コロナ禍で転職を考えることは失敗か?破滅に向かう【4つの行動】

公開日: : コロナ関連, 転職 , ,

コロナウイルスの蔓延で働き方やキャリアの在り方も大きく変わってきている。

●テレワーク
●休業
●時差出勤・交代出勤
●リモート対応

こんな働き方が続く中で転職を考える人の数は激しく増えているけど、

「実際今動くのはどうか?」
「失敗して無職になったらどうしよう?」

このコロナ禍の今、いろんな不安や考えが巡る中で転職を考えて確実に破滅に向かう4つのパターンをお伝えする。

コロナに対する考え方については根拠の薄い展望や自分なりの考え方も書くけど、
コロナに関しては専門家ではないので、もしそうなったらという感じで聞いといてほしい。

確実にこういう行動をするとドツボにハマるのでご注意を。

コロナ禍での転職市場の状況

まず本題に入る前に、コロナコロナと言ってる中で転職市場の求人と求職者の状況ってどうなの?って話。
その状況をまず理解した上での方が多分理解してもらいやすいかと思う。

求人企業の状況

これは僕自身もキャリアアドバイザーとして直面しているけど、求人企業はこの2020年に入って3月から一気に採用意欲が低下している。
飲食やサービスは求人どころの騒ぎではないのはもちろんの事、
小売、広告、製造メーカー、ITなどもほとんど積極的にやっている所なんてないのでは?という感じ。

医療・介護、建設、保険などは比較的まだ採用を進めているところもあるけど、
軒並み採用意欲は劇的に低下している。

リーマンショック回復後、ここ10年絶えず求人を出し続けていた企業さえもストップ。
原則ほぼ求人に対して積極的な姿勢はない。

ただしかし!!だ。
雇い入れる余裕がないから採用をしていないのではない。

「採用はしたいけど今後より業績が悪化する可能性もあるから様子を見ている」

というのが80%。
本当は採用したいけどコロナ収束の目途を見計らってすぐ再開したい。というスタンスだ。

当然キャッシュフローが劇的に悪化しているところ(現金が目減りしこの状況があと数か月続けば倒産)
はさすがに採用する体力もないわけだけどね。

転職希望者の状況

仕事探す人はまあ増えていると言えば増えているけど、企業が採用を控える数ほど増えているわけではない。
僕自身が今年に入って転職の面談をした求職者の数を調べてみたところ、

1月 19人
2月 20人
3月 23人
4月 21人

とほぼ横ばい。
劇的に増えているわけではない。
やはり今は動きたくないという人も多いのかなと思う。

つまり採用をストップしている企業が一気に増え、求職者はいつも通り(でもコロナの影響で辞める人も一定数)という感じだ。

コロナ禍で転職を考える人のパターン

コロナに絡んだ理由で転職を考える人のパターンは以下だ。

コロナで業績悪化を懸念

・仕事をしていて明らかに売上が減るのが目に見えてわかる
・成果が出せず給料が上がらない(営業や販売の人これ多い)
・店舗閉鎖事業の縮小傾向が見えて他の環境を求める
・コロナ感染を懸念

こういった理由で転職を考える人だ。

ほぼ解雇に近い

事業の縮小で、配置転換を求められそれに応じられないケースで
半ば退職を迫られているように対応されるケース。

しかしこれに当てはまる場合はその人の仕事に生産性がなく、
パフォーマンスが物足りない場合が多いので、仕事ぶりや会社内での立ち回りに問題がある場合が多い。

自信過剰

自分にはもっと輝ける場所がある!もっとある会社があるはず!
と思い込んで転職するケース。

コロナで会社の勤務状況がイレギュラーになってきたり
慣れない仕事の環境に適応しようとせず、すぐに新しい環境を求めてしまう人。

希望退職

多くの上場企業でも希望退社を募っているケース。
これはコロナに関せず行ってる場合も多いけど、たまたま重なっているという場合もあるので
「コロナが理由」という事は一概に言えないけど両方が重なって決定打となっている人もいる。

