40代女性で正社員はもう厳しい?転職における一発逆転の【思考と戦略】

公開日: : 最終更新日:2020/05/05 40代の転職, 転職, 女性の転職 , ,

40代女性の正社員を目指しての転職希望者がとても増えてきている。

ぶっちゃけ、キャリアアドバイザーとしては泣き所。
まだまだ働く意欲や体力もある人が多いのに企業ニーズが高くないという層。

以前よく似た内容の記事も書いているが(参考記事:【40歳女性】の転職で手に職を付けられる仕事とは?)が、
今回は【40代の未経験・ブランクありの女性が「正社員」として企業で勤める】という事にフォーカスして

●持つべき思考
●取るべきアクション

をお伝えし、転職の成功に向けて参考にしてほしい。

40代女性が正社員を目指す為に「厳しい世論」と「自分」を知る

 

まず理解しておかなければいけない事は
企業はブランクがあったり未経験の40代の女性に基本的に興味はないと思った方がいいということ。

ところが40代女性と面談すると、体も心もまだまだ元気なせいか、
「まだまだ働ける!需要はあるはず!」と思い込んでしまっている。

需要がないとは言わないけど「求められてない」と考えるところから活動を始めないと、
上手くいかない現状とのギャップからくるストレスや不安に苛まれる。

何か特定の分野で絶対的なキャリアを築いてなければ基本的に需要はないと考えよう。

40代の女性に対する厳しいキャリアの見られ方

40代の女性に対してなぜ厳しい見方をする企業が多いのか?

40代の女性に対して多くの企業や採用担当者が持つイメージはこうだ。
僕が実際にいつもお世話になっている多くの企業の担当の意見のほとんどが共通している。

①事業の方向性からキャリア形成の年齢層に合わない

やはり今後の企業の事業展開を考えると40代の女性を正社員で採りたいというよりは
やはり20~30代の今後を担える層を採用したいと思う企業が多いのはお察しが付くと思う。

40代を採用するよりは同じ給料を払うなら20~30代の可能性が大きい方へ払いたいと思うのは当然の企業心理だ。

②素直さへの懸念(これは男女問わず)

40代になるとどうしても自分の固定観念が邪魔する。
あなた自身が素直だと思っていても、実は思った以上に素直じゃない人が多い。

これは僕も40代の女性と面談していていつも思う。
伝えたことをやらなかったり自分で解釈して勝手に進めたり、その対応を見ていれば一発で分かる。

新卒や20代の若手と比べれば40代の男女問わず言えることだけど、やはり全然違う。
思ったより自分は頑固だと思った方がいい。(と言っても自覚がないからなかなか直らない)

企業の採用担当者はその点を懸念している。

③なりふり構わず仕事に注力できるか

今は働き方改革で残業時間が少なくなってきたり休日を確保したりできる企業が多くなってきた。
僕自身、残業を推進したり不幸せな働き方を推奨するわけではないけど、
やはり入社後はそんなこと関係なくなりふり構わず働くことも必要だと思う。

給料というのはあなたが社会や会社に提供した仕事の価値で決まる。
その価値を高めるためには誰よりも努力したり誰よりも働いて成果を出そうという気がなければ使えない。
経営者の立場からすると当然の考えだ。

先に自分の欲しい環境や権利から主張するような人は当然企業からすると採用したいと思わない。
このご時世、環境や権利は与えられるものではなく自分で創り出すというマインドがないと厳しい。

そのマインドが持てない40代女性はハッキリ言って多い。

なぜ「正社員」にこだわる?それ以外ではダメ?

そもそも、まずは企業で正社員として働くという事があなたにとって一番の方法なのか?
という事について考えてほしい。

家庭に入っていたり子育てでブランクがあったりする場合もあるけど、
必ずしも「稼ぐ=正社員」という考え方じゃなくても良い。

今は様々な稼ぎ方、働き方がある。
資格や技能を付ければわざわざ企業に属さなくても家で仕事が出来たり、好きな時間に仕事が出来たりもする。
コロナが蔓延してきてからはテレワークという働き方が広まってきたけど、
企業で正社員として働くという事はまだまだ定刻に出勤して帰るという流れの中で働くケースが多い。

あなたが厳しい正社員で働きたい理由は何だろうか?
1~2年我慢してしっかり資格取得や技術を付ければ働き方や収入の幅が広がる可能性も大いにある。

「稼ぎたい=正社員として働く」という以外にも働き方のスタンダードを持ってみても良い。
下記の別記事も参照してほしい。

参考記事:【40歳女性】の転職で手に職を付けられる仕事とは?

