転職活動の軸を明確にすべく正しい自己分析の4つのステップ

公開日: : 最終更新日:2019/10/04 20代の転職, 30代の転職, 転職, 転職理由, 転職回数

「またやめたの?」「何がしたいの?」「大丈夫?」

短期間に転職を重ねると周りの人からこっちの気も知らずそんなことを言われまくる。
20代前半は自分も本当にそんな毎日だったからね。

「うるさい、黙っとけ!」そうも言いたくなる気持ちを殺して
「自分は本当に何がしたい?どこに行きつきたい?何を得たい?」
そんなことを本気で考えていた。

「えっまた転職?前と全然違う仕事じゃん!何がしたいの?」
と言われ続けて本当に仕事の話をするのが嫌で嫌で仕方ない
あなたの転職の軸について書いていこうと思う。

転職の軸が分からない理由はどこまで行っても自己分析の不足!

今振り返ると、自分自身の中で理想の自分というのは学生の頃からあった。
僕はなんとなく人渡りも良くて、周りの人から「あいつは何をやらせてもそれなりにこなす」と言われていた。
だからゆくゆくはさらっとカッコよく海外出張にでも行きながら、コーヒー片手にゆるく大きな仕事をする・・・
そんな感覚だけのイメージを持っていた。

今こうやって自分の転職経験を生かしながらキャリアアドバイザーをやっているけど、
思い返せば当時、自分自身に対して持っていたその理想が不明瞭だったことが
20代で転職を4回もしたという結果につながったのかなと思う。

どういう生活が理想なのか?
何を得たくてどういう毎日を送りたくて、その為には月収どれくらい得て、
どんな人と仕事をしたくて、周りにはどんな人がいて、どんな場所にいて・・

そんな自分のビジョンをしっかり持てるような
そういった理想を具体的に描くということをやっていなかった。
これだけは後悔といえば後悔している。

あなたにぜひ今すぐ取り組んでもらいたいことを順番4つお伝えしていこうと思う。

①まずやりたいことの全てを書き出す

転職軸の決め方はどこまで行ってもあなたがやりたいことの全てがベース。
まずは自分の思いをしっかり書き出してほしい。

頭で考えててもあまり意味はない。整理されないからね。
絶対に書いて実行すること!!

まずはあなたがこの先
・やりたいこと、挑戦したいこと
・行きたい場所
・付き合っていきたい人
・できるようになりたいこと
・食べたいもの
・送りたい理想の一日

真っ新なノートにこういったことを全て書き出していく事。
書く数はどれだけでもいいし実現が今見込めなさそうなことでも、やろうと思えばできるような小さなことでも良い。

○○の店で××を食べる
○○に行って××をする
○○さんに会う

くらいのレベルのことでもいい。

参考までに僕はこれに取り組んだ26歳の時、126個のやりたいことを書いた。

②なぜそれがやりたいのかの理由を書く

次に①で挙げたやりたいことリスト一つ一つに
なぜそれがやりたいのかの理由を書き足していく。

そんなこと言っても「やりたい理由なんて、ただやりたいからじゃん!」
というリストもあると思う。

そういう場合はそれを達成することによって
どんな気分や感情を味わいたいかという事を書き足していくと良い。

③リストの優先順位をつける

それぞれのやりたいことリストに優先順位をつけてほしい。
順位の付け方は好きなようにしてくれてもいい。

例えば
A・・・絶対に達成したいもの
B・・・できれば達成したいもの
C・・・いつかやれたらいいな

という具合に。

必然的に、最初の①でやりたいことを挙げる時には
絶対にやりたいことだけでなく小さな願望も全て書き出しておくといい

④各リストを達成する時に必要な要素を考える

特に優先順位の高いAやBのやりたいことを達成させるためには
どんな要素が必要かを書き足す。

・お金がどれくらいいるか
・時間がどれくらいいるか
・どんな経験、知識、資格がいるか
・どんな毎日を送っていないといけないか
・どんな人が周りにいないといけないか
・どんな環境にいないといけないか
・どんな服を着ていないといけないか
・どんな人間、どんな性格でいないといけないか

こういったことを全て書いていこう。

転職の軸を明確にするのは自分自身を俯瞰してみること

今まで書いてきたことをしっかり長い時間見つめてみよう。

仕事の幸せ=人生の幸せ

だと僕は思っている。

自分が満たされることを自分が理解していないと
日々取り組む事や目の前の仕事が自分の満たされることに繋がっていかないから
すぐに嫌になったり、投げ出したくなったり、面倒に感じるようになって
その結果「頑張る」という事ができなくなる。

目の前の会社の仕事が自分の人生の満足にどう直結するのかが答えられない状態だ。

自分が書き出してきたことの中から本当に自分が得たいもの、成し遂げたいことは何だっただろう?
それを実現するためには転職をして長期的な取り組みとして何をやるべきかを明確にしてほしい。

転職してからどのくらいの期間でどれくらいの給与(貯金)を得るべき?

いきなりは入社して何年でどれくらいの給与を得なければいけないかを考えよう。
入社していきなり多額の給与は望めない。

最初数年は知識を詰め込んで試行錯誤の行動の連続かもわからない。
しかし数年後に自分の欲しい報酬が見込めるのであれば
どんな環境でも自分自身がやりたいことや先のビジョンに基づいた強い気持ちを持って
しっかり仕事に取り組めるはずだと思う

転職してからどんなスキル、経験、人脈が必要?

自分の先のビジョンに基づいて次に

どんなスキルをつける必要があるだろうか?
どんな経験を積むのが良いだろうか?
どんな人脈が必要だろうか?

