【会社が潰れそうで不安】持つべき思考とやっておくべき5つの手順

転職理由に

「会社の経営状態が不安」
「会社がつぶれそうで不安」

という人も多い。
先行きを懸念して先に手を打って転職をするという形。

特に2020年に入ってからはコロナの影響もあり多くの中小企業は倒産の危機に立たされている。
一気に売上が激減しキャッシュフローが急激に悪化しているところが多い。

今回は資金繰りへの不安が現場の社員にも大きく表れてきたり、
会社の経営状況が不安になった場合にやっておくべきこと、注意すべきことを5つの手順にしてまとめておいた。

①本当に潰れそう?実際の会社の経営状況を掴む

まずは会社が本当に潰れそうかどうかをしっかり確認することだ。
厳密にいうと「潰れる」=「会社の必要な支払いができなくなる」ということだ。

財務諸表でいうとP/L(損益計算書)B/S(貸借対照表)キャッシュフロー計算書というのがあるけど、
業績であらわされる数字と実際に持っているキャッシュ(現金)では全く話が違う。

B/S(貸借対照表)やキャッシュフロー計算書を見せてもらう

あなたの肌感覚で会社の経営がヤバい!潰れるのでは?と懸念を持ったら
是非B/S(貸借対照表)やキャッシュフロー表といった財務諸表を見せてもらうことをおすすめする。

見せてくれと言われたら経営者はドキッとするかもわからないけど、
お互いが状況を理解して苦難を乗り切れるかどうかという事において
誠実にそこに向き合う事も会社としては必要だ。

B/S(貸借対照表)やキャッシュフロー表など財務諸表の見方はこの記事では割愛する。

見方についてはこの「はたみそバイブル」さんというサイトが読みやすく参考になると思う。
財務諸表の見方 〜初心者が知るべきポイント〜

要は今あなたの会社が
資産(現金、不動産、回収予定の売掛など)がどれくらいあって
負債(支払予定の買掛や借入金など)がどれくらいあるのか
をしっかり把握してみるという事だ。

例えば決算発表で「今期は1,000万円の赤字だ」と言ったり月次でも「今月は50万円の赤字だ」といってる事と
会社がどれだけ現金をはじめとした支払い能力を持っているかというのは全く別の話。

極論を言うと毎月赤字でも現金さえ持っていれば会社はつぶれることなく存続するし、再起も図れる。
まずはしっかり現状を確認してみよう。

②潰れそうだからとすぐ安易に転職を考えない

財務諸表を確認して実際に経営状況がヤバい、潰れそうだとなっても
僕の考えでは安易にすぐ転職は考えるべきではないと思っている。

なぜかというとそういう時だからこそ、あなたは会社の為に力を発揮するべきだと思うからだ。

あなたがどれだけ今の会社で勤めあげてきたかは分からない。
でも今まで会社はあなたにどんな時も給与を払い続けてきたり、社会保険も払い続けてきた。
従業員一人の給与や保険料を払い続けることは中小企業ではやはり重たい。
今度はあなたが会社を救う番でもある。

そしてこういう時に会社の為に考えて動けるという事はその後転職するにしても大きな武器になる。
ピンチを脱却して耐えしのいだ経験は何事にも代えがたい大きなビジネススキルになるし、
仮に会社がこのピンチを脱却した時あなたには会社や社長から非常に感謝されることになる。

正直これからの時代はサラリーマン根性では生き残ることは絶対にできない。
環境を求めて転職を考えるより、まずは自分でその環境を創り出すことを考える必要がある。
安易に転職を考えることはおすすめしない。

敢えて厳しいけど勉強や良い経験になる方を選ぶことも考えてみるべきだ。

③会社に何か新しい価値提供ができないか考える

潰れそうで不安な今の会社において
あなたは何か経営の再起を図れる新しい価値提供はできないだろうか?

●新しい商材やサービスを見つける
●経費を下げるアイデアを見つける
●助成金や補助金、クラウドファンディングなどお金を集める方法を考える

等なんでもいい。
あなたに思いつくアイデアはないかを徹底的に考える。

僕が思うのは、なんでも調子がいい時は何やってもいいんだけど、
そういう調子が悪い時に如何に

・ゼロ円でデキることをすべてやっているか?
・無から有を生み出すことができるか?

こういうことができるスキルが絶対的な今後社会でで必要とされるスキルや考え方だと思っている。

待遇や環境など権利を主張するだけの雇われ根性丸出しのサラリーマンの立場ではなく、
何か新しい価値提供が会社に対しても社会に対してもできないかという起業家精神を持って一度考えてみてほしい。

④会社でのキャリアアップの可能性を考える

今の会社にどれくらいの義理があるかは分からないけど、
もし今の会社が再起を果たしたとしたら、あなたのキャリアアップの可能性はどうだろうか?

