも怒られる
②ノルマやプレッシャーがきつすぎる
③勤務時間が長い
④人間関係が悪い
⑤待遇が悪い(給与が安い)

それぞれにあなた自身がやれることをやって自信を無くすようであれば転職を考えよう。
転職を考える際は転職エージェントで客観的な意見をもらった方がいい。

それじゃ今日はここまで!
See you mate!

The following two tabs change content below.
Kevin@キャリアアドバイザー

Kevin@キャリアアドバイザー

20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。

関連記事

すこぶる安い給料から劇的に給料を上げる思考

給料が安い!そう嘆く転職希望者は多くいる。 日々転職希望者と面談していても、 転職理由の根っ

記事を読む

30代が転職先を決めずに退職する場合の3つのリスクと対策

今日は32歳の転職希望の男性と面談した。 転職歴は4回(今回5回目)で、先月退職を申し出て転職先も

記事を読む

【営業を辞めたい女性】年代別!営業経験が活かせる転職先は?

普段求職者の転職相談に乗っていて「営業職を辞めたい女性」からの漠然とした質問がいくつかある。

記事を読む

残業が多くて辞めることを考えたら実践する【3つの対処法】

「残業が多くてつらい・・」 「自分の時間が持てない・・」 「やってられない!!」 「転職しよう

記事を読む

【退職理由が「人間関係」の場合の伝え方】書類や面接での伝え方は?

退職理由が人間関係のもつれや拗れの場合、転職活動をしているとその伝え方に悩んでしまう事がある。 「

記事を読む

【プルデンシャル生命を辞めたい!】挫折後のキャリアを考えるポイント

プルデンシャル生命で営業として勤務しながらも、なかなかキツくて辞めたい・・・ という営業マンと今ま

記事を読む

営業に向いてないと思う女性の転職の【2つの道】

女性のあなたが営業の仕事をしばらくやってみたけど 「自分には向かない・・」 「思ったよりハー

記事を読む

転職エージェントが転職を急かす理由と取るべき2つの対応

転職エージェントの担当とやり取りをしていると 執拗に応募の意思確認や、内定受諾の可否を急かしてくる

記事を読む

転職の書類選考に落ちまくる人はまず封筒の使い方で120点とれ!

転職回数が多かったり、社会経験が少なくアピールがあまりできないという人で 書類選考に落ちまくる人は

記事を読む

転職の面接が不安な時、前日に改めて確認すべき8つの質問

転職が上手く行かない人は自分の職歴を肯定できない人が多い。自分の職歴に対して自分自身が自信を持ててな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コロナ禍で転職を考えることは失敗か?破滅に向かう【4つの行動】

コロナウイルスの蔓延で働き方やキャリアの在り方も大きく変わってきている

転職がうまくいかない女性が一気に結果を好転させる【6つの手順】

僕は今まで500名以上の女性とキャリア面談をしてきた経験があるけど、

40代女性で正社員はもう厳しい?転職における一発逆転の【思考と戦略】

40代女性の正社員を目指しての転職希望者がとても増えてきている。

【パソナキャリアは女性におススメの転職エージェント】は本当か?

パソナキャリアは女性におススメと言われるが実際のところどうなのか。

パソナキャリアは第二新卒や未経験には有効か?【業界人のリアルな意見】

社会経験の浅い第二新卒や未経験層に 転職エージェントの「パソナキャリ

→もっと見る


  • 名前:Kevin
    20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