20代のフリーター、第二新卒におススメの【転職エージェント5選】

転職
スポンサーリンク

まだ大した経験もないのに転職大丈夫かな・・

転職エージェント使ったことないけど私なんかが使ってもいいのかな・・

20代で初めての転職、どうやってすすめればいい?

20代でキャリアが浅めな方(第二新卒、既卒や転職回数多めの人)が仕事探しをするのには、なかなか独力では書類選考が通りづらかったり初動のところでつまづきやすい。コロナ以降は多くの企業が採用基準を上げているのもあり、ノリではなかなか書類選考も通らない。

そこで有効に利用できるサービスが転職エージェント。

「こんな自分でも挑戦できる会社があるんだろうか??」
「転職サイトで応募したけど面接まで行かないけど大丈夫か??」
「転職エージェントって初めてだけどちょっと不安・・・」

こんな考えがある20代のあなたに転職エージェントを使うメリットとキャリアコンサルタントがおすすめする転職エージェントを5つをご紹介する。

【この記事が役に立つ人】
●20代のフリーターや第二新卒層で転職エージェントを活用したいと思っている人
●転職エージェントの選び方のポイントを知りたい人
●20代のフリーターや第二新卒者で転職のやり方や進め方に迷っている人

【この記事が伝えていること】
→20代のフリーター、第二新卒者が転職エージェントを利用するメリット
→20代のフリーター、第二新卒者おススメの転職エージェント5選
→20代のフリーター、第二新卒者の転職エージェントの併用のポイント

スポンサーリンク

20代のフリーター・第二新卒に転職エージェントをおススメする理由

20代のフリーターや第二新卒などキャリアの浅い人は、全体的にやはりまだ世の中の情報を多くキャッチできてない人が多い。今までの経験則や周りの話で勝手な業界イメージや職種イメージを持ってしまい、その中でなんとなく判断してしまう。

おそらく20代のあなたが聞いたこともないような業界や仕事もたくさんあるのでそのあたりはプロからの情報で選択肢を増やし悔いのない選択をしてほしい。20代のフリーターや第二新卒の人が転職エージェントを活用をおススメするのには以下の4つの理由がある。

①求人サイトでは知り得ない裏情報を転職エージェントから知れる
②今の求人内容だけでなく5年後、10年後のキャリアアップの可能性が知れる
③自分の強み・弱みの棚卸がスムーズ
④キャリアアドバイザーが言いにくい部分、煩わしい部分を代わりに引き受けてくれる

①求人サイトでは知りえない裏情報を転職エージェントから知れる

求人サイトでは多くの企業が募集を出して、もっともらしいことを書いているけど実際の入社してから感じることは、書いている事の6掛け程度だと思った方がいい。

求人広告では求人広告の営業が顧客である企業に多くの応募を集めるために、反応の出やすいキャッチコピーを考えたり、募集条件の書き方を規定すれすれのところで書いているところも多い。実態を100%で記述しているところは少ない。

まあ求人営業を10年やってきている僕が言うので間違いない。つまり「盛って」書いてあるわけだ。フリーターや第二新卒層はその経験のなさから判断基準が緩くなりがちで、ここに騙されやすい人が多い。

転職エージェントでは担当のアドバイザーがあなたのこれまでの経験や希望をしっかり聞いて適切な求人を案内してくれる。そして転職エージェントのアドバイザーは企業の実情をよく知っている場合が多い。

その会社にはどんな人が多いか、社風はどんなか、活躍するために必要な資質・性格などある程度のイメージを付けた状態で選考を受けることができる。「聞いてなかった」、「イメージと違った」などのミスマッチが非常に少なくなる事は経験の浅い20代のフリーター、第二新卒のあなたにはおすすめする理由の1つ。

②今の求人内容だけでなく5年後、10年後のキャリアアップの可能性が知れる

転職エージェントのアドバイザーが紹介してくれた会社に入社した時に、ただその入り口の部分だけでなくその先の5年、10年のキャリアアップの可能性をしっかり示してくれる場合がある。