コロナ禍での転職で失敗する4つの行動

基本的には今転職活動をするのは得策とは言えない。
選べる企業や求人が少なく可能性を狭めてしまうことになるからね。

でも僕個人の考え方だけど、このコロナ禍で転職をするのが一概に悪いとは言えない。
なぜなら前述の通り、企業は採用する余力はあるけど何となく様子を見ているというところが多いからだ。

確かに求人数は減っている。
でもコロナが始まる前は多くの企業は喉から手が出るほど人材を切望していた。

「採用する余力はあるけど全体的に湿っていきそうな雰囲気だから辞めとこうかな」
という感覚のところが多いからだ。

つまりあなたに活躍してくれそうな魅力があれば、採用を検討できる余地はあるという事も言える。

しかし、戦略も練らずに短絡的に転職にベクトルを向けるのは失敗する確率が非常に高い。
特に下記に当てはまるなら絶対に考え直すべき!

①今、大した成果も出せてないのに転職を考える

今の会社で周囲から認められる成果やパフォーマンスを出せてないのにすぐに転職に舵きりするのは失敗の大元。
どこに行っても一緒の結果になる。

常に成果を出せる社会人は、成果を出すためのプロセスを持っている。
例え売るものが変わろうと、職種が変わろうと、周りの環境が変わろうと、
それらに適応し周囲に認められる仕事のプロセスをうちに秘めている。

周りに認められる成果を出せていないなら、どんな環境であれそれをまずは手に入れられるように努力すべき。

②転職を決める前に先に会社を辞める

これは今一番リスキー。
コロナ禍の今、採用には慎重になる会社ばかりの状況で、
先を固めず、行動を起こすのは言語道断。

やはりできる社会人はリスクヘッジをしっかりとる。
どう転んでもやりくりできるように先回りで手を打つのは当然の行動。

これが出来てなければいくら魅力的でも、選考する会社からしたらその行動自体に疑問符が付く。
特に30代、40代と年齢が上がれば上がるほどその傾向は強くなる。

③焦って決める

早く決めたい、早く行動したいという思いが強ければ強いほど失敗する確率は上がる。

焦ると判断基準が曖昧になって鈍るからだ。
特に転職回数が多い自覚がある人はこれに陥っている。

内定、採用というワードを常に欲しがっている。
しっかり先のビジョンや目標を持ってそれに合致する環境、会社、仕事であるかを確認しなければ動くべきではない。

コロナ禍では、求人数も減る中で早く決めて安心したいという気持ちが生まれやすい。

④転職先との間で雇用契約の詳細なエビデンスを残さない

内定が出ても詳細な雇用契約のエビデンスを残さない人もいる。
勤務時間、仕事内容、給与(手当、賞与の内容)など口約束や提携フォーマットに簡単に書かれた内容で納得してしまうのは絶対にダメ。

いろんなコロナ専門家の意見や過去の感染症の歴史から考えると
僕は緊急事態宣言なんかもまだまだこの先2次、3次が待ち構えていると思う。

そうなると手のひらを返して内定をひっくり返す企業も出てくる。
その時に何も残ってないと、太刀打ちができない。

一度景気や事業状況が持ち直してもまたリバウンドして感染拡大となると
また2回目、3回目の緊急事態宣言が出て同じ状況になろうものなら平気で覆す企業も存在する。

必ず書面やメールの履歴などエビデンスは残しておこう。

コロナウイルスと共存する社会が今後も長く続く想定をする

コロナウイルスはもはやこれから数年、無くなるというよりはうまく共存していかないといけないウイルスだ。
これまでのような基準に仕事が戻ることは考えられない。

となるとあなたもコロナと共存できるようにあなた自身が変化していかないといけない。

・テレワーク
・オンラインで効率化の図れるスキル
・新しいビジネスモデルの考案
・周囲を今まで以上に気遣ったコミュニケーション

などこれまで以上に考えることは多い。
「当たり前」が「当たり前」じゃなくなってるわけだからね。
イレギュラーなことばかり想定したり、考えて動ける人材でないと企業はあなたを欲しない。