正社員を目指す40代の女性に企業が求める4つのポイント

40代の女性が正社員を目指す時に企業があなたに求める部分、
あなたを選考しようとする時に見る部分はどこか?

これは僕の肌感覚ではあるけど、そのポイントと評価割合をまとめてみた。
下記のそれぞれの割合の合計で決まりやすくなると思ってもらっていいと思う。

①実務経験(50%)

まずは何をおいても40代女性には最も求められるのが言うまでもなく実務経験。
何ができるのか、何に強みがあるのか、何の知識を持っているのか?

まぁやっぱりどこまでいっても最も大きい評価のウェイトを占める。

勘違いしている人が多いので1つだけ補足!
40代の女性で今までの一般事務経験は評価されづらい。
20代や30代の人でも同じ経験はしている人はうんざりするほど数がいる。
そこはあなたでなくても代わりが利いてしまう。

一般事務でも例えば英文事務ができるとか
エクセルでマクロ、VBAやれるよってところまで行くと少し武器にはなるけどね。

②仕事観・帰属意識(25%)

次に仕事観や帰属意識といった部分。
前述したけど、経験もなく仕事もできないのに先に権利を主張するような人は当然ここのポイントは下がる。

家庭もおざなりにはできないけど、やはり仕事でしっかりパフォーマンスを出すための動きが惜しみなくできるかどうか?
は非常に重要な評価ポイント。

③コミュニケーション能力(15%)

40代であればそれなりに社会経験はあると思う。
仕事以外でも様々なコミュニティで色々な役割を担ってきていることだと思う。

それだけに例えば20代の若年層に比べるとそれだけ周囲に配慮したコミュニケーション能力は問われる。

・自己中心的ではないか?
・年齢相応の敬語は使えるか?
・清潔感や笑顔が自然に身についているか?
・年齢相応の落ち着きはあるか?

など、必要最低限と言ってしまっても良いけどあなたにはこれを持ち合わせられているだろうか?

④資格(10%)

資格はやはりあなたがその分野の勉強に一定時間を費やしたという意味ではその証にはなる。
しかし評価されやすい資格と評価されづらい資格があるので注意しよう。

使える資格についても別記事を参考にしてほしい。

参考記事:食いっぱぐれない女性の仕事は?【女性が学歴・キャリアなし!から始める仕事7選】

未経験・ブランクありの40代の女性でも正社員を目指せるおススメの仕事は?

では未経験やブランクのある40代の女性が正社員を目指すのに、
どのような仕事を選べばよいだろうか?

40代の女性の転職支援を何度もやってきている経験上の話だけど、参考にしてほしい。
(絶対ではないので悪しからず。あくまで業界人の一意見として参考程度に)

40代・未経験でも正社員で受け入れてくれやすい仕事

まずは営業系の仕事。
「営業はアホでもできる」という風にもよく言われるけど
コミュニケーション能力、要領の良さ、人脈などがあれば十分に通用する。

そして営業で培ったプロセスや人脈はその後どこの企業に変わっても通用する。

どこの企業でも新規の顧客を獲得することに一番苦労をしている。
自分で新しい販路を考えて見つけ、売り上げにする。
その経験と能力は資格では全く測ることはできない。

40代でもあなたのやる気次第で十分受け入れてくれる。

住宅・マンション・リフォームの営業

住宅・マンション系の営業は受け入れられやすい。
あなた自身も40代の女性という事であれば例えば家計の出費に精通していたり、その生活感が仕事に大いに活きる部分だ。

住宅やマンションそのものの専門的な知識は当然覚えないといけないけど、もう一つ大事なのは家計のアドバイスだ。
住宅ローンの事、保険の事など、40代だからこそ自身の経験をもとに伝えられる部分も大いにある。

一方で成果に対して厳しい側面があることも踏まえておかなければいけない。
たくさん販売できれば収入も増えるが、売れなければさほど大きな収入にはならない。

どこまでハングリーに行けるかがポイントだ。

その後に宅建士、インテリアコーディネーター、賃貸不動産経営管理士などの資格を取ればさらに活躍の場は広がる。

保険(生保・損保)セールス

従来40代の女性の保険セールスと聞くと喫茶店でお茶しながら保険の話をするとか、
常に人脈を求めていろんなところに顔を出すとか、そんなイメージがまだまだ強い。

住〇生命、日〇生命など日系の保険レディは結構ガツガツした人が多いしまだまだそんな感じだけど、
そこまでガツガツやりたくない人という人には今は来店型の保険屋さんもおススメ。

ショッピングモールに入っているような店舗で保険の見直しから適切な保険プランを案内する来店対応型の保険の仕事もある。
こういう仕事は基本店舗勤務だからあまり出歩くことなく、店舗もショッピングモール、駅前など立地のいいところに多いから
自分で顧客を見つける必要がなく、集客にあまり困ることがない。

