面接で失敗して落ち込む自分を切り替える方法

公開日: : 最終更新日:2020/02/15 モチベーション, 転職, 就職活動, 面接, 集団面接, 面接 , ,

「面接官の反応がイマイチだった・・」
「自分でも手応えが無かった・・・」

こんな時あるよね。

特に志望度の高い企業のときは本当にヘコみがちになる。
面接官は好印象だと悪印象だと思っていても
あまりそれを面接中に出さないようにしているから、こっちとしては胸くそ悪いよね。

「今日のあの発言についてどう思っているのだろう・・・」
「自分が言った答えは実は求めてなかったなんじゃないか・・・」

そんな風に思ってしまうよね。

でも面接で失敗して落ち込む前や落ち込んだ後に考えておくべきことがある。

面接の失敗という事実はしっかり受け止める事!

月並みな話かも知れないけど、面接が失敗したという事は過去の事。
つまりもう変えれない。

一流の人間というのは終わった事は嘆かない。
あなたにはそんなセルフイメージをもって欲しい。
例えその企業が第一志望でもだ。

不採用の通知が来たら、そもそもあなたには縁がなかった会社だ。
あなたの面接の出来が良くても悪くても、 

不採用通知が来る=もっとあなたにあった企業がある

ということだ。

目の前の事象は偶然じゃない、必然だ。
起こるべくして起こっている。だから嘆く必要は無い。

 images-1

面接の失敗で落ち込まず切り替えられる人は「結果を出せる人」

僕は人間は本当に感情の生き物だと思っている。
自分の抱く感情で相手に影響力を出し、自分でも選択をしている。

つまりあなたの気持ちの持ち様次第で何とでもなる。
あなたには面接での失敗くらいは気持ちを切り替えられる人になってほしい!

面接の失敗にいちいち気持ちを左右されない

特に社会人となると学生時代には考えられないくらい
一日の中ですごく浮き沈みがある。

上司にほめられて有頂天になるときもあれば、ちょっとしたミスで自信をなくす事もある。

「上司にほめられる」という事や「ミスをする」という事は、
実はその事柄事態には何の意味も無い。

勝手にあなたが自分の価値観による判断で悪い事だ!いいことだ!
と意味付けをしているだけだ。

例えば「面接で失敗する、落とされる」という事柄が起こった時に、
面接で失敗する、落とされる=ダメな事
だと考える脳はあなたには必要ではない!!

「面接で失敗する、落とされる」=ダメ ではなく、

「面接で落ちる」=「次にいかせる材料が出来た!自分にもっと合った企業がある。」

といかに思えるかだ。

面接は失敗続き!そもそも1勝99敗くらいだと思っておく

面接で失敗したからと言ってあなたの人生が終わるわけではない。
ついでに言うと世の中の成功者はなんで成功しているか知ってる?

普通の人よりたくさんの失敗をしているからだ。

つまり1勝99敗でいい!
僕もいつもそう思って僕も仕事してるし、
ずっと営業をしてきたけど100件の顧客にアプローチして
99件断られて1件の掘り出し物のお客さんを見つけられればOKだと思ってやっている。

その昔60歳を超えたおじさんが自分が、
フライドチキンのレシピをお店のメニューに取り入れてもらおうと1,000件以上の飲食店を回った。
しかし、ずっと断られ続けた。

でも1件だけそのレシピに興味を持ったお店があった。
それが現在のケンタッキーフライドチキンだ。

つまり面接で失敗をして落ち込む事なんて人生を成功したければ99敗のうちの1つだ。
面接で受からなかったとしても屈したらダメだ。あなたはそんな人間ではない。

あなたを必要としてくれる会社は必ずある。
面接に失敗して落ちてしまったとしても、次が大事!

面接一回で屈するような人間になる為に
あなたの先祖はあなたをこの世に産み落としたのではない!!

もっとダイナミックに何度でも挑戦したらいい。
失敗にヘコみがちになりそうなとき程必ず未来を向くようにしよう。

その失敗を次ぎにどう活かすかしかない。

面接に失敗して落ち込む前に予め気分を切り替える方法を決める

これは就活、転職活動に限らずすごく重要だ。
何かに取り組む時にそれを達成させる過程で考えられる障害というのはおおよそ想像できるよね?
そうなったときのあなたなりの対処法を予め決めておこう。

もし面接で失敗して落ち込みそうな時は

●カラオケに行く
●友達の〇〇と飲みにいく
●映画を見に行く
●マッサージやエステに行く
●夜景を見に行く
●スポーツをする

何でもいい。
あなたなりの切り替える方法を最初に決めておこう。

しかし「最初に」という事が重要!