という事を念頭に入れてほしい。

まとめ ~コロナ禍で転職を考えて失敗する【4つの行動】とは?~

いろいろと僕なりにお伝えしてきたけど、
要はこのコロナ禍の中では転職するにしても、頭が千切れるくらい相当考えて、考えて、考えて
それでもまた考えて行動する他ない。

自分自身を安売りしないためにも以下の4つは絶対に避けるべき。

①今、大した成果も出せてないのに転職する
→あなたならどこ行っても心配ないねと言わせてみよう。

②転職先を決める前に先に会社を辞める
→ドツボにハマる。

③焦って決める
→正常な判断できなくなる。どうせまたすぐ辞めることを考える。

④転職先との間で内定に関わるエビデンスを残さない
→自分を守るために必ずやる

今日はここまで!
See you mate!

The following two tabs change content below.
Kevin@キャリアアドバイザー

Kevin@キャリアアドバイザー

20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。

関連記事

面接で失敗して落ち込む自分を切り替える方法

「面接官の反応がイマイチだった・・」 「自分でも手応えが無かった・・・」 こんな時あるよね。

記事を読む

残業が多くて辞めることを考えたら実践する【3つの対処法】

「残業が多くてつらい・・」 「自分の時間が持てない・・」 「やってられない!!」 「転職しよう

記事を読む

ブラック企業の泥沼 辞めたい地獄(中)

前回までの記事はこちら→就活に失敗しブラック地獄にハマった大学生①→就活に失敗しブラック地獄にハマっ

記事を読む

残業は毎月60時間超!辞めたいと思ったら即やっておく3つの事

残業が1日3時間以上が毎日続く・・・ 残業時間が月間で60時間の境界が心身ともに悪い影響が出てくる

記事を読む

【銀行・郵便局の窓口を辞めたい!】30代女性の転職市場での価値は?

新卒から銀行や郵便局の窓口業務を長く経験した女性が 10年以上働いた30代半ばに差し掛かり「収入や

記事を読む

グランドハンドリングを辞めたい!次の仕事の可能性は?

空港で働くという華々しいイメージを持って働き始めたグランドハンドリングの仕事。 実際に始めてみると

記事を読む

【退職理由が「人間関係」の場合の伝え方】書類や面接での伝え方は?

退職理由が人間関係のもつれや拗れの場合、転職活動をしているとその伝え方に悩んでしまう事がある。 「

記事を読む

転職したいけど自信がない!スキルもない!という人は転職すべきか?

転職したいけど自分に自信がない、スキルもない、 という理由で転職を迷う人も多いと思う。 実際

記事を読む

面接で変化球質問に答えられない時の対処法

就活や転職の面接で予想通りの直球質問が来たときに「用意」はできていても、 変化球で来た時に全く答え

記事を読む

仕事を3年目で辞めるか迷った時に決断するポイント

このところ25、26歳の転職希望者の面談をする機会が多くなっている。 つまり入社3年目経つ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コロナ禍で転職を考えることは失敗か?破滅に向かう【4つの行動】

コロナウイルスの蔓延で働き方やキャリアの在り方も大きく変わってきている

転職がうまくいかない女性が一気に結果を好転させる【6つの手順】

僕は今まで500名以上の女性とキャリア面談をしてきた経験があるけど、

40代女性で正社員はもう厳しい?転職における一発逆転の【思考と戦略】

40代女性の正社員を目指しての転職希望者がとても増えてきている。

【パソナキャリアは女性におススメの転職エージェント】は本当か?

パソナキャリアは女性におススメと言われるが実際のところどうなのか。

パソナキャリアは第二新卒や未経験には有効か?【業界人のリアルな意見】

社会経験の浅い第二新卒や未経験層に 転職エージェントの「パソナキャリ

→もっと見る


  • 名前:Kevin
    20代で4社のブラック企業を渡り歩き、迷走に迷走を重ねた末にキャリアアドバイザーという天職に辿りつく。 その迷走経験を活かし500人以上の転職相談に乗ってきた30代現役キャリコン。企業の採用支援実績は600社以上、上場企業の人事代行も務め採用コンサルタントとしても活動中。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