・どのようにキャリアアップできるか?
・収入アップのイメージは?
・その会社に入って自分の市場価値は上がる?
こういった先のことをしっかりアドバイスをくれる。今の条件だけでなく将来のイメージを把握できることはかなり重要な要素だ。
次の転職先で本当に腰を据えて長くキャリアを積みたい、スキルアップしたい、自分の価値を上げたいと思う場合はやはり転職エージェントのアドバイザーに転職先を紹介してもらう方があなたのためになる。

③自分の強み・弱みの棚卸がスムーズ

20代でフリーター、第二新卒ではさしたるキャリアもなく強みや弱みが自分ではわかっていない人が多い。

「自分に何ができるのだろう・・」
「特に自慢できるようなこともない・・」
「周りの友達に比べて遠回りしてるな・・」

と思っているような人でも安心だ。

転職エージェントのアドバイザーは、そんなあなたのこれまでのエピソードから的確に強みと弱みを探ってくれる。その強みが今後の仕事のどのような部分で活きるか、またその弱みがどのような部分でネックとなるのかを適確に伝えてくれる。

要は自己分析のやり方を多くの人ができていない中で、第三者として客観的にあなたという人材の見定めをしてくれるということだ。アドバイザーによっては厳しい意見を言う人もいるが、自分で知り得なかった自分を知ることができるのは大きなメリットだ。

④キャリアアドバイザーが言いにくい部分、煩わしい部分を代わりに引き受けてくれる

転職エージェントのアドバイザーはいわばあなたの代理人という事になる。あなたに代わっていろんな調整を引き受けてくれる役目だ。

企業との選考や内定後の入社調整において、面接日程の調整や内定後の条件面、入社日の交渉など
この辺りやや言いづらい部分も転職エージェントのアドバイザーはあなたに代わって連絡してくれる。

転職サイトで自分自身で転職活動をすると企業情報も自分で集めないといけないし、各社の応募や選考調整も自分でやらないといけないので在職中の人にはそれが凄くストレスになる。そういう意味でも時間を有効に使うために転職エージェントに相談するのが最もスムーズだ。転職エージェントが初めてという方は以下の記事に転職エージェントのスタートアップの方法をまとめてあるので是非参照してほしい。

20代のフリーター、第二新卒におススメの転職エージェント5つ

転職エージェントは星の数ほどあるけど、20代のキャリアの浅めなあなたにお勧めする転職エージェントベスト5は以下だ。

この中から2~3社にエントリーしておくのが良い。求人は転職エージェントによって保有するものが違うため多くのチャンスを得るために複数登録しておくのが良い。

マイナビジョブ 20’s(マイナビエージェント)
マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20'sは新卒サイトで非常に若手採用企業とのパイプが強いマイナビのエージェント部門だ。
求人情報数も多く特に20代、30代のキャリアの浅めな方でも挑戦できる企業をたくさん保有。

マイナビグループ自体が新卒サイトで多くの新卒採用企業とのがあるため、必然的にその後の20代(第2新卒・既卒)の採用ニーズも高い企業案件を多く紹介してくれる。

求人数も17,000件以上、非公開求人も20,000件近くを保有している為、多くの求人を知ることができるのは最大の強み。
まずは登録しておくべきエージェントなのは間違いない。

第二新卒エージェントneo

20代で特に学歴などにコンプレックスのある人にやさしいエージェント。そんな人向けに1人あたり平均10時間もの手厚いサポートを行っている。
初回は2時間の面談で転職や今後のキャリアの方向性をじっくり煮詰めるスタイル。

何より、スタッフが全員第二新卒から入社しており、豊富な経験を持つのキャリアアドバイザーがあなたの将来像や希望、適正を踏まえて求人をご紹介。履歴書の添削はもちろん、一緒に職務経歴書の作成も行ってくれる。

経験・学歴不問でフリーター、中卒、高卒、大学中退、大学卒業後(既卒)、海外留学から帰国後、就職浪人、
公務員試験からの民間企業就職への切り替え、短期離職、第二新卒(就業後3年以内の離職)、中途、
キャリアアップの転職など幅広い20代の大きな味方になってくれるエージェント。