なぜかというと最初に対処法を決めておくと
自動的に面接に失敗→次の具体的な行動へと移っていく事が出来るからね。
時間の短縮にもなる。

もしその方法が決まって無いのなら、次回今のような状態になった時にどう対処するかを今決めよう。
「今」手帳やノートを開いて、「今」書いておこう!

今あなたがもし面接で良くない結果が出そうな状況で、
気持ちを切り替える方法を決めてないのなら、今あなたが楽しく元気が出る事をやってみてほしい。\\

この切り替えるトレーニングを面接に限らず普段からできている
やっている人とそうでない人では、かなり差が出るよ。

これが出来ない人は、すぐに辞める、あきらめる、屈するという選択肢が出てくる。
転職をコロコロ繰り返す人はこのパターンが多い。

面接で失敗したポイントを克服できるようにエージェントを利用する

面接の失敗は次にその失敗の原因が克服されなければ
同じ失敗を繰り返す。

エージェントを利用すると二人三脚であなたの就活、転職活動をサポートしてくれるので
面接も適切な対策をして臨むことが出来る。

エージェントのアドバイザーは事前に面接のポイントを伝えたり
その企業が重要視するポイントをしっかり伝えてくれるから事前に対策が立てやすい。
模擬面接をしてくれるアドバイザーも多い。

面接結果が仮にダメだったとしてもなぜダメだったのか、どこが懸念されたのかの
フィードバックをきっちりしてくれる、
何よりアドバイザーは二人三脚でサポートしてくれるから、とても心強い。

【新卒者の場合】新卒エージェントの担当者にサポートしてもらう

①MEETS COMPANY

プロの就活アドバイザーがあなたの就活を徹底サポートしてくれる。
企業8社と一度に選考が可能。 座談会形式なので、説明会で聞けない話が聞ける。
選考直結型なので、話を聞いて終わりではなく、 1次面接などを省ける。
⇩⇩

②キミスカ

早期内定も可能!特別選考のスカウトメールが届く逆求人型の就活サイト。
企業の採用担当者が登録されたあなたのプロフィールを見て直接メッセージを送ってくるから
面接が優位に進みやすい。
⇩⇩

【転職者の場合】転職エージェントを活用して面接対策をする

ご参考までに同業目線でのお勧めできる転職エージェントは以下。
ここから2~3社は登録しておくとよい。

転職エージェントは星の数ほどあるけど、
20代のキャリアの浅めなあなたにお勧めする転職エージェントベスト5は以下だ。

以下の中から2~3社にエントリーしておくのが良い。
求人は転職エージェントによって保有するものが違うため
多くのチャンスを得るために複数登録しておくのが良い。

①マイナビエージェント

新卒サイトで非常に若手採用企業とのパイプが強い。
求人情報数も多く特に20代、30代のキャリアの浅めな方でも挑戦できる企業をたくさん保有。

マイナビグループ自体が新卒サイトで多くの新卒採用企業とのがあるため、
必然的にその後の20代(第2新卒・既卒)の採用ニーズも高い企業案件を多く紹介してくれる。

求人数も17,000件以上、非公開求人も20,000件近くを保有している為、
多くの求人を知ることができるのは最大の強み。

まずは登録しておくべきエージェントなのは間違いない。

②リクルートエージェント

リクルートエージェントの絶対的な求人情報数は他の追随を許さない。
情報の数ならNo.1のエージェント。
120,000件以上の求人に非公開の求人も含めると280,000件以上の求人を保有している。

登録して面談すると数十件の求人を一気に紹介してくれるケースもあるが、
逆に自分に合うか合わないかをしっかり見極めることも必要。

アドバイザーの数も非常に多く対応する求職者の数も多いのでアドバイザーの質も見極める必要がある。
しっかりあなたの意向に合った求人を紹介してくれるアドバイザーに対応してもらえれば
強力な転職パートナーになる。

③パソナ


細かいフォローや求人企業の案内などアドバイザーの一つ一つ対応が丁寧な社員教育の行き届いたエージェント。
転職を始めてするという方は最も安心できる。

パソナグループ自体が社会貢献を掲げて業務運営をしているのもあり、
親身になって相談に乗ってくれるのが一番のポイント。

相談者の顧客満足度は最も高いと言える。

④ハタラクティブ


あまり経歴を問わない求人を多く保有するエージェント。

他のエージェントで案内できる求人がないと言われても、紹介できる求人を多く保有している為、
キャリアに自信のない人や学歴・職歴の浅い人でも2000件以上の案件の中からあなたに合ったものを紹介してくれる。

