30歳・職歴なしでも転職を成功させる5つのポイント

転職

30歳になって大した職歴ないけど自分、大丈夫かな・・・

30歳で職歴ないけどどうやって仕事見つけたらいいんだろう?

もし今あなたが30歳を超えて社会経験もほとんどない状態でそんなことを考えていたら今回の記事をぜひ読み進めてもらいたい。

最近相談に乗った転職希望者で「30歳、正社員としての社会人経験なし、資格なし」(転職面談時は派遣社員)にも関わらず、応募した3社で全てで内定が出た男性がいた。

これには僕自身もとても驚いたけど、その3社の採用担当が内定を出す理由がわかったような気がした。これまでの経験、資格、年齢に関わらず、人事担当者を採用したいと唸らせるほどの理由における5つのポイントをお伝えしようと思う。

【この記事が役に立つ人】

●30歳近くになって社会経験が乏しくて不安な人
●30歳になって転職に悩んでいる人
→適切な転職の戦略がわかります。
スポンサーリンク

30歳・社会経験なしでも転職を成功させる5つのポイント

20代の時は社会経験が浅くてもポテンシャルでもどうにかなっても、30歳で社会経験がないとこれまでのようにいかない。ただ仕事を探して応募するだけでは全くお話にならない。
30歳になってロクに社会経験もない場合はしっかり戦略を整理する必要がある。

そのポイントが以下の5つ。

①PHDをもつ
②書類を完璧に仕上げる
③強みを完璧に把握して伝える
④即戦力となれることを明確にする
⑤転職エージェントを利用する

①PHDをもつ

PHDと言ってもPHD(博士号)のことではないよ。
PHD
とは

Poor(貧しい)
Hungry(空腹の)
Determined(決意した)

という単語の頭文字のこと。

「貧乏で、空腹で、決意している人」

つまりは成功しない」、「結果を出さない」という選択肢がない人のこと。
もう少しわかりやすくいうと、荒野でシマウマを今すぐ狩らないと自分も子供も死んでしまうライオンのような人のこと。

こういう人は特に中小企業でこれから事業をどんどん伸ばしていきたい会社の経営者からしたら本当に必要な人だ。死にもの狂いで思い切った行動を起こす準備ができてるだろうか?

仕事をする上でこの感覚を持っているかどうかはすごく重要。
今あなたが仕事に就いて結果を出さなきゃいけない理由をしっかり考えてみること。
「ハングリー精神」とよく言うけど、30歳で社会経験もロクにないという人はこれは持ち合わせてないと何も伝わらない。

「どこかいいとこないかな・・・」のような考えでは箸にも棒にもかからないことを肝に銘じよう。シマウマだって「どっかに肉落ちてないかな~」なんて呑気に言ってるライオンに食べられたいとは思わない。

②書類を完璧に仕上げる

書類(履歴書・職務経歴書)の目的は「足切り」
選考する必要のない人を選別することが目的だ。普通に書いて出すだけではあなたが選考に残る理由がない。

応募書類は完璧に仕上げることは必須。
履歴書や職務経歴書って本当に甘く考えている人や本当に時間をかけない人が多いけど、ここで他の人と同じような書類を書いているようでは全くダメ。

30歳で社会経験なしとなると書類の精度は誰よりもぶっちぎった状態でなければいけない。
書類の書き方については他の記事でも詳細を書いているのでしっかり見て実践してほしい。

③強みを完璧に把握して伝える

自己分析や今までの経験の振り返りをしっかりする必要があるけど、あなた自身の強みと弱みをしっかり把握して明確に伝えられないといけない。

今まであなたが何をしてきたのかもわからないが、これまでの経験の中で強みと呼べる部分やまだまだ課題と呼ぶべき弱みはあるはずだ。

職歴や社会経験が浅い中でも必ず一つ二つはある。以下にその例。

【強み】
その業界における専門知識、行動力、体力、人脈開拓力、スピード感、目標に向けた努力の経験(資格、部活など)、過酷な状況を乗り越えた経験、ITスキル、SNSなどのWEBマーケティングスキル etc…
どんな仕事に応募するかにもよるけど、例えば営業職などの場合、
30歳で職歴がほぼないとなると、目標に向けて努力できるイメージや、過酷な状況を乗り越えたハングリーな経験が響きやすい。

④即戦力となれることを明確にする

③で強みを洗い出したら、その強みがどのように応募企業に貢献できるのかを具体的にすること。

Ex.1
今〇〇の人脈があるので、その人脈を生かして××ができます。
Ex.2
動画制作や私のSNS運用の知識を使って、SNSでのサービス周知など新しいマーケティングを行う事で新たな顧客開拓の力になれます。
Ex.3
○○の経験があり、結果に対して執着することはだれにも負けません。苦しいここ一番での集中力を発揮して、結果に執着します。
このように自分自身の強みが企業に対してどのような力になれるのかを具体的に考えること。
それができなければ、企業は30歳で職歴も大してないあなたを採用する理由がない。

 

これまでどんな人生を歩んできても、どんな経験があってもなくても、今この瞬間からの行動によって全てが変わることをその面談した彼に教えられた気がする。

⑤転職エージェントを利用する

自分一人で仕事探しをするよりはやはり転職エージェントに相談して、求人案件のあっせんや活動のアドバイスは受けたほうがいい。

30歳で職歴なしなら、選考は難航することは間違いないからできるだけ多くの求人を見たほうがいい。複数のエージェントに相談してアドバイスや案件の案内を受けたほうが、自分自身で活動するよりも転職のスピードは上がる。