一番気になるブラック企業は完全排除してくれているので、その点は安心して求人の紹介を受けることができる。

リクルートエージェント

リクルートエージェントの絶対的な求人情報数は他の追随を許さない。情報の数ならNo.1のエージェント。
120,000件以上の求人に非公開の求人も含めると280,000件以上の求人を保有している。

登録して面談すると数十件の求人を一気に紹介してくれるケースもあるが、
逆に自分に合うか合わないかをしっかり見極めることも必要。

アドバイザーの数も非常に多く対応する求職者の数も多いのでアドバイザーの質も見極める必要がある。
しっかりあなたの意向に合った求人を紹介してくれるアドバイザーに対応してもらえれば強力な転職パートナーになるのがリクルートエージェント。

30代以上のミドル案件も多いが何より求人数の多さは日本のエージェントの中ではNo.1。まず登録しておくことで多くの求人に触れることはできる。

キャリアスタート

とにかく第二新卒や既卒といったキャリア形成の浅めの求職者に優しいエージェント。所属アドバイザーも比較的同年代のアドバイザーに寄り添ってもらいながら話もしやすい。

しかもその約6割が、エージェントランキングにてTOP10入賞経験もあり、プロフェッショナルの意識も高い。

面接トレーニングなどの対策もあり驚異の内定率86%を記録する20代には大きな味方になってくれるエージェント。

マッチング分析ににも力を入れていて、入社後の定着率は92%以上で当人の希望だけでなく、性格やスキル、特性を見極めながら求人の紹介を進めてくれる。

パソナキャリア

パソナキャリアは細かいフォローや求人企業の案内などアドバイザーの一つ一つ対応が丁寧な社員教育の行き届いたエージェント。転職が初めて、転職エージェントを使うのが初めていう方は最も安心できる。

パソナグループ自体が社会貢献を掲げて業務運営をしているのもあり、親身になって相談に乗ってくれるのが一番のポイント。相談者の顧客満足度は最も高いと言える。

20代で転職の勝手が分からない、、初めての転職で不安、、というあなたには最も寄り添ってくれる安心感のあるエージェントだと言えるのがパソナキャリアだ。

20代のフリーター・第二新卒もおススメの転職エージェント、実際の評判は?

では実際にその5つのエージェント、20代からの実際の評判はどうか?それぞれ挙げてみたいと思うけど、口コミを見る時の注意点を一つ。あくまでその口コミはその人の主観になる。あなたとは物差しが違うことがほとんどなので、それを全てだと受け入れずあくまで参考としよう。

担当のアドバイザーによっても力量や仕事の進め方が違うので同じエージェントでも大きく変わる消すもある。

マイナビ20’s(マイナビエージェント)

有名企業マイナビの口コミだけあってマイナビジョブ20'sはTwitterでも多くの声が上がっている。

マイナビ20’sの良い口コミ

手厚いサポート、フォローが行き届いている印象が多い。キャリアの定まっていない20代のフリーター、第二新卒にはうってつけなのが伝わってくる。

マイナビ20’sの悪い口コミ

これらの口コミは正直どこのエージェントでも傾向はよく似ている。当然企業からしたら、事務の求人なんて紹介会社に頼まなくてもハローワークに出稿したりIndeedにちょっと出せば応募たくさん来るからね。そのあたりの企業事情も認識しておこう。

第二新卒エージェントneo

第二新卒AGENTneoはやはり不安を持つことの多いフリーターや第二新卒の大きい味方になってくれている。

第二新卒エージェントneoの良い口コミ

既卒で不安でしたが、正社員になることができました。
新卒就活に失敗して既卒で就活してました。
他の既卒就活サポートを利用していましたが、「そんなに仕事は甘くない」「ブラック企業なんて世の中にはたくさんある、若いうちはそんな環境でも力を蓄えるべき」と、すごくスパルタな指導をされて、ブラック企業に就職させたいんじゃないかと感じてしまいました。
でも、就職AGENTneoのキャリアカウンセラーさんは、すごく親身に話を聞いてくれて、「既卒ならば、新卒のように一から教育しようという企業がある」と、いくつも自分にマッチする企業をおすすめしてくれました。
一個だけ不満があるとすれば、紹介される求人の中には、「これ働いたら大変だろうなぁという」企業の求人もあったことでした。(ブラックとはっきりは言えませんが…)
カウンセラーさんにはなんでも相談できる空気だったので、これって大丈夫ですか、と聞くと、「長時間労働になりがちな分、残業代もしっかり出ますが、体力や気力のいる仕事なので、向いてないと思ったら応募をやめましょうか」と、正直に話してくださったのですごく信頼できました。
おかげさまで、既卒でも、10月入社の新卒の人と一緒に入社、正社員として働けることになりました。事前に会社の社風や仕事内容は、キャリアカウンセラーさんからいろいろ聞けていたので安心しました。
BESTWORKより引用