それらを実現するためにはどのような業界、どのような会社で仕事をすればよいだろうか?
これをしっかり考えてみよう。

転職してからどんな一日を送るべき?

転職した環境で、どんな一日を送る必要があるだろう?

しばらく数年は転職先での仕事に没頭してがむしゃらに働いて求める報酬が手に入れられるまで
一生懸命仕事に向き合うスタンスがいいだろうか?

もしくはある程度自分の時間が確保できる仕事に就いて、
自分の時間を何か他のことに充てる必要があるだろうか?

その場合は
副業に取り組む時間を確保するのか?
資格などの勉強に充てる時間を確保していくのか?
家族と触れ合う時間を確保していくのか?

しっかり先のビジョンを基に自分の転職活動の軸をイメージしよう。

転職の軸がわからない人の80%は行動していない

今まで僕が書いてきたことを時間をかけてしっかり取り組んでいれば
ある程度スムーズに軸が明確になると思う。

実際に僕が転職面談をするときに求職者で転職活動や会社選びの軸が分からない人には
今まで書いてきたことに取り組めるようなシートを渡して実際に期限を決めてやってもらっている。

転職軸がブレブレの人の80%は自己分析に時間を取らない。

正直今書いてきたことにしっかり取り組んでいくためにはすごく時間がかかる。
ちゃんとやれば丸一日かかると思う。

でもここで自分の理想や願望と向き合って、人生の軸を明確にしないと転職の軸は決まらない。
20代、30代のあなたなら今からでも全然遅くない。

一方で同じ会社で5年、10年、それ以上長く働く人はその理想が具体化されているのかというと、
必ずしもそうでない人の方が多いと思う。
特に先のことも考えず、転職という選択肢も考えることなく、今の環境を惰性で過ごしている人も多い。
ただ目の前の毎日だけを楽しんだり苦しんだりして過ごしている人の方が多い。

そういう人に比べるとむしろ転職をコロコロしているあなたは、
軸を見つけるきっかけを今掴んでいるわけだからチャンスだと思う。

自分の軸が定まらず転職をコロコロしている人の方が軸を一生懸命探している人の方が多い。
僕自身もとてもここは20代の頃、死ぬほど悩んできたから一緒だね。
同じ会社で長く惰性で勤めながらも自分に向き合えてない人よりはよっぽどいい。

きっとあなたの軸は定まる。
新卒20代で5回も転職して苦しんだ僕もそうだったから間違いない。
ぜひあなたらしい軸を見つけてほしい。

それじゃSee you mate!

The following two tabs change content below.
Kevin@キャリアアドバイザー

Kevin@キャリアアドバイザー

20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。

関連記事

既婚の35歳の営業職が4回目の転職!うまくいくのか?<相談事例>

今週相談を受けたのが35歳の男性の営業職の転職相談Kさん。 現在1歳の子供が一人いて新築の一軒家も

記事を読む

転職の書類選考に落ちまくる人はまず封筒の使い方で120点とれ!

転職回数が多かったり、社会経験が少なくアピールがあまりできないという人で 書類選考に落ちまくる人は

記事を読む

「仕事が楽しくない!」辞めたいと思った時に一気に楽しくさせる【8つの思考】

人生に悩んでいる人に何に悩んでいるかという質問をしたときのTOP3。 「健康」「仕事」「お金」。

記事を読む

【会社が潰れそうで不安】持つべき思考とやっておくべき5つの手順

転職理由に 「会社の経営状態が不安」 「会社がつぶれそうで不安」 という人も多い。

記事を読む

転職活動で自慢するような経歴のない20代が魅力的な自己PRをする方法

転職活動で自慢するような経歴のない20代が魅力的な自己PRをする方法転職相談などで非常に多い悩みの一

記事を読む

30代の専業主婦が離婚を機に仕事を探す時の3つの懸念と対策

ここ3年くらいの間、転職希望者の面談でおそらく最も数多くこなしているがこのパターン。離婚を機にこれま

記事を読む

30代で警察官から民間企業への転職。うまくいくのか?

この一年間で転職の相談に乗った方の整理をしていて意外な事に気がついた。それは気がつくと実は結構警察官

記事を読む

仕事をすぐ辞める20代でも確実に内定を得る方法

仕事が続かない人が多くなっていると見るのか、キャリアの多様化が進んでいると見るのか・・という議論はあ

記事を読む

就活で上手くいかない人が恋愛も上手くいかない理由

これまでいくつかの記事で書いているけど 就活で内定が出ない人には、その就活の中での取り組み方に大体

記事を読む

仕事をコロコロ変える女性の特徴と長く続けるポイント

僕はキャリアアドバイザーとしていろんな方といろんな企業のマッチングをしてきたけど、 ぶっちゃけた話

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コロナ禍で転職を考えることは失敗か?破滅に向かう【4つの行動】

コロナウイルスの蔓延で働き方やキャリアの在り方も大きく変わってきている

転職がうまくいかない女性が一気に結果を好転させる【6つの手順】

僕は今まで500名以上の女性とキャリア面談をしてきた経験があるけど、

40代女性で正社員はもう厳しい?転職における一発逆転の【思考と戦略】

40代女性の正社員を目指しての転職希望者がとても増えてきている。

【パソナキャリアは女性におススメの転職エージェント】は本当か?

パソナキャリアは女性におススメと言われるが実際のところどうなのか。

パソナキャリアは第二新卒や未経験には有効か?【業界人のリアルな意見】

社会経験の浅い第二新卒や未経験層に 転職エージェントの「パソナキャリ

→もっと見る


  • 名前:Kevin
    20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