他のエージェントで求人を紹介してもらえなかったり、
学歴・職歴に自信のない人は是非登録しておくとよい。

⑤ウズキャリ


第二新卒や既卒の仕事に特化した転職エージェント。

即戦力のバリバリキャリアのある人向けの求人は他のエージェントでも非常に多い求人はあるものの
第二新卒・既卒やフリーターから正社員を目指す求人はそこまで多くない為、まず登録しておいた方がいい。

●学歴に自信がない!
●ふらふらした職歴で特に自慢できる強みがない!
●ずっとフリーターでそろそろ正社員で働きたい!

という20代にとっては非常に力強いエージェント。
キャリアカウンセリングもあなたの性格や将来のビジョンまでしっかり踏まえた上で20代歓迎の求人を紹介してくれる。

まとめ

面接の失敗でうまくいかずへこんでしまう時僕自身は
ずっと周りのせいにして「逃げる」という選択をたくさんしてきた。

あなたにはそうなってほしくない。
あなたは強い心を持っている。

あなたはどんな時も未来をむける影響力のある人だと思う!
それを忘れずに・・

一人で落ち込んでるヒマなんてない!
力強く前をむこう!
今日はここまで!

The following two tabs change content below.
Kevin@キャリアアドバイザー

Kevin@キャリアアドバイザー

20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。

関連記事

スカウトメールの辞退や返信をいちいちする必要がない理由

転職サイトから送られてくる「スカウトメール」で失敗する人が多くいる。特に今までのキャリアに自信がない

記事を読む

食いっぱぐれない女性の仕事は?【女性が学歴・キャリアなし!から始める仕事7選】

家庭環境も多様化する中で「離婚」や「世帯収入の低さ」が原因で 女性のキャリアアップの希望が非常に旺

記事を読む

成功したい人に必要な2種類の「素直さ」とは?

「素直さ」は人の長所としてよく挙げられる。 素直な人は伸びるとか、吸収力があるとか伸びしろが大きい

記事を読む

30歳、社会経験なし、資格なしでも応募した4社全てから内定を取った男の思考

30歳、社会経験なし、資格なしでも応募した4社全てから内定を取った男の思考。転職活動をしてもなかなか

記事を読む

志望動機が書けない時の書き方の【必殺3パターン】とは?<具体例つき>

就活でも転職でも面接対策や履歴書を書く時に必ず時間を使う「志望動機」。志望動機が書けないと悩む人

記事を読む

転勤が嫌で辛い!会社を辞めようと思ったら考える重要なポイント

突然の転勤辞令、これまで慣れた環境でやってきたあなたにはなかなか受け入れられない。 そんな時は転勤

記事を読む

エントリーシート(ES)が上手く書けない!落ちる3つのパターンと対策

不安が入り交じりよくわからずも始まってしまう就職活動。 そんな就職活動の中の選考の第1段階となる「

記事を読む

会社選びで本当に成長する会社を見極める方法

会社選びで本当に成長する会社を見極める方法 会社選びに時間をかける人は多い。   そりゃそ

記事を読む

「就活の軸」が重要な3つの理由と決める時のポイント

これまで何回か別の記事でも書いてきたかも分からないけど、 今日ふと学生と話して思った事を書こうと思

記事を読む

グループディスカッションの対策はたった3つのポイントを押さえること

今回はグループディスカッションでやれると役に立つ話。 グループディスカッションでは3〜6人くら

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コロナ禍で転職を考えることは失敗か?破滅に向かう【4つの行動】

コロナウイルスの蔓延で働き方やキャリアの在り方も大きく変わってきている

転職がうまくいかない女性が一気に結果を好転させる【6つの手順】

僕は今まで500名以上の女性とキャリア面談をしてきた経験があるけど、

40代女性で正社員はもう厳しい?転職における一発逆転の【思考と戦略】

40代女性の正社員を目指しての転職希望者がとても増えてきている。

【パソナキャリアは女性におススメの転職エージェント】は本当か?

パソナキャリアは女性におススメと言われるが実際のところどうなのか。

パソナキャリアは第二新卒や未経験には有効か?【業界人のリアルな意見】

社会経験の浅い第二新卒や未経験層に 転職エージェントの「パソナキャリ

→もっと見る


  • 名前:Kevin
    20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