ブラック企業で耐えてた私を理解してくれ、素晴らしい会社を紹介してくれました。
就活で納得しないまま入社して、2年間最悪な会社で頑張っていましたが、体調的にこれ以上続けるのが厳しくなって退職しました。次の会社を見つける気力もどんな会社ならば私は働いていけるのかもわからなかったので非常に悩んでいました。そんな時にネットで就活AGENTneoを見つけて、悩み相談的な感じでもOKだったので登録に行ってみました。担当になってくれた転職エージェントさんは非常に良い方で、まず最初に「○○○○会社で2年働いてて辛かったですよね?あの会社は評判良くないですから。」っと言ってもらえて、気持ち的にすごく楽になれたのを今でも覚えています。
そこからは前職のような会社ではなく、アットホームで安定した企業に入社する事を目指して様々なアドバイスをもらうことができました。時に私の甘い気持ちには厳しく意見してくれて、社会の厳しさはこういうものっていう事も指摘してもらえて、本当に良かったと思っています。
複数社求人を紹介されて、その中で選考を進めましたが、転職エージェントのおかげでスムーズに進みました。大学生の時の就職活動は苦労したのに、スムーズにいった事の驚きと、転職エージェントの担当さんが上手くいくようにサポートしてくれてたんだと思います。仕事について1人で悩むよりも、経験豊富な方にアドバイスしてもらうと思っていた以上の回答をしてくれるので是非こういったサービスを活用するといいと思います。

BESTWORKより引用

やりたい事が見つからない私にとっては就職AGENTneoのおかげで上手くいきました

私は就職活動の中で就職AGENTneoを活用しました。WEBサイトにはエントリーシートの詳しい書き方からイベント情報やTwitterの情報収集方法までいろんな情報が掲載されていてためになります。さらに、担当の方とも打ち解けやすく、個人で就職活動をするよりも遥かに気持ちが楽ですし、様々なサポートもしてくれるので頑張ろうって気持ちになれたので本当に助かりました。
やりたいことが明確でない自分には、自身でどういう会社を受けていいかもわからず、就職活動がなあなあになっていたので、就職AGENTneoに登録することで説明会やイベントに背中を押されて参加して、そこから少しずつ興味のある業界がでてきて前向きに就職活動が行えるようになったんだと思います。
ただ、ちょっとノリが軽いというか社会人とは思えないような雰囲気の方もいます。
それも私達学生との距離を縮めようとしているのかはわかりませんけどね。

BESTWORKより引用

第二新卒エージェントneoの悪い口コミ

エージェントneoはネオキャリアという会社自体が成果主義の風潮もあるので少しその執着が強いという側面もある。

リクルートエージェント

リクルートエージェントはさすが最大手だけあって求人数は最も多い。20代の第二新卒やフリーターでも自分に合ったものを選べるのはメリットの一つだろう。

リクルートエージェントの良い口コミ

リクルートエージェントは最大手のエージェントだけあってその求人数とサポート体制は群を抜いている。安心して登録してサービスを受けられるだろう。

リクルートエージェントの悪い口コミ

キャリアスタート

キャリアスタートは大手に比べると求人数は少ないが第二新卒、フリーター専門でそのサポートは心強い

キャリアスタートの良い口コミ

●女性(事務職)
フリーターのままでは将来が不安ですし、いずれはきちんと就職したいと考えていました。ただ、正社員のように責任を負うことのない働き方に慣れてしまって、なかなか最初の一歩を踏み出せずにいたんです。(中略)
面接を受けた結果、2社から内定を頂くことが出来ました。IT企業の事務職と、建築企業のサポート職です。就職活動がそんなにうまく行くとは思っていなかったので、驚きました。