転職エージェントの特徴や選び方についてもに別記事で詳細をお伝えしているので是非参考にしてほしい。

31歳正社員歴なしの男性の事例

以前僕が担当した転職希望者で31歳の未婚男性の営業職への転職を成功させた事例がある。
彼のことはずっと印象に残っていて、入社後もご紹介した企業の担当の方からちょくちょく活躍ぶりを聞いている。

彼は高卒でずっと派遣で製造スタッフとして働いたり、アルバイトでドライバーをやったりとあまりキャリアの指針を持たずに20代を過ごしてしまった。でも今すぐに稼がないといけない理由があった。
彼は父親が急に倒れて、そのまま亡くなってしまったからだ。
彼の父が事業で残した借金が数千万円あり、理由や経緯はわからないけどその借金を母親が支払っていかないといけなくなったようだった。
彼は独り身でまだ結婚もしていなかったけど、相当な額の借金だった為すぐにでも稼げる仕事について、少しでも早く母親と借金を返していく必要があった。

これまでテキトーに自分の好きなことだけをやりながら、派遣社員で食いつないでいたようだったけど、父親が亡くなってそういう状況になって変わったようだった。

とにかく稼げる仕事をということで営業職に絞って転職活動を始めて、住宅、保険、マンション、通信と歩合が大きい営業職ではあるけど受けた全ての会社で内定が出た。

結局、彼は紹介したある会社で通信回線の営業として新たに人生をスタートさせたけど、30歳まで社会人未経験だった点も逆に後押ししてか、スポンジのように営業ノウハウを吸収して、1年も経った時にはその支店でトップの売り上げを誇る営業マンになった。正確な月収まではわからないけど、おそらく行く月で100万円程度は稼いでいると思う。

31歳正社員歴なしの新入社員の決して諦めない、決めつけない思考

その後何ヶ月か経ってからその企業の担当者から聞いたその人についての話に本当に感心した。それをシェアしようと思う。

ある月の月末最終日に彼は会社から与えられた予算は達成していたようだったけど、自分自身で決めた目標まであと30万円ショートをしていた。

そこである見込みの中の某会社に対して彼自身が絶対に導入した方が得策だと思うサービスがあった。内容を見積もると30万円相当で、その月の目標を達成させる為にはそのサービスを売り切るしかない状況だった。

月末最終日、それを絶対に買ってもらうという決意で顧客のところにいったらしい。その最終日の午前中に、顧客の担当者に少し時間をもらいそのサービスの説明をした。

答えは「考えときます。」
でも彼は絶対にここで売り切ると決めていた。

もう一度状況を整理し、提案するサービスがいかにその顧客に必要であるかを話した。
「部長に相談して考えておきます。」
部長は昼に戻ってくるという事で、午後にもう一度訪問した。

部長と担当者にもう一度プレゼンした。部長も「検討しておきます。」
でも今日絶対に首を縦に振ってもらわなければならなかった。

もう一度状況を整理し、今、月内にやってもらう事の必要性を伝えた。
「社内で考えときます。」これで3回目の「検討」。

もう一度どんなベネフィットがあるかを整理して伝えた。そして最後に嫌われるのを覚悟で勇気を出して『決断を引き延ばす理由って本当にありますか?』と伝えた。

「・・・」
答えは返ってこなかった。

「今決めなければ多分数日経っても決めないと思います。押し売りではありません。しかし本当に必要だと思うのであれば今決断してみてください。今必要ないと思えば断ってください」

これが会心の一撃だったようで部長から「お願いしようか。」の一言。

17時にようやく契約にこぎつけたらしい。
1日がかりの攻撃的な商談で彼は月末最終日に無事その月の自分で立てた目標を達成できた。

この話を聞くと彼はまさにPHD。「貧乏」で「空腹」で「決断」していたんだと思う。受注をもらわないという選択肢、失注という結果でも良いという甘えが一切ない。
自分も営業をしてきた経験が長いけど、自分がそこまでできていただろうかと考えても首を縦に触れない。PHDを持っている人はこういうことが出来る人だね。

本当に優秀な経営者の採用の判断基準

本当に優秀な経営者は、人材採用については明確な採用基準がある。
PHDを持っているか?これだけ。

当然スキルや、少しの職歴等も見ると思うけどただ一番重要視するのはPHDだ。
この人は貧しくて空腹で決意しているか?

PHDを持っている人を雇うと当然結果が出るのが早いから会社が早く成長するからね。
それで会社もその人もhappyな結果になってwin-winが成立する。

まとめ~30歳・職歴なしでも転職を成功させる4つのポイント~

その彼のようにPHDをあなた自身の中に持って、内定を獲得するにはまず、

「そこで仕事を“しなければならない理由”は何か?」
「そこで“結果を出して稼がないといけない理由”は何か?」

を徹底的に考えて明確に答えられる人だと思う。

あなたはなぜ稼がなければいけない?本当に稼がなといけない?
あなたはなぜ結果を出さないといけない?本当に結果を出さないといけない?

ライオンは必ず獲物を仕留めないと子どもに食事を与える事が出来ない。
今日目の前のシマウマを絶対に仕留めなければいけない理由がある。

あなたはPHDがあるか?それを持つ決意があるか?
貧しくて、空腹で、決めきっているだろうか?

今日はここまで!
See you mate!