今経営環境が悪いのが一時的なものだったとしてそれを回避すれば
十分あなたの実現したいことがやれたり、臨む環境があるのであればそれに向けてやれることをやったほうがいい。

繰り返しになるけど、要は

「会社が潰れそう」⇒「すぐ転職」

という安易な結論には持っていってほしくないという事。

会社の社長や経営陣、先輩に対してどれくらい忠誠心があるかにもよるけど、
その会社が通常経営に戻ったとしたときあなたにさらにキャリアアップの可能性が残されているのであればぜひそれを実現してほしい。

⑤転職の準備なら即刻エージェントを利用する

上記のことを確認し考えた上で、転職をするという結論を出したなら即刻動いた方がいい。
転職活動の進め方はやはり転職エージェントを使う方がいい。

特に2020年に入りコロナの影響を受けてつぶれそうな会社が多くなってきてからは
派遣切り、休業要請、なども出てきて求職者の数が多くなってきている。

今までの売り手市場から買い手市場へ転換されつつある。
(要は企業が採用を渋りやすい状況で求職者は増えている)

そんな中で求人広告に直接応募したりハローワークで求人を探すよりは
転職支援のプロにサポートしてもらいながら進めた方が
あなた自身がやるよりもPRを上手くしてくれたり、面接や書類の作成のサポートまでしてくれる。

いくつか相談すべきエージェントを伝えした記事を参考にしてほしい。

参考記事①:フリーターや職歴が薄い20代におススメの転職エージェント5選
参考記事②:最後の転職にしたい30代におススメの転職エージェント4選

転職エージェントへの登録は余裕を持って早めに!

転職エージェントに相談すると書類を送付したり、面談があったりやや動き出しまでに時間はかかる。
できるだけ早めに登録しておくようにしよう。

実際に求人企業を紹介してもらうまでは2週間くらいはかかると思った方がいい。

まとめ ~【会社が潰れそうで不安】持つべき思考とやっておくべき5つの手順~

会社が潰れそうで不安な時は結論を急ぎたくなったりもする。
特に家族がいるような状況だと家族に迷惑をかけれない、不安にさせたくないという気持ちが走り、転職を考えがちになる。

しかし、あなたがなぜその会社に入ったのかを考えて何か一つでも価値提供ができたかを考えてみよう。
価値提供というのは社会や会社のためにやっているんだが、実質あなた自身の為にもなることだ。

社会人としての価値は困難な状況の中で、いかに考えて動くことが出来るか?

これしかないと僕は思っている。
会社が潰れそうで不安ならまずはその状況を自分が救ってやるくらいの気持ちを持つべきだと思う。

今日はここまで!
See you mate!

The following two tabs change content below.
Kevin@キャリアアドバイザー

Kevin@キャリアアドバイザー

20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。

関連記事

転勤が嫌で辛い!会社を辞めようと思ったら考える重要なポイント

突然の転勤辞令、これまで慣れた環境でやってきたあなたにはなかなか受け入れられない。 そんな時は転勤

記事を読む

成功したい人に必要な2種類の「素直さ」とは?

「素直さ」は人の長所としてよく挙げられる。 素直な人は伸びるとか、吸収力があるとか伸びしろが大きい

記事を読む

「仕事が楽しくない!」辞めたいと思った時に一気に楽しくさせる【8つの思考】

人生に悩んでいる人に何に悩んでいるかという質問をしたときのTOP3。 「健康」「仕事」「お金」。

記事を読む

ボーナス支給後に転職を成功させる為のベストなスケジュールとは?

ボーナス支給後に転職を成功させる為のベストなスケジュールとは?転職希望者で考える人が多いポイントの一

記事を読む

転職回数の多い人が面接で伝えてはいけないこと、伝えるべきこと

転職回数の多い人が面接で伝えてはいけないこと、伝えるべきこと僕みたいに何度も転職回数を重ねているとい

記事を読む

就活でも人生でも立派に生き抜く方法

就活でも人生でも抜群の結果を残す方法 あなたは 恐竜が絶滅した理由を知ってる?  

記事を読む

【仕事で結果が出ない!】逆境から這い上がる思考と方法

仕事で結果を出せない時、諦めてしまう場合が多い。 でもその結果が出せない時の思考でビジネスマンとし

記事を読む

残業が多くて辞めることを考えたら実践する【3つの対処法】

「残業が多くてつらい・・」 「自分の時間が持てない・・」 「やってられない!!」 「転職しよう

記事を読む

職場の雰囲気が最悪級に悪い!【パターン別】抜け出す方法

職場の空気が悪いと本当にストレスがたまる。 僕も今までいた会社では何ともしがたい雰囲気の事務所の空

記事を読む

給料アップの交渉を効果的に行う5つのポイント

景気は上向きになってもなかなか上がらない会社員の給与。 「給与あがらんかな〜」、 「時給あがらんか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コロナ禍で転職を考えることは失敗か?破滅に向かう【4つの行動】

コロナウイルスの蔓延で働き方やキャリアの在り方も大きく変わってきている

転職がうまくいかない女性が一気に結果を好転させる【6つの手順】

僕は今まで500名以上の女性とキャリア面談をしてきた経験があるけど、

40代女性で正社員はもう厳しい?転職における一発逆転の【思考と戦略】

40代女性の正社員を目指しての転職希望者がとても増えてきている。

【パソナキャリアは女性におススメの転職エージェント】は本当か?

パソナキャリアは女性におススメと言われるが実際のところどうなのか。

パソナキャリアは第二新卒や未経験には有効か?【業界人のリアルな意見】

社会経験の浅い第二新卒や未経験層に 転職エージェントの「パソナキャリ

→もっと見る


  • 名前:Kevin
    20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