引用:キャリアスタート・先輩の声より

●男性
志望動機などがうまく作れず、面接で落ちてしまうことも多かった中でキャリアスタートさんでは一緒に自己PRや志望動機を考えてくれて、すごく助かりました。その後は面接の感じも良くなって、「あ・うまくいきそう」と思っていました。
事前に志望動機等をしっかりと整理していったので、深くつっこまれても動揺せず面接に臨むことができました。正直、面接官の方からは「もっと営業する気を前面に押し出せ!」という厳しい指摘もいただきましたが、そこにもブレずにに対応できました(笑)

引用:キャリアスタート・先輩の声より

●女性
遅刻してしまったのに、入室からとにかく快く出迎えてくれたました。自分に自信がなかったけど、私の良いところを見つけてくれて、それをお世辞じゃなくて自信をもって話してくれたからこそ自分も自信がつきました。そして、とにかく企業の情報を詳しく教えてくれたので理解しやすかったです!
また、何をしたいかも決まっていなかったのに、自分の強みから未経験の業界を紹介してくれて、それが自分の希望に合っていました。予定設定もスピーディ-!当日には今後の予定をざっくりと決めてくれていて翌日には書類選考の結果の連絡がきました。
これを見ていてもやはりフリーターや第二新卒のキャリアのスタートには十分バックアップをしてくれるエージェントといえるだろう。

キャリアスタートの悪い口コミ

求人をいろいろ見たいだけなのに面談まで行ってしまったというところ。これはエージェントなら面談して紹介対象にすることが仕事になるので、どのエージェントでもある程度は覚悟が必要かも割らない。

パソナキャリア

大手のエージェントでとにかく親身なサポートが信条のパソナキャリア。フリーターや第二新卒向けに求人は多いとは言えないものの最初にサポートしてもらうには安心感がある。

パソナキャリアの良い口コミ

パソナキャリアの悪い口コミ

大手のエージェントだけあり、フリーターや第二新卒にも丁寧な対応をしてくれるものの、キャリア採用があればそちらに向きがちにもある点はあるという事が考えられる。

20代のフリーター、第二新卒のおススメは転職エージェントの併用

20代で転職エージェントを活用する場合、エージェントの併用は必ずやってほしいところ。転職エージェントは各社様々なやり方で求人企業と接点を持って求人を預かってくる。戦略が違うので各社持っている情報はそれぞれだ。

中にはどこのエージェントでも保有しているような企業の求人もあるけど、その転職エージェントしか持っていないレアな求人、非公開になっている求人が多く存在する。一つのエージェントにしか相談していないとその機会ロスに繋がってしまう。ぜひ2~3社の登録はするようにしてほしい。

さらに一番重要なのがあなたのアドバイザーが誰なのか?という事。転職エージェントは転職エージェントの会社以上にそのアドバイザーの質の方が重要になる。必ずあなたの担当が本当に自分の人生を任せていい人なのかは見極めるようにしよう。

また上記におすすめした転職エージェントの中でいくと、マイナビジョブ20's第二新卒AGENTneoパソナキャリアというような少し毛色の違う複数のエージェントに登録しておくと、あまり各社かぶらない求人などを提供してくれる場合が多い。いろいろ情報を違った場所で集めることはあなたの人生の決断を非常に大きく左右することになる。

20代でのフリーター、第二新卒でも自信を持って取り組むべき!

20代のフリーター、第二新卒で職歴がほとんどない・・学歴がない・・・という人でも、結論問題ない。あなたがこれからしっかりキャリアを積み直したい、将来こうなりたいという思いをしっかり持って今からその目標にぶれずに向かえば、転職エージェントできっといい仕事は見つかる。

経験則から言っても経験者が取れない会社で未経験採用にシフトしてきている会社もとても多い。

一歩を踏み出すことが重要だ。まずは自分で動いて転職面談を受けてみることがその第一歩にあたる。自分で知らない、気づけない自分自身を転職エージェントのアドバイザーと一緒に見つけ、本当にこれから身を置くべき環境をしっかり考えてみよう。

今日はここまで!
See you mate.