保険も当然家計に精通した40代なら20代の若いスタッフよりは説得力のある話がしやすく、受け入れられやすい。
こういった来店見直し型の保険ショップは40代の女性の積極採用を打ち出してどんどん未経験者を採用しているしね。

あなた自身もお金の事、経済の事、運用のことについて自分にもためになる知識が着いて個人的にはおすすめだ。
それなりに稼ぐこともできる。(それなりにやれば年収500~600万くらいは行く)

冠婚葬祭

冠婚葬祭も、行ってしまえば人生経験が物を言う仕事。
セレモニーを行うご家族や参列者への配慮ある提案や気持ちの受け止めが求められる。

冠婚葬祭の「葬」は特に社会経験の浅い若い世代にはなかなか理解できない文化・風習も多く40代の経験や思考は必要とされやすい。
行ってしまえば50代でもまだまだ歓迎されやすい。

営業的な部分でも、個人の方に直接営業するということもあるが、
どちらかというと関連する業種の人たちと関係を深めて何かの際には情報をもらうということが主な営業活動になる。

また互助会などの会員勧誘に関しても今はテレアポスタッフがいたりして訪問に行くことがメインになっている会社も多く、始めやすいのがこの仕事。

参考記事:食いっぱぐれない女性の仕事は?【女性が学歴・キャリアなし!から始める仕事7選】

これから正社員を目指す40代の女性が就くべきではない仕事

個人的な意見になるが40代女性が今から選んではいけない仕事もお伝えしておく。

これらは、あなたがわざわざやらなくても
若い人がやれたり数年のうちにAIなどで賄えるようになる仕事で
つぶしが全く利かないといった方が適切かもわからない。

製造業

製造に携わる仕事はやはりロボットに変わっていく。
今つぶしが利かないというデメリットが大きく製造のキャリアを磨くのはおすすめしない。

今のコロナショックのように景気動向を受けて生産量が少なくなると、すぐに切られやすい。
また製造現場という場所と時間に拘束される、

もしモノづくりが好き、モノづくりをやってみたいという人は
やりがいを感じて仕事ができる可能性が高いからこの限りではないけどね

ただ何かを作るという事に関心があるなら工場での製造業ではなく、
職人として一つのものにこだわりを持って作り上げる技術を身に付けた方がよっぽど使える。

一般事務(会計など)

事務も同じ。誰でもできる仕事はロボットがやるようになる。
一般事務や会計処理はAIが一番得意とする仕事だと言える。

そして事務は再三再四言っているけど、一般事務はつぶしが全く利かないしそもそも40代を雇うところはかなり稀。
20代ではちやほやされて仕事がさせてもらえても30代後半、40代になると事務で採用してくれるところなどほとんどない。

接客業

そもそもコロナショックの今は窓口やチェーンの飲食店スタッフなどは、採用ニーズがない。
接客も今後基本的な応対が決まっているパターン化されたやりとりは、十分AIが対応できてしまう。

会計も今は自動的にカメラで買ったものや食べたものを撮影したら会計業務もできてしまう。
接客の「ホスピタリティ」というのを身に付けてもそれを発揮する場がなくなってしまう状況になる。

配送・ドライバー

言うまでもなく自動運転が普及すると仕事はなくなる。
自動運転が普及していない今、ドライバー不足は深刻で、まだ女性でも挑戦できる。

しかしそれなりに体力仕事になるし、自分が動かなければ稼げないという仕事だ。
長期的なキャリアアップは難しい。

正社員を目指す40代の女性が取るべき転職活動の方法

やはり40代の女性が正社員として転職活動を始めるなら絶対に転職エージェントを利用した方がいい。
その理由は以下だ。

●強みや活かせる部分を客観的に探してくれる
●応募書類だけでは伝わりづらいところを補足して企業に伝えてくれる
●自分で探さなくても選考余地のある多くの求人をまとめて提示してくれる
●面接を受けた企業のフィードバックをしてくれるのでダメでも次に活かせる
●つらいときも多少は相談相手になってくれる

とにかく40代で正社員を目指そうと思う女性は、
独りよがりで転職活動をしても全くうまくいかない場合が多く、さらに上手くいかない事の理由が分からずどんどん追い込まれてしまう。

転職エージェントのアドバイザーはその部分を適確にフィードバックをくれて、状況を理解をしっかりしてもらえる場合が多いので精神的にかなり負担が小さくなる。

転職エージェントのアドバイザーは言わばあなたの代理人だ。
あなたに代わって企業にPRしてくれ、選考日程の調整、入社条件の調整などしてくれる。
聞きにくいことも転職エージェントの担当者に確認すればそれとなく企業に確認してくれる。

心強いあなたの見方になることは間違いない。
転職エージェントはいくつもあるが、
40代の女性であるあなたに最もお勧めの転職エージェントはパソナキャリアだ。

参考記事①:【パソナキャリアは女性におススメの転職エージェント】は本当か?
参考記事②:パソナキャリアは第二新卒や未経験には有効か?【業界人のリアルな意見】

まとめ ~40代女性の正社員採用はもう厳しい?【一発逆転の思考と戦略】~

40代の女性が正社員を目指すのはやはり厳しい部分も多い。
それをしっかり認識した上でまず、そもそもあなた自身が本当に正社員として働くことを望んでいるのか?を問いかけてみよう。
他の働き方の方が実はあなたに合っていたりするかもわからない。

それからあなた自身の今後の目標や5年10年先のビジョンといったものをしっかり見据えて今取り組むべき仕事を決めてほしい。

目先の仕事で選んでしまうと、今からさらに5年10年歳をとった時にはいよいよどこも働く先さえなくなってしまう。
それも含めてやはり転職エージェントに相談しながら悔いのない選択をすることが一番良い。

独りよがりの就職・転職活動は社会との認識のギャップを埋められないまま時間だけが経過して決まらないという結果がずっと続いてしまう。
今回は僕が業界人として実際の市場のニーズを忌憚なくお伝えしてみたけど、この記事があなたのお役に立てればうれしい。

今日はここまで!
See you mate!

The following two tabs change content below.
Kevin@キャリアアドバイザー

Kevin@キャリアアドバイザー

20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。

関連記事

残業は毎月60時間超!辞めたいと思ったら即やっておく3つの事

残業が1日3時間以上が毎日続く・・・ 残業時間が月間で60時間の境界が心身ともに悪い影響が出てくる

記事を読む

転職の面接が不安な時、前日に改めて確認すべき8つの質問

転職が上手く行かない人は自分の職歴を肯定できない人が多い。自分の職歴に対して自分自身が自信を持ててな

記事を読む

面接で失敗して落ち込む自分を切り替える方法

「面接官の反応がイマイチだった・・」 「自分でも手応えが無かった・・・」 こんな時あるよね。

記事を読む

「やりたい仕事や行きたい会社がわからない」という人が取るべき行動とは?

就活や転職を始めたけれどやりたい仕事が分からない、行きたい会社がない・・ これはまさに20代のブラ

記事を読む

未経験で人事や総務に転職したい30歳、実際可能か?

未経験で人事や総務に転職したい30歳、実際可能か?最近面談する求職者の中で30〜35歳の人で人事、総

記事を読む

30歳、社会経験なし、資格なしでも応募した4社全てから内定を取った男の思考

30歳、社会経験なし、資格なしでも応募した4社全てから内定を取った男の思考。転職活動をしてもなかなか

記事を読む

資格なし30代女性は転職できるか?取ったほうがいい資格は?

「この歳で資格もないんですが転職できますか?」 女性で30代も後半に近づくにつれ、面談するとこ

記事を読む

営業に向いてないと思う女性の転職の【2つの道】

女性のあなたが営業の仕事をしばらくやってみたけど 「自分には向かない・・」 「思ったよりハー

記事を読む

転職したいけど自信がない!スキルもない!という人は転職すべきか?

転職したいけど自分に自信がない、スキルもない、 という理由で転職を迷う人も多いと思う。 実際

記事を読む

面接で短期間で辞めた会社の退職理由の答え方【3選】

何度も転職をしてしまうと短期間で辞めた会社も一つや二つくらいはある。 面接でその時の退職理由をスマ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コロナ禍で転職を考えることは失敗か?破滅に向かう【4つの行動】

コロナウイルスの蔓延で働き方やキャリアの在り方も大きく変わってきている

転職がうまくいかない女性が一気に結果を好転させる【6つの手順】

僕は今まで500名以上の女性とキャリア面談をしてきた経験があるけど、

40代女性で正社員はもう厳しい?転職における一発逆転の【思考と戦略】

40代女性の正社員を目指しての転職希望者がとても増えてきている。

【パソナキャリアは女性におススメの転職エージェント】は本当か?

パソナキャリアは女性におススメと言われるが実際のところどうなのか。

パソナキャリアは第二新卒や未経験には有効か?【業界人のリアルな意見】

社会経験の浅い第二新卒や未経験層に 転職エージェントの「パソナキャリ

→もっと見る


  • 名前:Kevin
    20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